電子レンジのwifi対策する方法とは?途切れる電波干渉の原因を解説!

電子レンジと言えば、もはや家庭によっては調理の主役になっている!なんてこともあるかもしれないほど万能で優秀なものですよね。

手軽に暖かい料理がすぐに食べられる電化製品の必需品と言っても過言ではないかもしれませんよね?

一方、インターネットが普及するこの時代で、家庭内でのwifiの使用は生活の必需品と言ってもいいくらいですよね。

しかし、その電子レンジが生活の必需品であるwifiに何らかの影響を与えていることはご存知でしょうか?

その影響についても理解することで家庭内の必需品を理解して、より良い時間を過ごせるようになりますよ。

スポンサードリンク

電子レンジのwifi対策!

「自宅で何だか最近よくwifiの接続状況がよくないな」と感じることはありませんか?

実はwifiが途切れるのは電子レンジが原因かもしれません。

えっ?電子レンジ?と思うかもしれませんし、電子レンジが原因なんて思いもしませんよね。

ですが事実、電子レンジが原因でwifiが途切れることもあるんです。

これは電子レンジがwifiに対して干渉するという事なんですね。

wifiが電子レンジの電波に干渉することはある?

電子レンジでwifi電波に対して干渉すると言うのは本当です。

じゃあ、逆にwifiが電子レンジに干渉する事はあるの?と思いますよね?

しかし実は電子レンジ側は干渉を受けないのです。

何で?と色々疑問に思うことはありますが、なぜなら電子レンジはwifiと同じ周波数で電磁波を受信する電化製品ではなく電磁波を発する電化製品であるからです。

なので電子レンジ側が干渉を受けることはないのです。

影響を受けやすいのは自宅で携帯電話やパソコンでwifiを使用している時になるのです。

じゃあ、電波が干渉になる原因は何だろう?と思う疑問について考えて見ましょう。

電子レンジがwifiに干渉する原因

電子レンジとwifiに何の関係もないように思うかもしれませんが、実は大きな共通点があるんです。

電子レンジは電磁波を利用して、いつも温かい料理を家庭に提供しているんです。

その電磁波の周波数は2.4GHz帯です。

周波数2.4GHz帯はwifiの周波数と同じ周波数なのです。

この同じ周波数であることが原因で障害が発生しましまうのです。

電子レンジが発する周波数とwifiの発する周波数を同時に使用すると、その周波数同士がぶつかることで、ノイズは発生してしまうのです。

電子レンジのwifi対策とはその周波数が原因で通信に支障をきたしてしまうのです。

この原因を知っていれば対策もできるんです。

自宅でwifiを接続すると複数の接続先が表示されますよね?

その表示された接続先の中に5GHzと表示されているものに接続する事です。

電子レンジと同じ周波数の接続先でwifiを使用しないことで対策できます。

スポンサードリンク

電子レンジのwifi対策!【まとめ】

もし自宅でwifiの接続状況が悪いと感じたら自宅にある電子レンジが原因かもしれません。

多くの家庭で料理の戦力として活躍している電子レンジですが、その電子レンジの発する周波数が2.4GHzであることが原因でwifiが干渉しているかもしれません。

それはwifiも同じ周波数であることから通信に障害が発生してしまいます。

その際に電子レンジ自体は電波を受信することはないため、電波を受信して通信をする携帯電話やパソコンが影響を受けるのです。

時には干渉ではなく携帯電話やパソコンのwifiが途切れることもあります。

対策としては電子レンジと同じ周波数である2.4GHzでwifiを接続せずに、自宅のwifiの接続先に5GHzと表記されているものに接続することで対策できます。

自宅以外でも同じようなことが発生したら周囲を確認してみて下さい。
もしかしたら思わぬところに電子レンジがあるかもしれません。

そのときは接続先をよく確認して快適なwifi通信を楽しんでください。

Follow me!