ケチャップは体に悪いの?気になるカロリーと塩分について解説!

ちょっと酸味のあるケチャップが大好き!

と思っている人も多いのでは?と思います。もちろん私も大好きです。

この酸味がたまらず、ついついかけ過ぎてしまい、ケチャップだけを食べてしまう!なんていうことになることもありますよね?

いくら大好きとはいえ、ケチャップを摂取しすぎるのは体に悪いのでは?と思ったり、食べ過ぎは不健康のもとなの?気になるカロリーと塩分は?など、いろいろ自分の体への影響が気になるところです。

そんなケチャップについて調べてみました。

スポンサードリンク

ケチャップは体に悪い?食べすぎは不健康のもと!

幅広い世代から愛されているからこそ、かけ過ぎてしまい食べてしまうケチャップ。

そもそもケチャップはトマトケチャップと言うくらいですから、原料にはトマトがベースになっていてトマトは野菜だし、きっと体にいいに違いない!

ケチャップをいっぱい食べても大丈夫!

なんて言うふうに理解していませんか?

確かにトマトは野菜だし、β-カロテンやリコピンの他にもビタミンAやビタミンCが豊富に含まれている、良いところ取りの野菜です。

しかし食べ過ぎてもいいと言う訳ではありません

食べすぎはケチャップに含まれている成分の過剰な摂取や、体質によっては胃痛や腹痛にも繋がっていきます!

せっかく美味しいケチャップを使った料理を食べたのに、後で後悔をしてしまうことになります。

トマトケチャップに限ったことではないのですが、偏った成分の過剰な摂取は逆に不健康な体になるのです。

人の体は満遍なく必要な栄養素を摂取することで、健康な体が作れます。

ケチャップの気になるカロリーと塩分は?

ケチャップを食べ過ぎてしまった!と言うときに気になるのが、ケチャップに入っているカロリーや塩分ですよね?

食べてしまった後に後悔しても、もう遅いですよね。

後悔する前にケチャップに入っているカロリーや塩分を知っておくと、後悔しなくてすむかもしれません。
では、そのカロリーと塩分はケチャップにどのくらい入っているのでしょうか?

カロリー 18kcal(大さじ1杯あたり)
塩分   0.5g(大さじ1杯あたり)

この数字だけをみると、大したことのない数字に見えてしまうのですが、カロリーも塩分も1日に摂取する目安があるので、ケチャップだけをたくさん摂取する訳にはいきません。

カロリー(成人)
男性  2,000〜2200kcal
女性  1,400〜2000kcal
塩分(成人)
男性  7.5g未満
女性  6.5g未満

が目安なので、ケチャップ以外に含まれるカロリーや塩分も一緒に摂取すると、あっという間に過剰摂取になってしまいます

くれぐれもケチャップの過剰摂取には注意してくださいね。

ケチャップは食べすぎるとほかにどんな影響があるの?

トマトケチャップに含まれている成分で、1番気にしなくていけないのが糖分です!

えっ!?︎ケチャップは酸味が強い感じがするから、酢じゃないの?と勘違いするかもしれませんが、違います。

同じ調味料のマヨネーズと比べてみると・・・

ケチャップ 3.8g(大さじ1杯あたり)
マヨネーズ  0.5g(大さじ1杯あたり)

こんなに違いがあります!
では、糖分を摂取しすぎるとどうなってしまうのでしょうか?

摂取しすぎると体のなかの「GI値」が上がってしまいます。

GI値というのは血糖値の上昇を表すもので、糖分をたくさん摂取すると、この数字が高くなります。

GI値
ケチャップ 30
マヨネーズ 15

このようにケチャップはマヨネーズの倍ほどになります。

過剰摂取が続くと糖尿病や肥満の原因に繋がっていきます。

ケチャップが美味しいのは分かります!

ですが摂取しすぎは体に負担がかかることを忘れないで下さい。

スポンサードリンク

ケチャップは体に悪い?まとめ

今回はケチャップは体に悪いのか解説しました!

ケチャップを摂取しすぎることで気になるのは、ケチャップに入っているカロリーや塩分など、体への影響が気になるところです。

幅広い年代に愛され、調味料として欠かせないケチャップですが、摂取しすぎには注意して、ケチャップを使った料理を楽しんで下さい。

Follow me!