海水浴ママコーデはおしゃれ初心者の強い味方だった!

夏の訪れとともに、海水浴での楽しい時間が待ち遠しくなりますよね!

その一方で、自分の体型に不安を感じるママたちも多いのではないでしょうか。

体型だけでなく、ママという落ち着いてきたお年頃になってくると、露出を抑えた上品めママコーデに憧れてくるんですよね。

そんなとき、ママコーデにおすすめなのがアレンジ豊富なタンキニ水着です!

タンキニって何?最近新しい水着買ってない、去年の水着をまた着るのは味気ない、そう思ったあなた!この記事を読みながら海水浴の水着選びでわくわくしませんか?

スポンサードリンク

海水浴のママコーデはおしゃれがしやすい!

海水浴って実はおしゃれがしやすいんです。

ママコーデ向け水着は、そもそも体型カバーを意識したデザインが多いので選びやすいし着やすい!ありがたいですね!

お腹周りやヒップをカバーするワンピースタイルや、二の腕をカバーするラッシュガードなど、自分に合ったシルエットを選べますよ。

すでにコーデされているものをセット買いできる、という点も水着ならではです。

トップスやボトムスがセットになっていて、それに合わせたカバーアップやラッシュガードなんかもセット売りしているので、おしゃれ初心者でも安心。

とりあえずセットで揃えるだけでコーディネートが簡単に決まりますよ。

セットで着こなす分、アレンジのバリエーションが豊富なのも嬉しいです。

泳ぐときの動きやすさや体型カバーを優先するもよし、おしゃれを優先するもよしです。

ママコーデにおすすめはタンキニ

タンキニのタンはタンクトップ、キニはビキニからきていて、あわせてタンキニです。

ビキニと同じくセパレートタイプですが、普段着感覚で着られる、露出を抑えたトップスとセットになっているものが多いようです。

言ってしまえば、そのまま海に入れる服って感じですね。

ママコーデにおすすめな理由は、TPOに合わせて着こなしを変えやすいからです。

ファミリー海水浴で子供と目いっぱい遊びたいときは、ボトムスを動きやすくチェンジ!

でも、トップスは紫外線対策ばっちりにUVカットをしっかり着用、という使い方がとても便利。

海水浴だけでなく、ママ友と行くリゾート系プールには、ボトムスを優雅なロング丈に。

トップスに羽織るカバーアップもその時々のトレンドをチョイスしやすいです。

どこをカバーしたい?

タンキニを含めた水着の選び方は、デザインだけでなく、どこをカバーしたいかで決めると失敗が少ないですよ!

二の腕やお腹周りなどには、サラサラ系カバーアップが使いやすくて羽織りやすいです。

裾をしぼって結んでみたりと、スタイルを変えて遊べるのも楽しいですよね。

最近は、オーバーサイズTみたいな水着もたくさんありますよ。

こなれた感を演出できて、都会派の海水浴にマッチします。

おしゃれ系だけでなく、スポーティーなぴったりラッシュガードでも腕の細見えが期待できるようです。

普段スポーティーなかっこうをしないママでも、海水浴ではいつもと違う自分にチェンジしてみるのも楽しいですよ。

足や腰回りが気になる時は、海にも入れるワイドパンツもありますよ!

水着というと足を出すのに抵抗を感じることも。

でも、ワイドパンツならいつものお出掛けコーデみたいに着こなせそうですね。

ワイドなタイプは海では動きづらいかも、という時はレギンスがおすすめ。

海水浴中の足の保護にもちょうどいいですね。

海水浴ママコーデの注意点

思ったより気軽に楽しめる海水浴ママコーデですが、ちょびっと注意点もあるのでおさえておきましょう。

*体型を隠し過ぎない

海水浴場での雰囲気は街中とちょっとちがう、ということを忘れずにいたいですね。

例えば、トップスもボトムスも全身ロング丈だと、街中ではしっくりくるスタイルでも、海水浴場では悪目立ちしてしまうかもしれません。

周りが開放的な水着の人ばかりに囲まれるので、重たい印象にならないよう、デコルテや背中など少し大胆に魅せるポイントがあった方がいいと思います。

せっかくの海ですからね!

*子供の想定外を想定しておく

今日は海には入らない!と心で決めていても、子供に強く誘われたり、子供を全力で追いかけたりと、結局全身濡れてしまうこともありますよね。

完璧なコーデには強くこだわらず、海で楽しい思い出づくりを忘れずにいたいですね。

あと、写真を撮るなら現地に着いてすぐ撮るのがおすすめです、コーデとメイクが崩れる前に!

スポンサードリンク

海水浴のママコーデ【まとめ】

海水浴はママコーデを存分に楽しめる夏のイベント!

海水浴の水着はコーデされたセット買いができる!つまり、ママコーデがしやすいのでおしゃれ初心者でも大丈夫。

ママコーデにはおしゃれと体型カバーを両立させられるタンキニがおすすめ。

タンキニは脱ぎ着しやすいデザインなので、現地でのTPOにあわせて着こなしを変えられるのが魅力。

体型はどこのパーツをカバーしたいのかにあわせてトップスやボトムスを選びましょう。

海水浴の開放的な雰囲気を意識して、自分も少し大胆なくらいでちょうどいいかも。

おしゃれ上級者なら子供とのリンクコーデも出来そうですね。

海水浴ママコーデはママだけでなく、家族みんなが楽しくなる夏の魔法ですよ!