スイカ割りができる場所はどんなトコ?選び方や注意点とは!

スイカ割りは、子どもから大人まで一緒に遊べる人気のイベントですよね。

幼少期に子ども会のスイカ割り大会に参加し、楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

割ったスイカを食べれば水分補給にもなるので、夏にもってこいのゲームです。

しかし、どこでやってもいいわけではありません。

一番メジャーなのは砂浜だと思いますが、他にできる場所はあるのでしょうか?

「あまり遠出はしたくないな〜」と思って探してみると、近場でできそうな場所もありました!

スイカ割りができる場所、やってはいけない場所や注意点もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

スイカ割りができる場所で最適なのは「砂浜」か「芝生の広場」

スイカ割りの公式ルールをつくった、日本すいか割り推進協会によると、「砂浜」か「芝生の広場」がベストだそうです。

ある程度の広さがあり、障害物がなく、万が一転倒してもケガをしにくいからだと思います。

スイカ割りは目隠しをしますが、目を閉じると立っているだけでフラフラしませんか?

人間は、ほぼ目からの情報で生活しています。

視界を遮断すると、慣れない状況でバランスがとれなくなったり、余計な力が入りフラついてしまうんです。

固いコンクリートで転倒すると、大ケガをする場合もあります。

砂浜以外の海岸も、石や砂利が多い場所で目隠しをすれば、足場が安定せずに危ないです。

安全に楽しむために、砂浜や芝生が選ばれたのでしょうね。

近場でスイカ割りができる場所

最適なのは砂浜か芝生の広場ですが、その他にもスイカ割りができる場所はあります。

公園、公民館、学校の校庭、キャンプ場、バーベキュー会場、自宅の庭やガレージなど、身近なところでもできそうです。

それぞれの注意点もあるので、詳しくご紹介いたします。

大勢で集まるなら公園や公民館、学校の校庭も

一番身近にある広いスペースですね。

公園で禁止している場所はあまり無いですが、心配なら問い合わせてみましょう。

公民館は、スケジュールが空いていれば、場所を貸してくれることもあります。

ただし、公民館では年間を通してさまざまなイベントが行われているので、催し物が多い公民館では難しいかもしれません。

放課後や休日の校庭を開放している小学校も、事前に電話などで確認すれば、許可してもらえる場合があります。

実際に私が幼少期のころの子ども会では、近所の小学校の校庭でスイカ割り大会をしました。

「学校」で「スイカ割り」という非日常な特別感があり、子どもながらにワクワクした記憶があります。

スイカが飛び散って地面や遊具を汚さないように、大きめのシートを敷くのがベストです。

ラクに楽しみたいならキャンプ場やバーベキュー会場

キャンプ場やバーベキュー会場では、スイカ割りセットを提供してくれるところもあります。

スイカと道具を自分で用意する必要がないので、手ぶらで気軽に楽しめます。

スイカを切り分ける包丁や、食器や塩までセット内容に含まれている場合もあり、かなり便利です。

道具だけの貸し出しだったり、予約が必要なところもあるので、事前にホームページで確認しましょう。

家族で楽しむなら自宅も可能

家族だけなら、自宅の庭やガレージでも行えます。

スペースに限りがあると思いますが、スイカから半径5mほどスペースを確保できれば、省エネ版スイカ割りができます。

車や自転車、置いてある荷物に棒があたらないように、十分注意してください。

スイカ割りをするために、車などを道路に出すのはダメですよ!

小スペースで行う場合は、シートを敷くより、スイカをビニール袋などに入れるのがおすすめです。

勢いよくスイカが割れても周りに飛び散らず、片付けがラクにできます。

スイカの汁は放置するとベタベタになりますし、虫も寄ってくるので、しっかり対策しましょう。

ただし、スイカや子どもが車道に飛び出さないように注意してください。

敷地と車道の間にサクや門が無い場合は、目をつむって回転する「ぐるぐるバット」は禁止です。

スイカが安定しない場合は、タオルを輪っかのように置き、その輪にスイカをはめるように置くと安定します。

車道を背にして道路側に行かないようにして、必ず大人が見守っている状態で行ってください。

スイカ割りをやってはいけない場所

スイカ割りができる場所を紹介してきましたが、やってはいけない場所もあります。

最適とされる砂浜や広場であっても、人が多い場合はやめましょう。

棒や割れたスイカがあたれば、トラブルを招く原因になります。

人気の海岸は混雑していることが多いので、スイカ割りを予定しているなら、避けた方がいいでしょう。

石が多くて足場が悪い河原や、地面が坂になっている所も、転倒の恐れがあるのでNGです。

少しの坂でも、目隠しした状態では転倒しやすいので、必ず平らな場所を選びましょう。

そして一番やってはいけない場所は「道路」です。

住宅街の中にある細い道路は、車通りも少ないので遊んでいる子どももいますが、とても危険です。

当然ですが、車が来ない保証はないですし、徐行せずに飛ばしてくる車もいます。

ましてやスイカ割りなんてしてたら、すぐに片付けられず、通行の邪魔になります。

歩行者や自転車の方にとっても、かなりの迷惑行為になり、ご近所トラブルの原因になりかねません。

私道も同様です。

進入禁止の看板がなければ、知らずに入ってくる可能性があります。

「いつも大丈夫だから、今回も大丈夫」という油断が事故につながるので、道路では絶対にやらないでください。

スポンサードリンク

スイカ割りができる場所はどんなトコ?【まとめ】

スイカ割りができる場所は、広いスペースが確保できるところです。

最適なのは、砂浜や芝生の広場ですが、公園や学校の校庭でもできます。

キャンプ場やバーベキュー会場でスイカ割りセットを用意してもらえれば、手ぶらで現地に行けるので便利です。

自宅でもできますが、車道に出ないように、必ず大人が目を離さないようにしてください。

道路でやるのは厳禁です。

事故やトラブルを招かないためにも、スイカ割りに適した場所を選んで、安全に楽しんでください!