電子レンジがダメな容器とは?耐熱温度や素材を理解してトラブル回避!

みなさん、電子レンジで使用していい容器とダメな容器、しっかり理解していますか?

耐熱容器だと思って使用したら変形してしまった!これは電子レンジで使用しても大丈夫な容器なのかな?

という経験はありませんか?

本記事では、電子レンジで使用可能な食器、容器、耐熱温度をご紹介していきます。

スポンサードリンク

電子レンジがダメな容器とは?プラスチック容器の見分け方

100円ショップなどで売っているタッパーなどのプラスチック容器は、電子レンジで使用してはダメなものと、使用して良いものがあります。

ですが一目見るだけではその違いを見分けることは難しいでしょう。

そんなプラスチック容器の簡単な見分け方をご紹介します。

結論を言ってしまえば、プラスチック容器が電子レンジで使用してはダメな容器なのか良い容器なのかを見分ける方法は、底面を見れば良い話です。

底面に、『電子レンジ使用可』または『レンジ対応』、『電子レンジ使用不可』『レンジ非対応』など書いてあるものが大半です。

しかし、底面に上記のような文字が書いていないものも中にはあります。そんな時はどうやって見分ければ良いのでしょうか?

そんな時は、プラスチック容器の底面に記載している耐熱温度を見ると電子レンジで使用してダメなのかがわかります。

『耐熱温度140度以上』と記載されていれば使用が可能です。

ですが、プラスチックの容器は可能でも、フタは使用できないことがほとんどです。

フタの耐熱温度も、容器の底面に記載されているので、レンジで使用する前はしっかり、フタの耐熱温度も確認しましょう。

容器は電子レンジ使用可能でも、フタは使用不可能であった場合は、蓋を外し、ラップをかけてから使用しましょう。

基本的に電子レンジ使用可能な容器とは?

それでは、ネットで調べると基本的に電子レンジ使用可能とどのサイトでも言っている容器をご紹介します。

①耐熱温度が140度以上と記載されているもの
②陶器、磁気
③耐熱性があるガラス

以上の三つが、電子レンジで使用可能な容器であります。

※ただし、耐熱温度が140度以上と記載されていても、油が多いシリコン容器など、使用条件によっては電子レンジで使用不可な場合があります。

電子レンジで使用可能でも、、、

さて、ここまで電子レンジで使用可能な容器の条件をご紹介してきました。

今どきの電子レンジにはオーブン機能もついているものが大半かと思います。

電子レンジで使用可能だからといってオーブン機能では使えるとは限りません。

それでは、オーブンで使用していいものはどのようなものでしょうか?

電子レンジでは、耐熱温度140度以上とご紹介しましたが、オーブンでは、耐熱温度300度以上に耐えられるものでないと容器が破損したり、使い方によってはレンジが壊れてしまう可能性があるので、そこもしっかりと確認してから使用するようにしましょう。

冷凍するのにも『耐冷温度』があった!?

ここまで、熱を加えるときの温度や容器を紹介しましたが、実は冷凍保存するときの耐冷温度もあることをご存知でしたか?

冷凍保存する際、熱を加えるわけじゃないからなんでも大丈夫でしょうと思って保存し、いざ使おうと思ったら容器が破損していた。なんて経験はないですか?

冷凍庫の温度はマイナス18度程度に設定されているため、耐冷18度以下の容器を使用することをお勧めします。

スポンサードリンク

電子レンジがダメな容器とは?【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

電子レンジで使用可能な容器、わかっているようで意外と知らないことがありましたよね?

また、レンジで使えるからといってオーブン機能で使えるとは限りません。

レンジでこの容器は使えるのかな?と疑問に思ったら、しっかりと底面で『電子レンジ可能』『オーブン使用可能』や、耐熱温度を確認してから使用しましょう。

そして、冷凍保存の際にも『耐冷温度』があることは知っていましたか?

実は私、この記事を書くために調べていて、初めて耐冷温度があることを知りました。これからは耐熱温度の他に、耐冷温度もしっかり調べてから使用したいと思います。

最後に、もちろんですが、アルミホイル、アルミ製のボウルなどは間違っても電子レンジで使用してはダメですよ。

火花が散って火事になる恐れがあり、危ないです。ズボラ無知な私は以前、アルミ製のボウルを電子レンジに突っ込んで主人にこっぴどく叱られました。みなさんも、気をつけてくださいね。

それではまた、お会いできることを楽しみにしています。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!