ピンポンパールとの混泳について!エビやメダカ・らんちゅう等との混泳について解説!

ピンポンパールの飼育を始めて2年になります筆者です。

ピンポンパールは可愛いですよ。ほんとに。

見た目がぷっくりしてチャーミング♡

ピンポンパールの混泳について。

混泳はとっても不向きな種類ではあります。

だって、ピンポンパールは泳ぎがとっても下手なんですもん。

ほかの子とエサ取り合戦なんかしたら、ベベですよ(最下位という意味)。

混泳は少し、難しい気もしますが、気を付ける点を押さえておけば?

出来なくもないかも?

現在飼育中の筆者の実体験をもとに、掘り下げてご説明していこうと思います!!

スポンサードリンク

ピンポンパールは混泳できる?

コリドラス

やめた方が無難。

コリドラスは熱帯魚なんですよねー。

グッピー、ネオンテトラなど、熱帯魚系なら、混泳可能です。

ピンポンパールは金魚であって、熱帯の生き物ではないので。

ピンポンパールは四季を感じれる生き物。

コリドラスは熱帯で生きてる生き物なので寒いのはダメ。

なので、別の生き物だと思ってもらったら話は早いかも。

コリドラスの適温はピンポンパールの適温に比べて、高温です。

その中にずっとピンポンパールを混泳していると、ピンポンパールが年中活発化している…。

私の見解では、ピンポンパールはずっと活発化している環境はしんどいかなぁ。

ピンポンパールには、年中のオンオフつけてあげるべき。

ピンポンパールは水をとても汚すんですよ。

コリドラスがふんを食べまっくてしまったら、コリドラスが病気になる可能性も。

ピンポンパールが、じっとしているコリドラスを突きにいったりしちゃうので、うーん。

ピンポンパールとコリドラスの混泳は不向きです。おすすめはしません。

エビの混泳は可能?

ピンポンパールとエビは混泳出来ます。

種類にももちろんよりますが、ヤマトヌマエビなど川エビなどはおすすめ。

ピンポンパールの生活の邪魔をしない。

ピンポンパールのおこぼれをもらうような存在。

水槽のお掃除をしてくれて、飼育者にとってはピンポンパールに負担かけずにお掃除してくれるので、にじゅうまる!な存在。(笑)

だがしかーし。

エビは増えるのでそこは注意が必要。

稚エビはピンポンパールが食べちゃうので大き目を入れてあげると共存できます。

出目金

ピンポンパールと出目金と混泳はまあ、出来ますね。

泳ぎが遅い子組さんなので、生活温度も同じです。

出目金ちゃんの方が、ピンポンパールよりは強いと思います。

ピンポンパールが負けてしまわなように、大きさと性格が似てそうな出目金ちゃんを入れてあげれば、一応、とりあえず、なんとなく、混泳は可能です。

性格が合わなければもちろん喧嘩が起きますので、観察はしっかり行って下さい。

らんちゅう

らんちゅうも、泳ぎが下手な金魚ちゃんの部類に入ります。

ですが、ピンポンパールよりは少し、泳ぎが上手なので、ピンポンパールがエサの競争には負けてしまう恐れはあります。

えさをちゃんと食べれているかなー?
は、よーく注意して、見てあげてください。

めだか

室内で混泳は厳しいですね。

今回は、×と判断しましょう。

出来なくはないんですが…。

難しいですよ。

水槽の大きさと、メダカの隠れる場所を多くしてあげたり、水量、温度、エサの食べ具合など、メダカとピンポンパールを混泳することで、気を付けなければならないことが結構多いです。

ピンポンパールよりめだかの体が小さいため、ピンポンパールがエサと勘違いし、いじめたり、食べてしまう可能性も出てくるため、やめた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

ピンポンパールは混泳できる?【まとめ】

今回はピンポンパールと混泳ができる魚について解説しました。

ピンポンパールは、泳ぎが下手。とても下手です。

雑食のため、これなんだ?と思ったらついぱくっとしてしまいがちです。

混泳するには、体の大きさを合わせてあげたり、ピンポンパールがいじめたり、いじめられないような環境を整えてあげて、飼育を楽しんでくださいね。