ピンポンパールの水流はどの位で設定?泳ぎが下手な金魚の最適な設定値を解説!

はじめまして!

ピンポンパール飼育中の筆者です!

ピンポンパールって、泳ぎが下手なの?

泳ぎが下手っていうけど…どれぐらい下手なの?

金魚の中では、ほぼ最下位です。

ピンポンパール飼育中の筆者が、実体験を交えて、お伝えしていこうと思います。

ピンポンパールは見た目の通り、泳ぎがとても下手。

金魚の種類でみてみると、最下位かな?というぐらい下手です。

どれぐらい?

っていうと、うーん。

酸素のぶくぶくに、押し返されてしまうぐらい下手。

ピンポンパールの泳ぎが下手なイメージ、つきましたか?

筆者は、ショップでピンポンパールのぷっくりな可愛さに一目ぼれして、かわいすぎる!と思わず購入。

そこからピンポンパールの飼育がスタートしました。

飼育して分かったことを、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

ピンポンパールは水流に弱い?

弱いです。

ピンポンパールは見ての通り、お腹が大きく、体系に似合わないひれの小ささ。

泳げないですよね。

水流が早いと、ピンポンパールはずーっと頑張って泳がないといけないため、疲れてしまいます。

ゆる~い水流にしてあげるのが、おすすめです。

ピンポンパールはどうして泳ぎが下手?

胴体がぷっくりしているのに対して、似合わない短いヒレの持ち主だからです。

そこが、かわいいんですけどね。

水流が強いと、ピンポンパールはヒレを必死に動かし、負けないぞ!といわんばかりに泳ごうとします。

しかし、ピンポンパールはヒレがすごく小さいので、水流が早いと、追いつけないのです。

金魚なのに、泳ぐのがとっても下手な金魚です。

ピンポンパールは、かわいさと、面白さをもつ生き物です。

ピンポンパールの水流圧はどの位?

ピンポンパールは、水の流れが早いところがとっても苦手。

ゆる~い水流で飼育しましょう。

水流を調節できる機能があるのなら、超弱ぐらいで設定します。

水の吸い込みにも注意してほしいです。

吸い込みが強いとヒレが巻き困れてしまうことがあります。

筆者のピンポンパール、筆者が水流を強くしていて、流れに負けてしまって…。

ヒレが切れています。

かわいそうです…。

そうならないために、水流は弱く設定してください。

調節機能がない場合は、レイアウトに工夫してあげましょう。

泳げるところを広くしてあげたり、流れが早いところに水草などを置き、水流がゆるくなるよう工夫します。

スポンサードリンク

ピンポンパールの水流について【まとめ】

・ピンポンパールは水流に弱い?
ピンポンパールは胴体がコロンと丸い。

その割に合わない小さいひれ。

バランスが取りずらいので、強めの水流だと、ピンポンパールが疲れてしまいます。

ピンポンパールがずっと頑張って泳いでいるのは少々かわいそう。

ゆるい水流にしてあげてください。

・ピンポンパールはどうして泳ぎが下手?
ぷっくり丸い体系対して、ヒレが短すぎるからです。

強めの水流に、ヒレを必死に動かして泳ごうとします。

ピンポンパールはヒレが小さい。

流れが早いと、追いつけないのです。

金魚なのに、泳ぐのがとっても下手な金魚。

かわいさは、100点満点。

・ピンポンパールの水流圧はどの位?
水の流れが早いところは苦手です。

水流は弱めで飼育しましょう。

水流を調節できる機能付きなら、超弱の設定でお願いします。

*水汚れに注意!

循環フィルターは流れがあってこそ、水を循環し、きれいに保つことが出来ます。

ピンポンパールの飼育は、水流は弱設定にします。

そうすると、水質の悪化はとても早いです。

水槽の水を汚しやすいんですよね。

ピンポンパールの飼育は、フィルター任せにしていてはだめです。

すぐ病気にかかってしまいます。

水槽の水換えは、定期的に行わなければなりません。

水流の調節機能がない場合は、水槽のレイアウトを工夫しましょう。

ピンポンパールがゆったり泳げるところを広くしてあげて、水流が早いところは水草などで仕切りにしたり。

水流がゆるくなるよう、レイアウトを考えてみましょう。