まな板は分けるべき?肉魚野菜など雑菌予防の便利グッズを解説!

みなさん、こんにちは!
最近は暑くなってきましたねー。
こんな時期、キッチンに立つママ達は衛生面との戦いがスタートしますね。

そう!食中毒の季節。

めちゃくちゃ怖い食中毒から身を守るにはキッチンの衛生面から。

みなさんは食品を切るとき、まな板は分けますか?それとも切る順番に気を付けてですか?

私は分けてます。

私は匂い写りも気になりますし、お肉やお魚みたいな血液が出るものを切った後にお野菜とかはいくら洗っていてもどうしても受け付けないので、分けてます。

それに生のお肉やお魚には食中毒を招く雑菌があると聞くので怖くて分けてます。

今回はまな板を使い分けしてる方必見なグッズを見つけたので紹介していきたいと思いますので、これから分けようかなと思ってる方も最後までよろしくお願いします!

スポンサードリンク

まな板を分ける必要性は本当にあるの?

まな板を肉や魚と野菜等別の食材を切る場合には都度、別ける必要はあるのでしょうか。

結論を言いますと、まな板を別ける必要性はあります。

例えばお肉でも鳥と豚には食中毒を招く雑菌がいますので、切ったまな板のまま生で食べる物を切ったりしては食中毒の原因になります。

お魚も青魚、赤身、白身魚というお魚は一緒に切るのも風味が変わったりしますしお魚も食中毒の原因になります。

野菜もそうです。

しかしその都度洗うという方法を取るのは当然なことなのですが、手荒れしやすい方とか洗い物が苦手な方はやはりまな板を分けることが大事かと思います。

それだけでも少しは違います。

まな板を分ける便利グッズ

Joseph Josephのまな板シート

Joseph Josephさんのまな板シートはAmazonで4枚セットで約3000円から売ってる商品です。

こちらはインデックスが付いてて、ファイルボックスみたいなケースに入ってて収納しやすいです。

インデックスにはお肉、お魚、野菜、その他と分けれるように4枚セットになっています。

ケースもカラーがオシャレなシルバーやホワイト、オパールという3色展開になっています。

ダイソーのまな板シート

ダイソーにもまな板シートの類似商品、ありました!

Joseph Josephさんの方には仕切り付きのケースですが、ダイソーさんは仕切りなしのファイルボックスのようなケースに入ってて、同じ枚数が入ってる商品です。

こちらは500円商品なので100円ショップにしては少しお高めですが、Joseph Josephさんは安くて3000円で、高くて約7000円してしまうのを考えるとめちゃくちゃコスパです。

別に仕切りなんていらないっていう方にはオススメです。

スポンサードリンク

まな板は分けるべき?【まとめ】

やはり衛生面や味とかのことを考えるとまな板はその都度洗うのも大切ですが、分けてまとめて洗うほうがいいのかなぁと感じました。

普通のまな板シートだと何用にしていたか忙しいと忘れてしまう可能性もなくはないのでインデックスが付いてるとありがたいですよね。

しかもケースが付いてると収納に困らなくていいです。

私個人的には仕切り付きは魅力的ですが仕切りがあるとケースを洗うのが大変そうなので、ダイソーさんの方がいいと思いました。

洗いやすさ重視したいので、私はそちらをオススメします。

今回はまな板の衛生面について考えながらまな板を分ける必要性についてお話させていただきました。

この時期だからこそ考えたい衛生面。

雑菌は本当に恐ろしい…。

私は呼吸器系も弱いし肌も弱いのですぐ手荒れするからこまめに洗うのが苦手でハイターはなるべく使いたくないってことも分けてる理由としてあるのですが、こうやってしっかりと分けれるまな板はありがたい!

これを読んだ皆様が少しでもまな板を分けることの重要性を知っていただいて、分けよう!ってしてくれたら嬉しいです。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

Follow me!