コバエの温度や湿度事情は?発生を抑えたり熱湯で撃退しよう!

コバエは温度の高く暖かい夏に発生します。

どんなところに集まりやすいかまた、温度だけでなく湿度も関係あるのかを解説していきます。

お風呂場などにも、コバエが発生した時に熱湯を使って駆除ができるのか?

その他の簡単な、対処法や、その理由についてもご紹介していきます。

スポンサードリンク

コバエは温度や湿度によって発生の関係あるのか

コバエの発生しやすく寄ってきやすい条件として温度25~30度 湿度70%になると大量発生します。

他にも、コバエは不衛生な所を好みます。

温度が25度以上 湿度が70%は不衛生な環境と、どちらとも重なってしまうと大変なことになってしまいます。

湿度や温度が高くなってくると常温に置いてる食品も腐敗するのがとても早くなります

なので余計にコバエを寄せ付けるのでつけてしまう環境を作りやすくなっていることをしっかり理解し冷蔵庫にすぐ入れるなどの対策をしっかりしましょう

また、コバエは産卵をするときに水たまりがあるところで行動します。

暑い夏と水周りだけ考えると観葉植物を家の外に置いている人はコバエが非常によってきすい原因にもつながります。

コバエは熱湯で撃退できるの?

コバエはお風呂場にも、非常に発生しやすいです。

お風呂だと、沢山ある対策の中でも、普段から水をよく使う場所なのでなかなか、対策が難しいです。

そこで、お風呂周りだからできるのが、熱湯での駆除です。

実際に、効果はすごくあります。

温度は、60℃~70℃くらいのお湯で駆除ができます。

1度ではなかなか、駆除しきれないところもあるので、2日間に分けてやると、効果的です。

また、排水溝の周りに氷を置くのも、とても効果的です。

小バエは温度と湿度が、高いところに集まります。

そのため、氷を使うことによって、小バエの住みずらい環境を作ることができます。

お風呂掃除のついでに、できることなので、非常に簡単です。

コバエが死ぬ条件と寄らなくなる対策

一般的に家で見かける、コバエの寿命は、約1~2ヶ月と言われており、コバエの中では比較的長い方です。

ですが、コバエは1回の産卵で 約200個という、大量の卵を産卵します。そのため、1匹駆除できたとしても、次から次へと、コバエは増え続けます。

また、駆除をしていないと、1~2ヶ月とはいえ、コバエが多く発生してくる6~9月頃のほとんどをコバエと一緒に生活しなくてはなりません。

コバエの駆除をしっかり行うために、死ぬ条件や対策もしっかり理解しておきましょう。

コバエは、体全体に油をまとってます。

そのため、水だけでは、駆除はできません。

先程も、お伝えしましたが。熱湯で油を一緒に落とすことが出来るととても効果的ですし、洗剤を使って駆除する方法もあります。

コバエがよってくる理由を理解していれば、常に衛生面を保っておけば、餌がなくなり、小バエは姿を消します。

スポンサードリンク

コバエの温度や湿度事情は?【まとめ】

いかがだったでしょうか?

コバエは、不衛生なところによってくるのはもちろんですが、他にも温度と湿度にも、深い関係がありました。

温度が25~30° 湿度が70%以上の環境はコバエがよって来やすいです。

さらに、腐った商品や食べ残した物、生ゴミなどがあると、さらに寄せ付けやすい原因につながります。

部屋の中の対策ができていても、お風呂場に湧いた時の対策がなかなか、できないと思います。

そこで、シャワーの熱湯を使うことによって効率的にコバエを駆除することができます。

そして、お風呂掃除後に、氷を排水溝に置くだけで周りの温度が冷えて、コバエ対策の一つにもつながります。

どんどん増えてくる季節なので、しっかり対策をしてコバエに悩まされない夏をすごしましょう。

Follow me!