母の日に商品券を贈るのは失礼?相場やマナーをチェックしよう

母の日には、お母さんに感謝の気持ちを伝えるために、プレゼントを贈る人が多いと思います。

でも、何を贈ればいいのか迷うこともありますよね。

特に、商品券を贈るのは失礼なのかどうか、気になる人もいるのではないでしょうか。

商品券は、お母さんが自分の好きなものを選べるというメリットがありますが、一方で、手抜きや無難なものという印象を与える可能性もあります。

そこで、この記事では、母の日に商品券を贈るのは失礼なのか、相場やマナーについて解説します。

スポンサードリンク

母の日に商品券を贈るのは失礼?

結論から言うと、母の日に商品券を贈るのは失礼ではありません。

ただし、商品券の種類や金額、贈り方には注意が必要です。

商品券には、百貨店やスーパーなどの店舗で使えるものや、図書券やレストラン券などのジャンル別のもの、オンラインショッピングで使えるものなど、さまざまな種類があります。

お母さんの好みや趣味に合わせて、選ぶことが大切です。

例えば、お母さんが本が好きなら図書券、美容が好きならエステ券、旅行が好きなら旅行券などがおすすめです。

逆に、お母さんがあまり興味のないものや、普段からよく使うものは、避けたほうがいいでしょう。

例えば、お母さんが料理が苦手ならスーパー券、家事が嫌いなら家電券、健康に気をつけているならお菓子券などは、不適切かもしれません。

商品券の金額については、相場は3,000円から5,000円程度と言われています。

しかし、これはあくまで目安であり、お母さんとの関係や家庭の事情によって変わります。

例えば、お母さんが高級品が好きなら、もう少し高めの金額にしたほうがいいかもしれません。

逆に、お母さんが質素な生活をしているなら、あまり高額なものは気を使わせてしまうかもしれません。

また、自分の収入や家計の状況も考慮する必要があります。

無理をして高額なものを贈る必要はありません。

お母さんは、あなたの気持ちが一番大切だと思ってくれるはずです。

商品券の贈り方については、マナーを守ることが重要です。

まず、商品券をそのまま渡すのではなく、封筒に入れて渡しましょう。

封筒には「母の日」と書いて、お母さんの名前を書きます。

また、商品券と一緒に、メッセージカードや手紙を添えると、より心温まるプレゼントになります。

メッセージカードや手紙には、お母さんへの感謝の気持ちや、商品券の使い方の提案などを書きましょう。

例えば、「いつもありがとう。この商品券で、好きな本を買ってね。一緒に読みたいな。」や、「お疲れ様。この商品券で、美味しいものを食べに行ってね。私も連れてって。」などがおすすめです。

最後に、商品券を渡すときは、笑顔で「母の日おめでとう」と言いましょう。

母の日に商品券を贈った体験談

私は、去年の母の日に、お母さんに商品券を贈りました。

お母さんは、映画が大好きで、よく映画館に行っているので、映画券を選びました。

金額は、3,000円分で、2枚入っているものを買いました。

お母さんには、自分で好きな映画を選んでもらおうと思ったので、特定の映画館でしか使えないものではなく、全国の映画館で使えるものを選びました。

商品券を封筒に入れて、お母さんの名前と「母の日」と書きました。

そして、メッセージカードには、「お母さん、いつもありがとう。

映画が好きだから、この商品券で、好きな映画を見てね。私も一緒に行きたいな。楽しみにしてるね。」と書きました。

母の日の日に、お母さんに商品券を渡すと、お母さんはとても喜んでくれました。

お母さんは、「ありがとう。嬉しいわ。これで、好きな映画を見に行けるね。私も一緒に行きたいわ。」と言ってくれました。

そして、その後、お母さんと一緒に、映画館に行きました。

お母さんが選んだ映画は、私も気になっていたもので、とても面白かったです。

お母さんと一緒に映画を見て、楽しい時間を過ごしました。お母さんに商品券を贈って、本当に良かったと思いました。

母の日に商品券を贈るメリットとデメリット

母の日に商品券を贈るのは、メリットとデメリットがあります。

メリットは、以下のようなものがあります。

*お母さんが自分の好きなものを選べる
*お母さんの趣味や好みに合わせて、商品券の種類や金額を選べる
*商品券は、場所や期限を気にせずに渡せる
*商品券は、手軽に買える

デメリットは、以下のようなものがあります。

*商品券は、手抜きや無難なものという印象を与える可能性がある
*商品券は、お母さんのために考えて選んだものでないと感じられる可能性がある
*商品券は、他の人と被る可能性がある

これらのメリットとデメリットを踏まえて、母の日に商品券を贈るかどうかは、お母さんとの関係やお母さんの性格によって決めることができます。

商品券を贈る場合は、上記のように、商品券の種類や金額、贈り方に気をつけることが大切です。

商品券を贈らない場合は、お母さんが喜ぶような、オリジナルや手作りのものを贈るという選択肢もあります。

例えば、お母さんの写真や思い出を集めたアルバムやスライドショー、お母さんの好きな花や植物を育てるキット、お母さんの好きな香りや色のキャンドルや石鹸などがおすすめです。

スポンサードリンク

母の日に商品券は失礼?【まとめ】

母の日に商品券を贈るのは失礼ではないということがわかりました。

しかし、商品券の種類や金額、贈り方には注意が必要です。

お母さんの好みや趣味に合わせて、商品券を選びましょう。

また、商品券と一緒に、メッセージカードや手紙を添えると、より感動的なプレゼントになります。

商品券を贈らない場合は、オリジナルや手作りのものを贈るという選択肢もあります。

どちらにしろ、お母さんへの感謝の気持ちを伝えることが一番大切です。

母の日には、お母さんに「母の日おめでとう」と言って、笑顔で商品券を渡しましょう。