出目金は金魚をいじめられることがあるの?その対策も解説!

一般的に、出目金と他の金魚との相性は悪いとされています。

出目金はその特有の形状から、他の金魚に比べて動きが鈍く、餌を奪われやすいといった特徴があります。

このため、他の活発な金魚と混泳させると、食事の競争やいじめられる可能性が高まるのです。

また、出目金が特有の目の形状を持つことから、他の金魚に対して視力が劣る場合もあり、それがいじめられる原因となることがあります。

スポンサードリンク

出目金が金魚がにいじめられる行動への対策

水槽の広さを確保し、出目金と金魚の距離を適切に保つことが重要です。

水槽内に水草などで隠れ家やエリアを複数配置し、適切に分散されるようにレイアウトを工夫します。

お互いの視界を遮る要素を導入することで、いじめることや緊張を和らげることができます。

いじめられる側の対策

逃げ場を確保するために岩や水草などの避難できる場所を作ります。

混泳させる前に出目金と金魚の性格や大きさを考えて、同じくらいのサイズや性格の金魚同士を選ぶことも大切です。

ちがう種類を混泳させる場合は、特に慎重に検討する必要があります。

エサの与え方にも注意!

十分な栄養を摂らせるように心掛けましょう。

空腹だとストレスが溜まり、いじめる原因にもなります。

出目金と仲良く混泳できる金魚の種類

※真珠鱗(しんじゅうりん)金魚:
出目金と同様に鱗が大きく、比較的穏やかな性格です。

※王冠金魚(おうかんきんぎょ):
出目金と同じくらいのサイズであり、穏やかな性格です。

※朱文金魚(しゅもんきんぎょ):
出目金と同様に鮮やかな色合いを持っています。

※鏡鱗金魚(きょうりんきんぎょ):
出目金と同じような鏡鱗(きょうりん)を持っています。

これらの金魚は比較的出目金と同じような形状で、穏やかな性格なので、いじめられるということもなさそうです。

混泳させる際には、金魚の性格や大きさ、動きの特性を考慮して、出目金と相性の良い仲間を選ぶことが重要です。

水槽の大きさの目安

出目金や金魚を飼育する場合: 1匹あたり最低でも20〜30リットル以上の水槽が必要です。

適切なスペースを持ち、水質の安定を保つことができます。

水槽の形:は、長方形や正方形の水槽が好ましいです。

これにより、出目金と金魚が自由に泳ぎ回ることができ、水の流れが確保されます。

出目金と金魚の数は、1匹につき、追加で10〜20リットルのスペースが必要です。

水槽内で成長するため、初めに小さな水槽を使用しても、将来的には大型の水槽に移す必要があります。

別の水槽に移動させる

混泳時にいじめる、いじめられるという問題が発生した場合は、別の水槽に移動させることも一つの対策です。

また、出目金と金魚をよく観察して、いじめや緊張の兆候に早く気付くことも大切ですね。

スポンサードリンク

出目金が金魚にいじめられる対策【まとめ】

以前、私は出目金を2尾飼育しはじめてひと月がたった頃、近所のJAショップで1尾100円で売られていた小さな金魚を2尾購入、持ち帰り一緒の水槽に入れました。

その頃、水槽内に水草やデコレーションアイテムを入れたり、ライトアップしたりとレイアウトもお気に入りになっていました。

金魚でも増やしてみようかなんて、簡単な思いつきで金魚を購入してしまったのです。

すると水槽に入れた途端、金魚が先住の出目金を追いかけて、つっつき、いじめるのです。

出目金の方が体も大きかったですし、小さな金魚にいじめられるとは思いも寄りませんでした。

急遽、金魚を掬い上げて別の水槽に移動させたのでした。

出目金と金魚の特性や混泳の対策も調べもせずに、飼育者として浅はかでした。

混泳をする時には、いじめる、いじめられることがないよう、充分な対策が必要です。