コリドラスに適した温度はどのくらい?適温や最低水温、ヒーターの必要性について紹介!

底砂をもふもふする姿がとても可愛らしいコリドラスは、アクアリウムでも人気のある観賞魚。

可愛いだけではなく、他の魚の食べ残しを食べてくれる掃除係としてもコリドラスは優秀で飼育している方も多いと思います。

これからコリドラスを飼育してみようと考えている方、コリドラスはヒーターが必要なのかな?と思いますよね。

今回はコリドラスの温度について、適温や最低限の水温、ヒーターは本当に必要なのか調べてみました!

スポンサードリンク

コリドラスの温度について

コリドラスの温度幅は広いです。適温は22~28℃。

最低水温は20℃ならば耐えられるようですが、種類によって水温変化に敏感なコリドラスもいます。

コリドラスの中で弱い、と言われているコリドラスパンダなどは水質・水温に敏感なので最初からヒーターを使用した方が良いです。

元々コリドラスは熱帯に住む熱帯魚。

水温20℃程度になると体調を崩しやすくなりますので、ヒーターを入れてあげた方が良いです。

調べてみるとコリドラス自体は低水温に強いようで、20℃程度ならば連日ヒーターなしでも元気だった、という情報もありました。

逆に高水温には弱いようで、夏の猛暑が続くような日はコリドラスが弱ります。

理由は様々ですが、水は温度が高いと汚れやすく、水中の酸素量も減る為にコリドラスが弱ると言われています。

水換えやエアレーションを見直すほか、熱い時期にはクーラーなど、水温を下げるようにしましょう。

コリドラスのヒーターの必要性について

日本の冬は室内でも水温が20℃以下の日が続きます。熱帯魚であるコリドラスにはヒーターが必要です。

特にコリドラスの中でも水温・水質変化に敏感なコリドラス(コリドラスパンダなど)には一年を通してヒーターを使用し、水温を25℃程度の一定にすると良いです。

他のコリドラスでも可能ならば一年ヒーターを使用した方が良いです。

1℃や2℃の水温変化でもコリドラスのストレスになり、病気を引き起こす可能性があります。

青コリドラスはヒーターが不要!?

調べてみるとある種類のコリドラスはヒーターなしで冬を越した、という情報がありました。

飼育者一人の情報ではなく、たくさんの飼育者が同じように冬を越しているようです。

そのコリドラスとは青コリドラスこと「コリドラス・パレアトゥス」。

冬場に水温10℃を下回っていても平気という情報や、真冬の野外飼育で放置しても大丈夫、という驚きの情報もありました。

真冬の野外飼育時には水面に氷が張るほどの水温、本当に熱帯魚?と疑いたくなりますね。

日本に住むメダカや金魚は日本の四季に対応できる魚で、冬になるとじっとして動かなくなります。

それは元気がなくなったわけではなく、冬眠をしているからです。

冬場ヒーターを入れていないコリドラスはどうだったのか調べてみると、冬眠をするわけでもなく、いつも通り元気に動いているようです。

元々コリドラス・パレアトゥスは他のコリドラスに比べて丈夫と言われていますが、ここまで強いとは驚きですね。

ヒーターなしで越冬の情報が多いのですが、コリドラスが熱帯魚であることに変わりはありません。

もしヒーターなしでの飼育をする場合は自己責任の上で、体調不良が見られたらすぐにヒーターを使用できるような環境で飼育した方が良いと思います。

スポンサードリンク

コリドラスの温度について【まとめ】

コリドラスの温度について紹介しました。

最後のコリドラス・パレアトゥスについては例外かもしれませんが、コリドラスにヒーターは必須です。

他の飼育者はコリドラスは「熱帯魚にしては低水温に強い」程度に考えると良い、との情報があります。その位に考えた方が良いかもしれませんね。

もし青コリドラスをヒーターなしで飼育する場合は自己責任で行ってください。