父の日が第三日曜日なのはなぜなのか?世界と日本の違いに迫る

父の日は、父親に感謝の気持ちを伝える日です。

しかし、父の日はいつなのか、どうしてその日になったのか、ご存知でしょうか?

実は、父の日は国によって日付が異なります。

日本では、第三日曜日になっていますが、これには歴史的な理由があります。

この記事では、父の日の起源と、なぜ第三日曜日になったのか、世界と日本の違いについて解説します。

スポンサードリンク

父の日の起源はアメリカ

父の日の起源は、アメリカにあります。

1909年、ワシントン州のスポケーンで、ソニーラ・ドッドという女性が、父の日を提唱しました。

彼女の父親は、南北戦争の退役軍人で、妻を亡くした後、6人の子供を一人で育てました。

彼女は、母の日があるのに父の日がないのは不公平だと思い、父親の誕生日である6月19日に父の日を祝うように運動しました。

彼女の提案は、地元の教会や商工会議所などの支持を得て、1910年にはスポケーンで初めて父の日が祝われました。

その後、アメリカ全土に広まり、1972年には大統領令によって、6月の第三日曜日が正式に父の日と定められました。

父の日が第三日曜日なのはなぜ?

日本では、父の日は戦後に始まりました。

1949年、日本産業振興会が、アメリカの父の日に倣って、6月の第三日曜日を父の日とすることを提案しました。

当時、日本は敗戦の影響で、男性の社会的地位が低下していました。

父の日は、男性の自信と家族の絆を回復するためのキャンペーンとして展開されました。

しかし、当初はあまり浸透せず、1950年代には一時期、5月の第三日曜日に変更されたこともありました。

その後、1966年には、日本洋菓子協会連合会が、6月の第三日曜日を父の日とすることを決定し、父親に洋菓子を贈るという習慣が広まりました。

1970年代には、ネクタイやカーネーションなどのプレゼントも定着し、現在の父の日の形になりました。

世界の父の日は様々

父の日は、国によって日付や意味合いが異なります。例えば、以下のような国々があります。

*タイ:12月5日

国王の誕生日であり、国民の父として敬われる日です。

この日は、国旗とともに、国王の写真や肖像画を飾ります。また、男性は黄色の服を着て、父親にカヌンマーラーというバナナの花を贈ります。

*ドイツ:5月の第四木曜日

キリスト昇天祭の日であり、男性の日とも呼ばれます。

この日は、男性だけでハイキングやピクニックに出かけて、ビールやウィスキーなどを飲みます。

*ブラジル:8月の第二日曜日

聖ヨアキムの日であり、イエス・キリストの祖父とされる人物です。

この日は、父親に花やカードを贈ったり、レストランに連れて行ったりします。

スポンサードリンク

父の日が第3日曜日はなぜ?【まとめ】

父の日は、父親に感謝の気持ちを伝える日ですが、それだけではなく、家族のコミュニケーションを深める機会でもあります。

私は、1児の父で、妻と1歳半の娘と暮らしています。

娘はまだ言葉が話せませんが、父の日には、妻が手伝って、手形や絵を描いたカードをくれました。

それを見たときは、とても嬉しくて、感動しました。

私も、娘に抱きしめて、ありがとうと言いました。父の日は、父親としての自覚と責任を感じる日でもあります。

私は、娘にとっての良い父親になれるように、日々努力しています。

父の日は、なぜ第三日曜日なのか、世界と日本の違いについて、ご紹介しました。

父の日は、国や文化によって様々な意味や習慣がありますが、共通するのは、父親への敬愛の気持ちです。

父の日には、父親に感謝の言葉を伝えるだけでなく、一緒に過ごす時間を大切にしましょう。

父の日をもっと楽しむためには、父親の趣味や好みに合わせて、プレゼントやイベントを考えるといいでしょう。

父の日は、父親と子供の絆を深めるチャンスです。

父の日を通して、家族の幸せを感じましょう。