草刈りで使える道具は100均にもある?使い方はアイディア次第!

みなさん100均にはどのくらいの頻度で行かれますか?

生活用品から衛生用品まで数多くの商品が販売していて、行く機会も多いのではないかと思います。

そんな100均で、草刈りで使える道具まで売っているのはご存知でしょうか?

ホームセンターでも買えるものが、意外に100均でも売っていたりします。コストパフォーマンスが高く便利な商品をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

100均でも購入できる草刈り道具といえばこれ!

草刈り鎌

手刈りの場合、これがなくちゃ草刈りできません。

鎌の部分が普通の刃のものと、のこぎりのようにギザギザになっているもの、どちらもよく切れてホームセンターに売っているようなものと遜色のない商品です。

お庭の手入れくらいでしたら十分活用できるでしょう。

細かいところにも使えて便利です。ただ安い100均だけあって、刃の部分はあまりいい品質ではないと思われます。

使用後にきちんと手入れして保管しなければ、すぐ錆びてしまいます。

使用後は汚れを取りよく乾かして、室内に保管するようにしましょう。長持ちさせればコスパ最高ですね。

軍手

草で手を切ったり汚れたりしないように、草刈りで不可欠なのが軍手ですね。背抜き加工された軍手も100均で売っています。

背抜き加工とは、手のひら側はゴムや樹脂の素材で、手の甲側は布製なので、通気性がいい特徴があります。滑りにくいし蒸れにくいのでおすすめの道具です。

熊手

草狩り後の雑草の片づけも面倒ですが、私は熊手でかき集めて少し乾燥させてから捨てています。

100均にもちゃんと竹で出来た熊手(レーキ)があります。

長さは80㎝くらいなので、小ぶりで軽量です。

そこが人気の理由で、片手で掃きながらもう片手でちりとりや袋を持つことができるので便利です。

外で雨ざらしの直射日光が当たる場所なんかに置いておくと、竹が折れたり曲がったりする原因になりますので気を付けてください。

アイディア次第で便利アイテムに変身!

レジャーシート

刈り取った草をそのままゴミに出すと、かさが多くてすぐゴミ袋いっぱいになってしまいます。

我が市町村では雑草を捨てる時は『減量化のため、十分乾燥させてから出してください』と注意書きがあります。

なので私は草刈りの時は近くにレジャーシートを置いて、刈り取った草をポイポイ置いたり、熊手でかき集めた雑草を置いたりして乾燥させてからゴミ袋に入れます。

レジャーシートだと動かしやすく、ゴミ袋にも入れやすいです。レジャーシートは私が使っているので例に出しましたが、シート状なら何でもOKです。

通常の用途とは違う使い方ですが、100均で買えるのがいいですよね。

調べてみると某100均で四隅にスナップボタンがついていて高さができる、園芸シートがあるようです。

この高さがあるおかげで土やゴミがこぼれにくくなって使いやすいのが嬉しいですね。ぜひお確かめください。

火ばさみ・炭ばさみ

いろいろな名前で売っているのですが、キャンプなどで炭を扱う時に使う大きなトングみたいなものです。

変なところに一本だけ伸び伸び育っている雑草がいたりしませんか?

そんな雑草に先端をぐさりと刺して、根本を切ってから挟んで持ち帰るという、通常とは違う使い方ができます。

100均で買えるので私はそれ専用で1本持っています。

他にもゴミを拾ったり手で触りたくない虫を拾ったり、田舎の家ではなかなか使用頻度の高いコスパのいい商品です。

スポンサードリンク

草刈りで使える道具は100均にもある?【まとめ】

100均商品の使い道は未知数です。

草刈り道具として売っているもの、アイディア次第では便利商品になるもの、行ってみると新たな発見があるかもしれません。

ガーデニング商品はもちろん、アウトドア商品のところなどを覗いてみると、関連道具が意外にあるかもしれません。

Follow me!