ピンポンパールは色が変わるって本当?変色の原因と対策方法を解説!

はじめまして。

ピンポンパールを飼育中の筆者です。

ピンポンパールって実は、体の色が変わるんです。

え!カメレオンのように自分の意思で色が変わるの?!

そうではないんです。(笑)

成長の過程で、体の色が変化していきます。

体の色が変わる要素が色々あります。

光をどれだけあびるか?とか、エサの種類によって、体の色が変わったり、要因は、様々です。

不思議ですね。

なんで色が変わるのかな?

お話していきますね。

スポンサードリンク

ピンポンパールは色が変わる?

変色っちゃ変色ですが、変なことではないんです。

我が家のピンポンパール、購入当初は「黒×オレンジ」のまだら模様でした。

まだら模様がかわいい~♡と思って買ったけど…

あれよあれよと、オレンジ一色になりました。

これは、成長過程のようです。

よくあることです。

黒が少し混ざっていたのは、まだ子供だったから。

なるほど。

成長過程で、子供から大人になったので、色が変わった。

ということです。

成長したんだなぁ。と、喜んでいいところですが、少し残念な気も…無きにしもあらず…ですね。(笑)

ピンポンパールの色が変わる原因は?

成長したから。

そうなのですが、そうでない理由も、あるんです。

光があまり当たらないと、体の色は薄くなります。

室内で飼育すると、当たる光が少ないため、体の色味が薄くなっていきます。

日光よりライトは弱いですもんね。

つやつやなピンポンパールに育てたい!

という方は↓

1色味を強くするエサを与える。

2日光をあてるか、ライトの青色をあてる。

これをすれば、はっきりした色味のピンポンパールに育てることが出来ます。

注意ポイント

ピンポンパールは泳ぎがとっても下手で、おなかが大きく、消化不良を起こしやすい生き物です。

色味を強く出すエサは、少々消化しにくいエサになっていることが多い。

エサを与えるときは、ピンポンパールの体調を見ながら与えてみてください。

つやつやかわいいピンポンパールに育つといいですね!♡

あともうひとつ。

ピンポンパールの体の色が変わるもうひとつの理由。

「生まれ持った、遺伝子」

ここはもう、どうしようもないですよね。

エサを変えても、光をあてても、生まれ持った色、遺伝子を変えることはできません。

最初は私も、オレンジと黒のかわいい模様が気に入って買ったピンポンパール。

みるみる薄~いオレンジ色になってしまったじゃありませんか。

生まれ持った色なのです。

仕方ありません。

ピンポンパールは成長し、大人になったのです。

私と出会った時の我が家のは、赤ちゃんでした。

そうです。

赤ちゃんから、私の手元で大きくなり、成長し、薄~いオレンジ色のピンポンパールになりました。

仕方ありません。

生まれ持った遺伝子の色を変えるのは、不可能です。

スポンサードリンク

ピンポンパールは色が変わるの?【まとめ】

・ピンポンパールの体の色が変わる?

変わります。

ショップで売っているピンポンパールは、生まれたてが多いです。

赤ちゃんです。

その色味が、ずっと続くわけではないんです。

成長すると、色が変わります。

大人になった、証拠。

ですね。

・ピンポンパールの色が変わる原因は?

成長過程なので、仕方ありません。

あとは、水槽の環境か、生まれ持った遺伝子が原因です。

ピンポンパールの生まれ持った遺伝子を変える事は、できません。

しかし、水槽の環境を変える事はできる。

日を浴びること。

発色が良くなるエサを与えること。

ピンポンパールを買う時は、ショップで買われるのが一般的。

ショップの水槽に入れられている小さなピンポンパール。

この子かわいい~♡
と、見た目で判断して購入しますね。

筆者もそうでした。

飼育して2年、ピンポンパールの体の色が変わるなんて、思ってもみませんでした…。

現在飼育中のピンポンパールは、オレンジ×黒から→薄いオレンジ色に色が変わった。

色が変わっても、やっぱり我が家のピンポンパールは、かわいいです。♡

色が変わっても、かわいがってあげてほしいと思います。