カビキラーを一晩放置…ヤバイ忘れてた!危険も潜むデメリットとは?

毎日掃除しているのに、いつの間にか必ず顔を出すアイツ…

そう、浴室のタイル目地やコーキングなどに生えてくる黒カビです。

何を隠そう私も悩まされている方々のうちのひとりです。

毎晩、お風呂の後には掃除まではいかないものの、壁やシャンプー台、ドア周りの拭き上げを行っているにも関わらず、気づくと出てきているんです。

とっても不思議ですよね。

そんな黒カビを根こそぎ落としてくれる、頼もしい味方「カビキラー」。

実はとても危険で取り扱い注意なものであることも確かです。

そこで今回は以下のようなお悩みをお持ちの方にぜひ読んで頂きたいのです。

  • カビキラーってどういう洗剤なの?いろいろ準備してから使用しないと危険?
  • 浸けおいたのを忘れて一晩放置してしまったが大丈夫なのか?デメリットは?
  • 短時間の放置時間で高い効果を出す方法を知りたい!

この記事を読むことで、カビキラーの長時間放置のデメリットや危険なことについての理解を深めていただきたい、そんな願いを込めて書きました。

ぜひ最後までお読みください。

スポンサードリンク

カビキラーとは?

その名のとおり、カビーをキラーします

ジョンソン株式会社から発売されている、浴室のタイルの目地やコーキング、ゴムの部分に生えてしまったカビを取り除く際によく使用される商品です。

要は塩素系漂白剤の一種ですので、成分的にはキッチンハイターとほぼ同じになります。

「カビキラー」は商品名で、他社の商品だと「カビとりハイター」や「カビクリーナー」などの名前となっておりますが、ほぼほぼ同じものと思ってもらってよいです。

使用している最中は、塩素のにおいがかなり強いです。

使用する際は必ず換気をしながら行い、マスクと手袋、ゴーグルを着用しましょう。

浴室のパッキンなどに生えたカビに効果抜群

スプレー型泡タイプがメインですが、実はパッキン用のジェルタイプも発売されています。

ジェルの方が泡よりも圧倒的に垂れにくい!

浴室だけでなく冷蔵庫の扉部分のカビにも使えるそうで、クチコミや評判もかなり良さそうです。

さらにカビキラーは、生えてしまったカビはもちろん、黒カビ予備軍にも効果があるとのこと。
今後カビが生えてきそうな浴室の隅のほうや、排水口・排水口のフタなどのカビ抑制にも約立ちます。

また、カビキラーは独自の強力浸透成分を配合しているので、カビの根までしっかり届くとのこと。

他社製品は安価ではありますが、高い効果を期待するのであれば「カビキラー」をおすすめします。

混ぜるな危険?使い方は正しく知っておこう

塩素系洗剤や漂白剤のボトルには、ほぼほぼこの「混ぜるな危険」の文字があります。

それもそのはず、酸性の洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスが発生して大変危険だからです。

その昔、浴室用洗剤は「酸性」の洗剤が多かったことから、おそうじ中に知らない間に混ざって有毒な塩素ガスが発生してしまう事故が多かったそうなのです。

今ではほとんどの浴室用洗剤が「中性」になったことから、このような事故は起きにくくなっています。

他にもアルコールやアンモニアと混ざっても有毒なガスが発生することから、他の洗剤と一緒に使用する場合は必ず成分は酸性なのか塩素系(アルカリ性)なのかを確認、または一緒に使わず単独で使用するなどを心がけてください。

一晩放置すると危険?デメリットは?

通常、放置時間は長くても30分程となっております。

しかし塗布してから1時間、2時間、…そして一晩経って翌日に「…はっ!!!!」と気がついて慌てて浴室に様子を見に行く…なんてこと、していませんか?

確かに、放置時間を長くすれば長くするほどカビはよく落ちるようですが、問題なのは「におい」です。

実を言いますと、コレ、私も一度やってしまったことがあります。

見た目はすごくキレイになっていても、入浴中ずっと塩素のにおいがし続けているのです。
長時間このにおいを嗅いでいると、頭が痛くなりそうでした。

さらに運が悪いと、カビキラーを塗布していた部分のパッキンやゴムが傷んでしまうことも…

きちんと放置時間などを守っていれば問題ないとの回答も公式HPのQ&Aに出ておりましたので、使用する際はタイマーをかけておくなど長時間放置しないように対策をしてくださいね。

長時間置かなくても効果あり?!カビキラー+〇〇

さて、放置時間は長ければ長いほど効果的というお話を先ほどお伝えしました。

そこで「短時間でその威力を発揮できればいいのに…」という欲張りな発想、出てきませんでしたか?

そんな都合のいい話、あるわけ…あるんです!!

ヒントは「ジェル」。

既にジェル状のパッキン用カビキラーが売られているので、それを買えばいい話なのですが、泡タイプも持っておきたい、二種類買うのはコスパがあまりよくないとお考えの方には朗報です。

ただしこの方法は公式に紹介されているものではありませんので、参考にしてくださるのは構いませんが、自己責任にてお願いいたしますね。

カビキラーをカビの気になるところに噴霧する代わりに、片栗粉を混ぜてペースト状にしたものを塗っていくのです。

そうすれば、すぐに流れてしまう泡タイプのものより密着度は増します。

密着度が増す=カビも早く落ちる(成分の浸透が早まる為)ということですよね。

ただしこの方法は、最後にきちんと水で流せる場所にしておいた方が無難です。

なんせ片栗粉も一緒に流れますのでね。

しっかり流せたら乾いた布で拭き上げも忘れずに。

またカビが発生してしまいますよ。

スポンサードリンク

カビキラーを一晩放置しても大丈夫?【まとめ】

一口に「カビキラー」といってもまぁまぁ危険な洗剤を私たちは使用していたこと、今回の記事で気付けていただけましたか?

今回の内容をまとめると以下のようになります。

・カビキラーとはスプレー型泡タイプがメインの塩素系漂白剤
・一晩放置すると、カビは綺麗に落ちるがにおい残り&パッキンなどが痛む原因になる
・カビキラー+片栗粉のペーストで効果を高めて時短に!

手軽で手に入りやすく便利な反面、無意識のうちにこんなことやってた!あれはまずかったのか…?など思い当たる節が多い方、いらっしゃったのではないでしょうか?

そんなあなたは今一度方法を見直して、正しく使いましょう。

またキレイを保つ秘訣は、こまめに掃除をすることです。

汚れが目立ってきたら…ではなく、普段からキレイにしていれば、汚れもつきにくい&落としやすい!
カビキラーは黒カビ予備軍にも効果があるとのことなので、カビ発生を抑制するには持ってこいです。

見た目も清潔な浴室やキッチンを保てるあなた、ステキですよ♪

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Follow me!