出目金の水槽のレイアウトの最適とは?飼育環境を整えましょう

出目金は、顔から眼が飛び出ている特性から泳いでいる間に眼を傷つけてしまうことがあります。

そのことが寿命を縮めてしまう要因にもなりますので、水槽内の環境を整えることはとても重要なんです。

それでは何が必要なのかご案内いたします。

スポンサードリンク

出目金の水槽のレイアウトの最適

酸素を取り入れる水草

水草など水中植物を入れることで、日中に光合成を行い、酸素を生成します。

水草を取り入れることにより、酸素を水槽内の環境を改善し、出目金たちの生活環境をより健やかにすることができます。

水草は多種多様で、どれを選んだら良いか迷いますよね。

また、出目金は比較的草食性で、水草を食べることがあります。

そのため、水草の種類を選ぶ際には、出目金が食べてしまいにくい種類を選ぶことも重要です。

それでは、出目金におすすめの水草をご紹介します。

※ブリクサジャボニカ:
葉が小さくて柔らかいため、出目金の目にぶつかっても傷つきにくいです。

成長が早く、水質の浄化効果も高いです。

初心者でも育てやすいため、おすすめです。

※アマゾンソードプラント:
大きくて丈夫な葉を持ち、飛び出た目に優しいです。

また、水槽内の空間を陰影で分ける効果もあります。

※クリプトコリネ・ウェントイ:
葉が厚くて丈夫なため、出目金の目を保護するのに適しています。

※ミクロソリウム:
葉が大きく、立体感のあるデザインを作ることができます。
また、葉面にコケがつきにくい特徴もあります。

※ウィローモス(ミクロサリウム・ペルンス):
成長が遅く、丈夫で管理が比較的簡単です。
水槽内に豊かな緑を提供してくれます。

そのほかには、細やかな葉を持つヘアーグラスや葉が広がる特徴があるアナバスもおすすめです。

これらの水草は、出目金の安全を考慮しつつ、水槽内の景観を豊かにしてくれます。

ただし、水草は成長しますので、定期的なメンテナンスやトリミングが必要になることがありますので、適宜管理してください。

水草が成長しすぎると、目を保護する効果が低下する可能性があります。

水草を栽培するためには、底床材が必要

水草を栽培するためには根がしっかりと張り付くことが必要です。

そのため、細かい底床材ではなく、粒度の大きい砂利や石ころを使用することがおすすめです。

底床材を敷くことで、水草の根がしっかりと張り、水槽内に安定感を与えます。

何よりも活発に泳ぐ出目金がレイアウトを崩してしまうことを防ぐことができます。

フィルターについて

最後に、フィルターについてですが、出目金は活発で、比較的大きな水流を好む傾向があります。

そのため、フィルターの選択時には、水槽の容量に応じて適切なサイズのフィルターを選ぶことが必要です。

しかし、水流が強すぎると、水草が倒れたり、根が抜けたりする可能性がありますので、注意が必要です。

スポンサードリンク

出目金の水槽のレイアウトの最適解とは?【まとめ】

水槽内のレイアウトは、出目金の個体差もありますので、自分の水槽や出目金の個数や性格など条件に合わせて選ぶことも大切です。

レイアウトが出来上がるとオリジナルのアクアリウムが広がりますよ。

出目金の性格にもよりますが、あまり敏感でなければ、淡いライトアップもおすすめ。

幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。

我が家では、金魚すくいで突然家族になった出目金でしたので、ホームセンターの金魚コーナーの店員さんに初心者セットをオススメされ、助かりました。

しかし、その後、個体数を増やして、水槽を大きく買い替えていく中で、水草を増やしたりして、環境を変えてもいきました。

水槽は陽当たりの良い出窓に置いてましたので、水草も思いのほか成長しましたし、その葉で出目金の眼を傷つけてしまったことも。

出目金を日々よく観察しながら、レイアウトを整備して飼育環境を整えることが大切なんです。