海水浴でもメイクが落ちないためにはコツがある!おすすめの海メイク

海水浴にしていくメイクって難しいですよね。

「バッチリ可愛くしたいけど、メイク崩れが気になる…」という方は多いでしょう。

可愛い水着を買ったから、メイクも可愛くしたい!

デートだから、しっかりメイクしたい!

写真を撮るのにスッピンは無理!

理由は様々ですが、とにかく落ちにくいメイクがしたいですよね。

海に適した化粧品や、ポイントをおさえれば、崩れやヨレは防げます。

海水浴のための落ちにくいメイク術や、夏のメイクのおすすめをご紹介いたします!

スポンサードリンク

海水浴ではメイクする?しない?

フルメイクする人もいればスッピンの人もいますが、ベースメイク+眉だけの人も多く見うけられます。

「絶対落としたくないけど、しっかりメイクしたい!」という方は、アーティスティックスイミング(シンクロ)選手が使っている化粧品を参考にするのもアリです。

演技後にメイクが落ちた選手は見たことがないので、かなり信頼できます。

どうしても迷う場合は、周りに相談するのがいいでしょう。

デートでも「海水浴なんだからスッピンでいい」という意見もありますよ。

スキンケアで保湿をしっかりと

「夏はベタベタするから化粧水だけ」なんて方いませんか?

実はこれがメイク崩れの原因になるんです!

肌が乾燥していると、肌を守るために皮脂が過剰分泌され、ファンデーションと混ざりあいメイクが浮いてヨレてしまいます。

しっかり保湿をして毛穴を引き締めることが重要です。

化粧水やパックを冷蔵庫で冷やしておくと、ひんやり気持ちよく引き締めてくれます。

皮脂の分泌を抑えたり、毛穴の引き締め効果もある「収れん化粧水」もおすすめ。

しかし収れん化粧水にはアルコール成分が多く含まれているので、敏感肌の方は保湿成分が多いものや、アルコールフリーのものを使いましょう。

もし痛みや炎症などの異常が出た場合は、すぐ使用を止め、皮膚科を受診してください。

スキンケア後は5分ほど時間をおくと、メイク崩れしにくくなります。

日焼け止めはマスト

メイクをする、しないに関わらず、ウォータープルーフの日焼け止めを必ず塗りましょう。

夏の強い紫外線は、肌に大きなダメージを与えます。

肌の乾燥、しわ、シミ、たるみの原因となり、肌の老化を進めてしまうのです。

紫外線の影響は数年たって出てくるので、早いうちからの対策が必要です。

日焼け止めの効果は種類に関係なく2~3時間なので、こまめに塗りなおしましょう。

塗りムラがあると部分的に焼けてしまうので要注意です。

顔だけでなく、露出する部分全体に塗るのも忘れずに!

水と汗に強いメイク術

メイク前にティッシュオフ

余分な油分があると、メイクが肌に密着しづらくなります。

ゴシゴシこするとシミやくすみの原因になるので、軽くおさえるようにティッシュオフしましょう。

海水浴にはウォータープルーフ

メイクは全てウォータープルーフが基本です。

パウダータイプよりもリキッドタイプやクリームタイプの方が、肌に密着して落ちにくくなります。

化粧下地&ファンデーションはムラなく薄く

下地は塗りすぎるとメイクがヨレやすくなるので、薄く全体に広げましょう。

ファンデーションもムラなく塗るのが大切で、指よりもスポンジを使うと均一になじませることができます。

UVカット効果のあるものを使うのもおすすめです。

気になる部分はコンシーラーで

シミやくすみが気になる部分は、コンシーラーを使いましょう。

ファンデーションの厚塗りによるメイク崩れを防ぎます。

フェイスパウダーでしっかりおさえる

フェイスパウダーが汗や皮脂の余分な油分を吸着し、より崩れにくくします。

テカりやすいTゾーンや、ヨレやすい目元に使うのが効果的です。

アイシャドウにカラーを入れて鮮やかに

アイシャドウもリキッドタイプやクリームタイプがベストなんですが、パウダータイプを使う場合は、アイシャドウベースを塗ると目元に密着し、発色も良くなります。

色は赤や黄色の派手めな色がおすすめ。

普段着は落ち着いたものを選んでいても、水着は華やかだったりしませんか?

海水浴では、水着に合わせて鮮やかなアイシャドウを使うと、とっても映えるんです!

日常使いに難しい色を挑戦するのに良い機会ですよ。

抵抗がある方は、アイラインにカラーを入れるだけでも、雰囲気が変わって可愛いくなります。

眉はアイブロウコートでしっかりキープ

眉もリキッドタイプやペンシルタイプがおすすめ。

仕上げにアイブロウコートを使えば、しっかりコーティングされて眉が消える心配もありません。

つけまつ毛より「まつエク」

つけまつ毛も水に強いウォータープルーフがありますが、絶対に取れないわけではありません。

まつ毛が取れるとテンションが下がりますよね。

無難に付けずにいくか、まつ毛エクステがいいでしょう。

コンタクトはNG

カラコンを日常的に使っている方も多いですが、海水浴では外しましょう。

海水に含まれる雑菌がレンズに付き繁殖し、目のトラブルを招く恐れがあります。

とくにソフトタイプは水を含んでおり、海水との浸透圧の違いで変形することも。

海に流されても水中で分解されず、マイクロプラスチックとなり海の生態系を崩す可能性もあるので、外したほうがいいでしょう。

リップとチークで血色良く

ベースメイクを薄くする分、リップとチークで血色を良くするのがポイント。

ティントタイプを使えば長時間キープできるので、メイク直しが難しい海水浴でもおすすめです。

ティントリップは色素沈着しやすいので、メイクオフは専用のリムーバーがベスト。

メイクキープスプレーでしっかりキープ

崩れやヨレだけでなく、発色もキープしてくれます。

ノンアルコールや無香料のものなど幅広く展開しているので、好みのものを選びましょう。

スポンサードリンク

海水浴でもメイクが落ちないためにはコツがある!【まとめ】

落ちないメイクをするためには、スキンケアが重要です。

乾燥が気になるなら、海水浴の数日前からパックなどをして、十分に保湿しましょう。

化粧品はウォータープルーフを使うと、水と汗に強いメイクができます。

日焼け対策も忘れずに!

せっかく気合を入れてメイクをしても、途中で落ちてしまうとテンションが下がって、楽しめなくなりますよね。

一番大事なのは海水浴を楽しむことですから、フルメイクでもスッピンでも、自分が楽しめるように備えましょう。