母の日にみじめな思いをした私が、家族に感謝されるようになった方法

母の日にみじめな思いをしたことはありませんか?

私は一児の父で、妻と1歳半の娘と暮らしています。

母の日には、妻に感謝の気持ちを伝えるために、花束やプレゼントを用意しました。

しかし、妻の反応は思ったほど喜んでくれませんでした。

むしろ、スルーされたような感じでした。

私は、自分の努力が報われないと感じて、とてもみじめでした。

この記事では、私が母の日にみじめな思いをした理由と、それを解決するために行った方法を紹介します。

家族に感謝されるようになりたい方は、ぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

母の日にみじめな思いをした理由

私が母の日にみじめな思いをした理由は、妻の求めているものを見落としていたからでした。

私は、妻が花や物を欲しがっていると思い込んでいましたが、実はそうではありませんでした。

妻が本当に欲しかったのは、私の時間や気遣いでした。

妻は、毎日家事や育児に追われて、自分の時間がないと感じていました。

私は、仕事や趣味に忙しくて、家にいても妻や娘とあまり関わっていませんでした。

妻は、私にもっと家族との時間を大切にしてほしいと思っていました。

しかし、私はそのサインに気づかず、母の日にも自分の予定を優先してしまいました。

そのため、妻は私のプレゼントに対して、感謝よりも不満を感じてしまったのです。

母の日にみじめな思いをしないためにしたこと

私は、母の日にみじめな思いをした後、妻と話し合うことにしました。

妻に、自分の気持ちや考えを正直に伝えました。

そして、妻も自分の気持ちや考えを正直に伝えてくれました。

私は、妻が本当に欲しかったものや期待していたことを知ることができました。

私は、妻に謝罪し、これからはもっと家族との時間を大切にすると約束しました。

妻は、私の気持ちに応えてくれて、笑顔で許してくれました。

私は、妻とのコミュニケーションがうまくいったことに安心しました。

母の日に家族に感謝されるようになった方法

私は、母の日に家族に感謝されるようになるために、以下のような方法を実践しました。

*母の日には、妻に花や物ではなく、時間や気遣いをプレゼントすることにしました

例えば、家事や育児を手伝ったり、妻の好きなレストランに連れて行ったり、妻の趣味に付き合ったりしました。

妻は、私が自分のために時間を割いてくれることに感動しました。

*母の日だけでなく、普段から妻に感謝の気持ちを伝えるようにしました。

例えば、妻が作った料理を褒めたり、妻が疲れているときにマッサージをしたり、妻が好きな花を買ってきたりしました。

妻は、私が自分のことを思ってくれることに嬉しくなりました。

* 母の日だけでなく、普段から娘との関わりを増やすようにしました。

例えば、娘と一緒に遊んだり、娘の成長を見守ったり、娘の話を聞いたりしました。

娘は、私が自分と遊んでくれることに楽しくなりました。

妻は、私が娘と仲良くすることに感謝しました。

スポンサードリンク

母の日にみじめな想いをした【まとめ】

母の日にみじめな思いをした私が、家族に感謝されるようになった方法を紹介しました。

私は、妻の求めているものを見落としていたことに気づき、妻とコミュニケーションをとることで、妻の本当の気持ちを知ることができました。

私は、妻に物をあげるのではなく、時間や気遣いをプレゼントし、普段から感謝の気持ちを伝えるようにしました。

私は、娘とも、前以上にもっと関わるようにしました。

これらの方法によって、私は家族に感謝され、仲を深めることに繋がりました。

母の日にみじめな思いをしないためには、家族の求めている物を見逃さないことが大切です。

家族に感謝されるようになりたい方は、ぜひ私の方法を試してみてください。