ピンポンパールの水槽の温度は?ヒーターで適温になる?夏と冬の適温温度とは?

可愛すぎる♡ピンポンパールちゃん飼育中の筆者です。

ぷっくりとして、ころんっとして、ぷりぷりの見た目が可愛いピンポンパール♡

ピンポンパールを飼育する時、ヒーターって必要なの?

ヒーターはあったほうが安心ですが、無くても飼育は出来ます。

冬はどうしても水温が下がってしまうため、ピンポンパールは体調を崩しがちです。

ヒーターを使う飼育が、いいかと思います。

水温温度によってピンポンパールの動きが変わるため、ヒーターを使う飼育の方が安心です。

ヒーター使用の飼育は、ピンポンパールの飼育が楽になるので、おすすめです。

夏と冬は、水槽内の温度を適温にする?

ピンポンパールの適温の温度てどれぐらい?

ピンポンパールの水槽の温度は?

水槽内の温度って適温は何度?

ピンポンパールの゙飼育疑問点を実体験で解説していきます!

スポンサードリンク

ピンポンパールの水槽の温度は?

ピンポンパールは適温温度が幅広い。

本当のところは、15度以下でも、25度ぐらいでも、生きれます。

適温温度は、実は幅広いんです。

水の温度を急激に下げたり上げたりしてしまうと、ピンポンパールは体調を崩してします。

そこは、要注意です。

ピンポンパールの飼育は温度を一定に保つことが重要です。

水槽温度をキープすることが、結構飼育には重要です。
 
水温が冷たすぎると、エサをあまり食べなくなったり、下の方でじーっと動かなくなって、体力温存しようとします。

え?大丈夫?とついつい、水槽をコンコンしてしまいますが。(笑)

我が家のピンポンパールは2年目なので、あー寒いのね。

と、理解できるようになりました。

じっとしている冬は、そっとしています。

初めて飼われる方は、ピンポンパールが寒いと動かなくなるということが分からないので、動かなくなるピンポンパールを見て、心配になっちゃいますね。

ピンポンパールの水槽の温度は、寒くもなく熱くもなく、20度~25度ぐらいにキープしてあげるのが、適温といえます。

ヒーターを入れておくと年中水槽の温度をキープ出来るので、楽に飼育出来ますよ!

ピンポンパールの夏と冬の温度は?

15度以下になると冬眠する、もしくはピンポンパールは死んでしまいます。

冬も夏も、20度前後をキープしてほしいところです。

我が家のピンポンパールは、今のところヒーターを使わず、室内で飼育しています。

夏は暑いですが、室内はエアコンを使用しているため、18度~25度の間をキープしています。

冬もまた、暖房をつけている室内ですので、これまた18度~25度の間で温度がキープできています。

ピンポンパールの飼育できる温度が15度~28度。

結構、ピンポンパールが対応できる温度は、幅は広いんですよね~。

徐々に水温が変動していくことは、ピンポンパールの体調に変化は起こりません。

室内温度を保てているのであれば、ヒーターなしでも飼育は可能です。

ですが、冬眠してしまうとピンポンパールは動かずじっと過ごすので、心配になってきます。

ヒーターなしの飼育は難しいので、ヒーターを入れて飼育する方が、楽に飼育を楽しめます。

ピンポンパールの適温温度。ヒーターを使う?

ヒーターを入れておくと、一定の温度をキープすることができます。

ピンポンパールが一年中活発に動きまわり、元気な姿を見ることが出来るので、ヒーターをいれる飼育はおすすめします。

寒くなってくる時期は、水槽の温度が下がります。

水槽温度が下がると、ピンポンパールの食欲も減ってきます。

活発度が減り、動きが鈍くなります。

ヒーターを入れて飼育するほうが、ピンポンパールの健康にも、飼育者にも、安心です。

スポンサードリンク

ピンポンパールの温度の最適は?【まとめ】

今回はピンポンパールの飼育時の最適温度について解説しました。

ピンポンパールが対応できる温度は幅広いので、15度以下でも、25度ぐらいでも、生きれますが、20度前後で水槽の温度を保ってあげると良いでしょう。

ヒーターを入れると、一定の温度をキープすることができます。

ピンポンパールが年中活発に動きまわり、元気姿を見ることが出来るので、ヒーターをいれる飼育はおすすめします。

ピンポンパールのいる暮らし♡是非楽しんでください。