グッピーの産卵兆候って?妊娠点・産卵前の行動について紹介!

個体によって色が違い、美しいヒレをひらひらさせながら泳ぐ姿が可愛らしいグッピーは飼育の容易さもあって、広く人気のある観賞魚。

グッピーは初心者でも繁殖が可能で、増えすぎて困るほど繁殖します。

今回はそんなグッピーの産卵兆候、産卵前の行動などを紹介します!

スポンサードリンク

グッピーの産卵の仕方

グッピーの産卵は卵ではなく人間と同じように稚魚を産みます。

グッピーは1年を通し産卵が可能で、一度に産卵する数は10匹から20匹。

産卵する数は初産だと少ないのですが、産卵を重ねるほど多くの稚魚を産むようです。

なかには一度に50匹もの稚魚を産んだ母グッピーが存在するようですよ。

グッピーの寿命は約1年と短く、それは産卵回数の多さが原因なのではないか、と言われています。

話を戻しますが、グッピーは他の魚の産卵のように水草に卵を産み付けるという産卵ではありません。

グッピーの体から稚魚が生まれ水槽内を泳ぐ姿は感動的ですよ。

余談ですが、卵から孵った稚魚と、親の体内から生まれてきた稚魚だと圧倒的に後者の方が生存率が高いようです。

グッピーの稚魚の生存率は数字で70%、他の小型熱帯魚の生存率は30%ほどと言われています。

数字だけ見ても驚きますね。グッピーの生命力は素晴らしいです。

グッピーは簡単に増えることで有名、それは稚魚の生存率の高さも理由の一つです。

グッピーの産卵兆候【見た目はどうなる?】

グッピーが妊娠して数日たつと、お腹がふっくら大きく成ってきます。

さらに産卵が間近になると、お腹が四角く角ばるようになります。

グッピーは餌を食べた後にすこしお腹が膨らみますので、餌を与える前に確認してみるとわかりやすいと思います。

そして妊娠したグッピーは産卵直前に、大きく成ったお腹の部分が変色してきます。

透明だったりオレンジだったり、種類によって色が若干違います。

その頃になると、変色した部分から稚魚の目を確認することが出来ます。

グッピーは一度に数十匹産卵するので、目が複数ある!とびっくりすることでしょう。

お腹以外にもグッピーの妊娠兆候を確認することが出来ます。

名なのは【妊娠点】と呼ばれる黒い点、妊娠したメスの下腹部にあります。

最初は薄い黒で目立ちませんが、産卵が近づくとどんどん色が濃くなっていきます。

妊娠点や、妊娠マークとも呼ばれますね。

※妊娠中のグッピーのお腹のふくらみは個体差があり、あまりお腹がふくらんでいなくても実は産卵間近だった、という話もあります。

グッピーの産卵兆候【産卵前の行動】

グッピーのメスは産卵が近づくと、いつもとは違う行動を取ります。

・水槽に沿って上下に泳ぐ
・水槽の底でじっとしていて動かない
・他のグッピーが近づくと逃げる
・突然泳いだり、止まったりする

見た目の変化も合わせて行動の変化も確認出来たら、ほぼ間違いなく妊娠しています。

ただ上下に泳ぐ、じっとしていて動かない、という行動はストレスや病気などでもこのような動きをするので注意が必要です。

例えば水槽内の他のグッピーがこのような行動を取っていたら、妊娠ではなく病気かもしれません。

その時はグッピーを塩浴や薬浴などで体力の回復をさせてあげてください。

スポンサードリンク

グッピーの産卵兆候【まとめ】

グッピーの産卵兆候や産卵前の行動について紹介しました。

グッピーを水槽に入れたら勝手に増えた、と言われるほどグッピーの繁殖は容易です。

もし水槽に余裕がある、生まれた稚魚の引き取り先が決まっている、という方は是非一度はグッピーの産卵を見てみてください。

徐々にお腹が膨らみ、水槽内でそわそわする母グッピーは見ているだけで産卵が楽しみになってきます。

産卵シーンに立ち会えたならきっと感動すること間違いなしですよ!