バルサン後の床掃除は必要?仕方や注意点を徹底解説!

バルサン後の床掃除?仕方や注意点を紹介します。

皆さんバルサンと言うものを知っていますでしょうか?

バルサンとは主に害虫駆除を行うものです。

種類は大きく分けて3つあります。
1つ目は煙のタイプ。
2つ目は水を使うタイプ
3つ目は切りのタイプとなります。

このバルサンを使用することにより、ゴキブリや小さな虫といった様々な害虫を駆除することができます。

バルサンを使ったことのある人にはご存知だと思われますが、煙タイプのバルサンを使用した際、部屋中に煙が充満してしまいますよね。

その後、そのままにして良いのか、それとも床掃除をした方が良いのか気になりますよね。

また、バルサンを使用した後、掃除が大変だと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

今回の記事ではそんなバルサンを使用した後、どのぐらいの内容での掃除が必要となるのか、掃除の仕方や注意点をご紹介いたします。

結論から言いますと、床掃除は必要でございます。

その他にも口にものが触れる必要のある物も、掃除が必要です。

スポンサードリンク

バルサンとは?

冒頭で述べました通りバルサンには3つのタイプがあり、どれも害虫駆除を目的としたものだと説明いたしました。

バルサンを使用の仕方にあたっての注意点を説明いたします。

バルサンはとにかく煙がすごいです。

焚いた瞬間に煙がものすごい勢いで充満していきます。

ここで1つ注意しなければならないことがあり、バルサンを使用する部屋を密閉する必要があります。

そして、バルサンを使用している部屋に人は入り込まないようにしましょう。

衣服等はあらかじめタンスの中などに収納していき、それが叶わない場合は衣類カバーをかけましょう。

また、外から見て火事と誤解されないようカーテンを閉めておきましょう。

また、火災報知器や電化製品などには予めカバー等をつけてください。

バルサン後の床掃除の仕方

バルサン後の床の掃除の仕方について説明します。

大きく分けて掃除の仕方を分類すると、1つ目が床注意して拭き掃除をしていく必要があります。掃除です。

2つ目は口に触れる必要のある物の掃除です。3つ目は換気です。

床掃除

床掃除の仕方について、床やカーペット類には掃除機がけをします。

フローリングについては、モップ掛けをしていきましょう!

クイックルワイパーでも大丈夫です。

口に触れる物の掃除

口に触れる必要のあるものとしては食器等があげられます。
その他にもペットや小さいお子さんが噛んでしまう物等は、注意して拭き掃除をしていく必要があります。

換気

換気の仕方は1時間以上が望ましいです。

基本的に十分に換気を行えた場合、床掃除など必要ないとされています。

しかし、バルサンは生物に害を与えてしまうほど強力な殺虫剤なため、なるべくなら掃除をした方が良いです。

スポンサードリンク

バルサン後の床掃除の仕方【まとめ】

皆さん、床掃除を始めとする掃除の仕方や注意点がお分かりいただけたでしょうか。

ここでも注意点として再度述べますが、バルサンは強力な殺虫剤です。

虫はもちろんなこと、人やペットにまで健康の被害が生じてしまいます。

その他にも火災報知器が誤作動をしないよう、注意してバルサンを使用していく必要があります。

もし、バルサンの使用中に火災報知器が鳴ってしまった場合、他所の住人の方に迷惑をかけてしまいます。

この記事を読む事により、具体的な掃除の仕方がわかったと思います。

バルサンを使用したからといって、害虫が駆除されたと喜ぶにはまだ早いです。

バルサン後の後片付けも、バルサンの使用にはとても重要なことです。

バルサンの使用は1年に4回程で良いとされています。

そのため、バルサンを使用した後の掃除をしっかりと行っていきましょう。

バルサンを使用する空間には、基本的には物を置かない事で、まんべんなく床掃除をすることができます。
今回の記事の内容を、バルサン後の掃除の際にお役に立てれば幸いでございます。

Follow me!