お酢を使うとお肉が柔らかくなる理由ってなに?その効果は!

みなさんはたくさんある食べ物の中でなにが一番好きですか?

食べ物の中でもお肉が一番好きだ!という人はたくさんいるのではないでしょうか?

いろんなお肉はありますが、どれも確かにお肉って美味しいですよね!

好みにもよりますがお肉といってもいろいろある中で、人によっては柔らかいお肉のほうが食べやすいと思っている人も!

そんな人にオススメなのがお酢です。

お肉はお酢を使うと柔らかくなります。果たしてその理由とは一体なに?その効果は!

今回はそんなお酢を使うとお肉が柔らかくなる理由と、その効果について調べてみました。

スポンサードリンク

お酢を使うとお肉が柔らかくなる理由ってなに?

よく料理のレシピに「お酢を使うとお肉が柔らかくなる」なんてコメントを見かけることありませんか?

お酢が実はお肉を柔らかくしてくれる働きをするんです。

お肉が固い原因は繊維状のタンパク質であるからなのです。

お酢でお肉が柔らかくなるのは、お酢を使うとお肉が酸性になるからです。

酸性になるとpH値がさがって、水分を保持することが多くできることから、お肉が柔らかくなるんです。

すなわち酢酸の液体はお肉を溶かしてしまうということです。

お酢でお肉が柔らかくなるなんて、本当に不思議ですよね。

お酢の効果ってどんなもの?

お酢を使って柔らかくしたお肉を食べても美味しい!って思うけど、その効果ってなに?
疑問に思いますよね。

美味しいのは確かに美味しいです。
好みにもよりますが、お肉を柔らかくすると本当に美味しくなります。

でも、お酢を使う手間をかけてまで、美味しくしたお肉を食べると、どんな効果があるんだろう?もしかして意味がない!

そんなことはありません。

お酢を使うことでたくさんの効果があります。

効果①
お酢にはカルシウムを吸収するのを助けてくれる効果がある。

効果②
疲労回復を助けてくれる。

効果③
食欲を増加させてくれる。のと同時にダイエット効果もあります。

このようにお酢を使ってお肉を柔らかくすることで様々な効果があるのです。

ぜひ、試してみて下さい。

お酢を使ったオススメのお肉の料理といえばなに!

もしかするとビックリするかもしれません。

お酢を隠し味としてオススメな料理はカレーなんです。

えっ!?︎あのカレーが!酸っぱくなるんじゃない?と思ってしまっていませんか?

全くそんなことありません!

カレーにお酢を入れるとどうなってしまうのか!

お酢の効果①
カレーのお肉を柔らかくする

お酢の効果②
スパイシーさを柔げてくれる

お酢の効果③
カレーのコクを増加させてくれる

カレーにお酢を入れることでこんなにカレーを変えてくれるのです。

でも、カレーを作っている完成するまでどのタイミングでお酢を入れればいいの?
確かにお酢を入れるのはポイントですよね。

お酢を入れるタイミングはお好みで大丈夫ですが、2パターンあります。

パターン①
火を止める直前にお酢を入れる

酸味を残したい人はこのタイミングで入れるのがオススメです。

パターン②
加熱中にお酢を入れる

甘みや旨みを残したいや増加したい場合は加熱中に入れるのがオススメです。

お酢を入れる量はお好みで大丈夫です。

お酢は加熱してあげることで酸度が上昇します。お酢には蒸発しにくい糖類やアミノ酸がたくさん含まれているのです。

加熱することで糖類やアミノ酸の濃度が上がって酸味が柔らかいと食べたときに感じるようになるのです。

このことからカレーにお酢を入れるのがオススメなのです。

一度、カレーにお酢を入れるとやめられなくなりますよ。

スポンサードリンク

お酢を入れると肉が柔らかくなる理由【まとめ】

酸っぱさのイメージのあるお酢がお肉を柔らかくする働きがあります。

お肉には繊維状のタンパク質がであるからなのです。これがお肉が固い原因ですね。

お酢を使うことでお肉が酸性になり、pH値がさがるのです。
結果、水分を保持することが多くできることから、酢酸の液体はお肉を溶かしてしまうということです。

お酢は加熱してあげることで酸度が上昇して、お酢には蒸発しにくい糖類やアミノ酸がたくさん含まれています。加熱すると糖類やアミノ酸の濃度が上がって酸味が柔らかいと感じます。

お肉を柔らかくするのにお酢を使ってみてはいかがでしょうか?

お肉の美味しさに気づくかもしれませんよ。

Follow me!