父の日に体にいい食べ物を贈ろう!持病に効くレシピ3選

父の日には、いつも頑張ってくれるお父さんやおじいちゃんに感謝の気持ちを伝えたいですよね。

でも、何をプレゼントすればいいか迷ってしまいます。

特に、高血圧や糖尿病、肥満などの持病を抱えている方には、甘いものや油っこいものは控えたほうがいいでしょう。

そこで、今回は、父の日に体にいい食べ物を贈る方法をご紹介します。

持病に効くレシピ3選を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

父の日に体にいい食べ物おすすめ3選

高血圧に効くレシピ:酢豚風サラダ

高血圧の原因の一つは、塩分の摂り過ぎです。

塩分は血圧を上げる働きがありますので、高血圧の方は塩分を控えることが大切です。

しかし、塩分を控えると味が薄くなってしまい、食べる楽しみが減ってしまいます。

そこでおすすめなのが、酢豚風サラダです。

酢豚は、揚げ物や甘酢のソースが高カロリーで高塩分ですが、このレシピでは、豚肉は焼いて、ソースは酢とハチミツで作ります。

野菜もたっぷり入れて、彩りも鮮やかにします。

酢には血圧を下げる効果がありますし、ハチミツには抗菌作用や抗酸化作用があります。野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

このレシピは、高血圧の方にも安心して食べられる、体にいい食べ物です。

*材料(2人分)

豚ロース肉 200g
塩 少々
黒こしょう 少々
小麦粉 適量
サラダ油 大さじ1
玉ねぎ 1/2個
パプリカ(赤、黄) 各1/4個
ピーマン 1個
キャベツ 2枚
ソースの材料
酢 大さじ2
ハチミツ 大さじ2
醤油 小さじ1
水 50ml
片栗粉 小さじ1

*作り方

1. 豚肉は一口大に切り、塩と黒こしょうで下味をつける。

小麦粉をまぶしておく。

2. 玉ねぎとパプリカはくし型に切り、ピーマンは縦半分に切って種を取り除き、細切りにする。

キャベツはざく切りにする。

3. フライパンに油を熱し、豚肉を両面焼く。

火が通ったら取り出しておく。

4. 同じフライパンに玉ねぎ、パプリカ、ピーマンを入れて炒める。

しんなりしたら取り出しておく。

5. ソースの材料をボウルに入れてよく混ぜる。フライパンに入れて中火にかけ、とろみがつくまで煮る。

6. 豚肉と野菜をソースにからめて、器に盛る。

キャベツを添える。

糖尿病に効くレシピ:豆腐ハンバーグ

糖尿病の原因の一つは、糖質の摂り過ぎです。

糖質は、体内でブドウ糖に分解されて血糖値を上げます。

血糖値が高くなると、インスリンというホルモンが分泌されて、血糖値を下げようとします。

しかし、インスリンの分泌が不足したり、効果が低下したりすると、血糖値が高いままになってしまいます。

これが糖尿病です。

糖尿病の方は、糖質を控えることが大切です。

しかし、糖質を控えるとエネルギー不足になってしまいます。

そこでおすすめなのが、豆腐ハンバーグです。

豆腐は、糖質が少なくてたんぱく質が豊富な食品です。

たんぱく質は、筋肉や骨、皮膚などの体の組織を作るのに必要な栄養素です。

また、たんぱく質は、糖質と比べて血糖値を上げにくいという特徴があります。

このレシピでは、豆腐をひき肉と混ぜてハンバーグにします。

ソースは、トマトケチャップとウスターソースを使わずに、しょうゆとみりんで作ります。

糖質が少なくて、たんぱく質が多い、体にいい食べ物です。

*材料(2人分)

絹ごし豆腐 1丁(300g)
ひき肉 100g
玉ねぎ 1/4個
パン粉 大さじ2
卵 1個
塩 少々
黒こしょう 少々
サラダ油 大さじ1
ソースの材料
水 100ml
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
片栗粉 小さじ1
ブロッコリー 適量
にんじん 適量

*作り方

1. 豆腐は水切りをする。

ひき肉はボウルに入れてほぐす。

玉ねぎはみじん切りにする。

2. 豆腐、ひき肉、玉ねぎ、パン粉、卵、塩、黒こしょうと混ぜて、ハンバーグの形にする。

3. フライパンに油を熱し、ハンバーグを両面焼く。

火が通ったら取り出しておく。

4. 同じフライパンにソースの材料を入れてよく混ぜる。

中火にかけ、とろみがつくまで煮る。

5. ハンバーグにソースをかけて、器に盛る。

ブロッコリーとにんじんを茹でて添える。

肥満に効くレシピ:鶏肉と野菜の炒め物

肥満の原因の一つは、カロリーの摂り過ぎです。

カロリーは、食べ物から得られるエネルギーの単位です。

カロリーが多い食べ物は、脂肪や糖などのエネルギー源が多い食べ物です。

カロリーが多い食べ物を食べると、体が必要とするエネルギー以上に摂取してしまいます。

すると、余ったエネルギーは体内に蓄積されて、体重が増えてしまいます。

これが肥満です。

肥満の方は、カロリーを控えることが大切です。

しかし、カロリーを控えると栄養不足になってしまいます。

そこでおすすめなのが、鶏肉と野菜の炒め物です。

鶏肉は、脂肪が少なくてたんぱく質が豊富な食品です。

たんぱく質は、筋肉や骨、皮膚などの体の組織を作るのに必要な栄養素です。

また、たんぱく質は、エネルギーに変わりにくいという特徴があります。

つまり、鶏肉は、カロリーが低くて栄養が高い、体にいい食べ物です。

このレシピでは、鶏肉を醤油とにんにくで味付けして、野菜と一緒に炒めます。

野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

食物繊維は、便秘を防いだり、血糖値やコレステロール値を下げたりする効果があります。

ビタミンやミネラルは、体の機能を正常に保つのに必要な栄養素です。

このレシピは、カロリーが低くて栄養が高い、体にいい食べ物です。

*材料(2人分)

鶏もも肉 200g
醤油 大さじ2
にんにく 1かけ
サラダ油 大さじ1
しめじ 1/2パック
えのき 1/2パック
ほうれん草 1束
塩 少々
黒こしょう 少々

*作り方

1. 鶏肉は一口大に切り、醤油とにんにくをすりおろしたもので下味をつける。

2. しめじとえのきはほぐす。

ほうれん草は根元を切り落として、3cmくらいの長さに切る。

3. フライパンに油を熱し、鶏肉を両面焼く。

火が通ったら取り出しておく。

4. 同じフライパンにしめじとえのきを入れて炒める。

しんなりしたらほうれん草を加えてさっと炒める。

塩と黒こしょうで味を調える。

5. 鶏肉と野菜を混ぜて、器に盛る。

スポンサードリンク

父の日に体にいい食べ物【まとめ】

父の日には、体にいい食べ物を贈って、お父さんやおじいちゃんの健康を気遣ってあげましょう。

今回は、高血圧に効く酢豚風サラダ、糖尿病に効く豆腐ハンバーグ、肥満に効く鶏肉と野菜の炒め物のレシピを紹介しました。

これらのレシピは、塩分や糖質やカロリーを控えて、たんぱく質や野菜をたっぷり摂ることができます。

また、酢やハチミツや食物繊維などの体にいい成分も含まれています。

これらのレシピは、父の日に体にいい食べ物を贈る方法の一例です。

もちろん、他にも色々なレシピがありますので、お好みに合わせて選んでください。

私は、父の日に父とおじいちゃんを祝っていました。

おじいちゃんは、高血圧と糖尿病を持っていましたが、体にいい食べ物を食べるようにして、元気に過ごしていました。

私は、おじいちゃんの姿から、健康に気をつけることの大切さを学びました。

父の日には、体にいい食べ物を贈るだけでなく、お父さんやおじいちゃんと一緒に食べて、楽しい時間を過ごしてください。

父の日に体にいい食べ物を贈ることで、お父さんやおじいちゃんの健康と幸せを願ってあげましょう。