トイレ掃除の尿石の落とし方!適した洗剤の選び方とは?

いつも使っているトイレ。掃除をしていないと汚れが蓄積してしまい簡単な掃除では、汚れが落ちなくなってしまいます。

ご自宅の便座、便座裏、便器内に黄ばみがありませんか?

その黄ばみ…放置しておくと厄介な尿石になってしまいトイレ掃除が大変になってしまいます!!

今回は、そんな尿石に対してどう対処すればいいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

尿石とは?

そもそも尿石って何?
と思われる方もいるかもしれません。

簡単に言いますと、便器内、便座裏についている黄ばみです。

黄ばみの元は、トイレをした時の飛び散り汚れが原因です。

この汚れが蓄積されてできてしまう物が尿石です。トイレなんてさっとして流して終わり。

多数の方がそうだと思います。少しだけ立ち止まってご自宅のトイレを見てみてください。黄ばみは、ありませんか?

尿石は、黄ばみになる前に掃除をしていればできる事は、ないようです。

ですが、掃除をせずに放置していると汚れが蓄積され厄介者になってしまいます。これは…避けたいですよね。

できてしまった尿石とおさらばしましょう

できてしまったものは、掃除をして綺麗にしてしまえばいいのです。

まず、どんな洗剤がいいのか?と思われると思います。汚れの性質に合わせて洗剤を選ぶ事でゴシゴシ洗わずに済むかもしれません。

尿石は、アルカリ性です。

このアルカリ性の汚れを落とすには、酸性のクエン酸が効果的
クエン酸は、消臭効果もあるのでトイレ掃除には、抜群です。

落とし方のコツとしては、もう一つ洗剤を使います。重曹です。

便器内にクエン酸を入れ、その後、重曹を入れます。この2つの洗剤の力で泡ができその泡の力で汚れを落としていきます。

便座裏は、クエン酸水等で拭き掃除しましょう。

頑固な尿石ですと泡の力だけでは、汚れが落ちません。ブラシ等を使ってしっかり掃除をしましょう。

尿石を落とす洗剤選び

クエン酸、重曹の2つを紹介しましたが、今では沢山の掃除用洗剤があります。

手軽で簡単に掃除ができる洗剤も色々とあり、業務用の商品なんかも買うことができます。

業務用と聞くとかなり汚れに効き目がありそうな洗剤だなと思ったりしてしまいますよね。

我が家は、子供が3人おり一番下の子がまだ小さいため、強い洗剤を使うことに少し抵抗がありクエン酸、重曹での掃除をしております。

シュっとしておくだけのタイプの物を使っていたのですが、吹きかけていた泡が気になったようでトイレの中に手を入れてしまった…とゆう過去がありまして、シュっとしておくだけの泡タイプの物を使うのを辞め、日頃の掃除は、クエン酸水での掃除に切り替えました。

なので、ご自身の生活環境にあった洗剤選びをしてください。

シュっと吹きかけておくだけで綺麗になるもの等を取り入れて汚れを蓄積させないのが一番良いと思います。

スポンサードリンク

トイレ掃除の尿石の落とし方!【まとめ】

普段からこまめに掃除をすることが一番です。

ですが、そうなかなかできる事でもありません。

汚れの蓄積さえさせなければ厄介者な尿石は、できないのです。

私は、常時スプレータイプのクエン酸水をトイレに置いています。自分が使った後、寝る前なんかにささっと掃除をして汚れが蓄積されないよう心がけています。

クエン酸と重曹を合わせて使う掃除は、月に3~4回程度です。これで、臭いと汚れは、取れています。

毎日と思うと気が重たくなってしまいますので、まずは、汚しちゃったな…なんか汚れてる…と汚れを気にかける事から始めましょう。

気にかける事ができるようになるとおのずと汚れを取っておこうとゆう行動に繋がっていくはずです!!

毎日使っているトイレが綺麗であるために少し気にかける事を意識してみてはいかがでしょうか?大掃除なんかで頑固な汚れと戦わずに済むかもしれませんよ。

Follow me!