ピンポンパールがひっくり返るのは転覆病?その他の原因と対策方法を解説!

はじめまして。

ピンポンパールをショップで一目ぼれして、思わず飼ってしまい、早2年が経ちました。

現在ピンポンパール飼育中の筆者です。

ピンポンパールは見た目の通り、泳ぎがとても下手です。

びっくりするぐらい下手です。本当に。(笑)

我が家のピンポンパールは、ぶくぶく(水泡)と遊んでいるかのように、一回転して仰向けになってひっくり返ることをしてみたり。^^;

びっくりすることがありますが。(笑)

少し癖ありの、可愛いピンポンパール飼育中です!♡

ピンポンパールが傾くのはなぜ?

ピンポンパールがひっくり返るのは?

ピンポンパールが浮いてくる逆さまになる原因は?

ピンポンパールは転覆病になる原因は?

ピンポンパールが転覆病にならない対策は?

などなど…筆者の実体験で、疑問点を解説していきます!!

スポンサードリンク

ピンポンパールがひっくり返る?!

見た目の通り、なんですけども。

ピンポンパールがひっくり返るのは、お腹が重いのです。

我が家のピンポンパールは、お腹を上にして泳いでいることもしばしば…。

大丈夫?!病気?!なに?!と、心配になりますよね…。

お気持ちはわかります。

ひっくり返る時間が、数秒程度であれば心配いりません。

何分もひっくり返る?ひっくり返る時間長いような…?

となれば、転覆病を疑います。

転覆病はピンポンパールがなりやすい病気です。

ピンポンパールが傾く?!

ちょっとびっくりしますよね。

大きい体で頭が小さいため、泳ぐことが下手です。

泳ぎが下手なので、斜め方向に泳いだり、痙攣した?!大丈夫?!とびっくりしてしまうような泳ぎ方を、とってもよくします。

と、いうか、まぁそれは…日常茶飯事。

と、いいますか、毎日です。
(我が家のピンポンパールだけ?かな?)

傾く泳ぎをしているのは、いつもの事です。

ピンポンパールが浮いてくる逆さまになる原因は?

お腹を上にして浮いている状態であれば、転覆病にかかっているかもしれません。

水替えをしたタイミングで、急激な温度変化があったか?

気温の変化、水温の変化などで、消化不良を起こしているか。

などの理由があげられます。

心当たりがあれば、それが原因かも?です。

ピンポンパールは転覆病にかかるの?

ピンポンパールが転覆病にかかる可能性は毎日あります。

原因に挙げられるのは↓

1水槽内の水温が低い事

2ピンポンパールにエサを与えすぎて、食べ過ぎてしまった。

3ピンポンパールにストレスがかかることがあった。

ですね。

エサの与えすぎにはご注意を!

ピンポンパールが転覆病にならない対策は?

寒い冬は、人でも動きが鈍くなりませんか?

ピンポンパールも同じなんですよね。

寒いと動きが鈍くなり、活発化しなくなります。

ピンポンパールの動きが鈍くなるため、食事を減らしてあげなければなりません。

でもかわいいから、つい…あげちゃった…

ピンポンパールは与えられた分、エサだー♡と、頑張って食べようとします。

すると、食べ過ぎてしまって、転覆病になってしまった…。

てことが、あるんです。

動きを観察しながら、寒くなる時期はエサの与え方には注意しましょう。

*寒い冬はエサの量を考えて与えることが大事です。
*水替えを行う際は、水温を保って行うこと。

スポンサードリンク

転覆病にかかる原因は、飼育者の管理にあります。

ピンポンパールの健康管理をしっかり行うことが大切です。

エサをあげすぎない。

水替えのタイミングなどは、水温の変化を感じやすいので、病気にかかりやすくなります。

十分、ご注意ください。

ピンポンパールがひっくり返るのは転覆病?を起こさない対策

ピンポンパールのいる暮らし。
可愛いピンポンパールに癒されながら、是非飼育を楽しんでほしいと思います!

以上!筆者の実体験で、お伝えしました!