香水の捨て方!開かない瓶の開け方・正しい対処方法とは?

香水は見た目もデザイン性に優れていて、置いておくだけで気持ちが上がりますよね。

色々な香りを試したくなって買い集めたり、プレゼントされたりと増えやすいのですが、なかなか最後まで使い切るのは難しいものです。

いざ捨てようと思っても「香水瓶が開かない!どう捨てたらいいの⁉」と悩むところ。

スプレータイプの香水は金属(ディスペンサー)部分と瓶(ボトル)部分がしっかりと接続されていて、簡単には開かないようになっています。

さらに中身やパーツごとに捨て方が異なるのでしっかり分別してから処分する必要があります。

今回は香水の捨て方について詳しく解説していきます。これであなたも溜まった香水とさよならできますよ!

スポンサードリンク




開かない香水瓶の開け方

香水を処分するにあたって、中身がこぼれたり手についてしまうと強い香りが染み付いてしまう可能性があるため、庭やベランダなど出来るだけ風通しの良いところで新聞紙などを敷いて行うようにしましょう。

準備するものはこちら

・ニッパー
・マイナスドライバー
・新聞紙とキッチンペーパー
・大きめのジップバッグ
・軍手(ビニール手袋)
(1)ビニール手袋をした上から軍手をします。

瓶と金属(ディスペンサー)の接続下部にマイナスドライバーを差し込んで、金属部分が少し浮くまで持ち上げてください。

この作業は力んでケガをしてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

(2)隙間ができたらニッパーで縦に切れ目を入れていきます。
(3)そのまま金属部分を引き抜きます。

ビンが破損すると危険なので、マイナスドライバーとテコの原理を利用して無理な力を加えないようにしましょう。

香水の中身の捨て方

瓶さえ開いてしまえばもう一息です!

大きめのジップバッグの中に新聞(もしくはいらない布でもOK)とキッチンペーパーを入れて香水を吸収させていきます。

新聞だけでは消臭効果だけでなかなか吸水してくれないので、キッチンペーパーも合わせて使った方がいいです。

最後はしっかりと閉じて密封しましょう。万が一、漏れたり破れたりすることが心配な場合はもう1袋重ねて入れてくださいね。

ジップバッグはそのまま燃えるごみに捨ててください。

そんな面倒なことはしないで、トイレや洗面で流しちゃえばいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、香水には油分が含まれていて排水管の損傷の原因になったり、強い香りが部屋中に充満したりするので絶対にしない方がいいです。

香水のパーツの捨て方

その他の部分は洗って分別してから捨てます。

ビンは「ガラス・瓶」ですがプラスチック製のボトルであればプラごみとして捨てましょう。

ディスペンサー部分にはプラスチックや金属が使用されているので各自で見きわめて自治体の分別ガイドにしたがって捨ててくださいね。

香水の中身が入ったまま捨ててもいい?

香水の中身は「香料+アルコール+蒸留水」でできています。

中身が入ったまま燃えるごみなどで捨てると爆発する危険性があります。開かないからといってそのまま捨てるのではなく、絶対に分解して中身と別に処分するようにしましょう。

とはいえ、そもそも捨てるのはもったいないと思われる方もいますよね。
そんな時は最後までしっかり活用してしまいましょう。

香水の中身を捨てないで活用する方法

香りを利用して小物を手作りする

・ルームフレグランス
・サシェ
・芳香剤
・アロマバス など

フリマアプリを利用して欲しい人に譲る

ただし香水には未使用で3年、使用済みで1年という使用期限があります。さらに保存状態によっては変色していたり、香りが変わっていることも十分にあり得ます。

この方法が活用できるかは香水の状態を十分に見極めて下さいね。

スポンサードリンク




香水の捨て方!開かない瓶の開け方・正しい対処方法とは?【まとめ】

香水の捨て方を紹介させていただきました。開かない香水瓶に悩まされていましたが、いかかでしたか?

中身が入ったまま捨てるのは絶対にNGで、ディスペンサーさえ外れてしまえばなんとか処分できそうですよね。

でも、はっきり言ってめんどくさくないですか?!

なので私は「使いきれるくらい気に入った香りのみ購入する」か「いただいたものや失敗したなと思う香りは使用期限内に売却するなどして手放す!」

これがベストな香水の扱い方だと感じました!みなさんもくれぐれもたくさん溜め込まないように気をつけて下さいね。

Follow me!