お盆の美術館は混雑している?空いている日や時間帯はあるの?

お盆や夏休みの時期は、お出かけをする機会も増えますよね。

特に小学生以上のお子様がいる家庭では、夏休みの自由研究のため美術館へ足を運ぶという方も多いでしょう。

しかし気になるのが施設の営業日や混雑状況です。

本記事ではお盆の美術館の混雑状況や、比較的空いている時間帯や天気についてまとめました。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

まずは展覧会などのイベントをチェック!

美術館が混雑する要因はたくさんありますが、まずは目的の美術館で行われる「イベント」を確認してみましょう。

お盆であること以前に、人気の展覧会が開催されている期間はかなり混雑することが予想されます。

「イベント」×「休日」となればなおさらです。

イベントの「開催初日」や「最終日」も混雑しやすいと言われています。

お目当てのイベントであればやむを得ないですが、出来ることなら大混雑の日には行きたくないのが本音ですよね。

何事も事前の下調べは大切です。

お盆の美術館は混雑する

可能な限り空いている日を狙って足を運びたいところですが、お盆の美術館はどのくらい混雑するのでしょうか。

結論から言うとお盆は年間を通しても、かなり混雑する時期と言えそうです。

お盆は基本的に会社を休みにする企業が多く、子どもを連れて美術館に行こうと考えるファミリー層の需要が高まります。

お盆は地元に帰省する人も多いと思いますが、帰省先の美術館に行こうと考える人もいるでしょう。

入館料がかかる美術館に行こうと考えている方は、可能であれば事前にチケットを購入しておくことをおすすめします。

チケット売り場で並ぶ時間を短縮できるだけでも、気持ちが軽くなるはずです!

美術館の空いている時間帯

美術館へ足を運ぶ人の目的は様々ですが、お盆などの連休の場合は遠方からの来館者が増えます。

このことを踏まえると、「午前中」と「夕方以降」は空いている時間帯になることが予想されます。

遠方からの来館者は前泊している場合を除いて、午前中の早い時間に美術館に到着するのは難しいはずです。

また「夕方以降」も遠方からの来館者は帰る時間を考慮して、早めに退館する人が多いでしょう。

小さな子どもがいるファミリー層は、日中の行動がベースになっています。

もし時間の融通が利く環境下にあるのであれば、上記の時間帯に足を運んでみてはいかがでしょうか。

雨の日の美術館の混雑状況は?

時間だけではなく、天気によっても美術館の混雑状況は変わるのでしょうか?

事前に計画して美術館に行こうと考えている人は天気の良し悪しでは予定は変えないと思います。

しかし当日パッと思いついて行動する人たちにとっては、天気の要素は大きいはずです。

「屋外で遊べないので混む?」「家から出ない人が増えるから空く?」どちらが多いか気になりますね。

どちらの心理が勝るかどうかは「美術館までの移動手段」によって変わると思います。

首都圏の美術館へ行く場合、公共交通機関を使う方がほとんどだと思います。

そうなると家から駅までの道のり、電車やバスの乗り継ぎなど、悪天候の影響を受ける機会がどうしても多くなってしまいます。

車で行こうにも、駐車場を探すのも大変です・・・。

一方地方の移動手段は基本車です。

車での移動の場合は天気の影響をほとんど受けません。

そして地方のほとんどの施設が駐車場を完備しています。

雨の日の混雑状況をまとめると、「首都圏は空く」「地方は混む」傾向があると考えることが出来ると思います。

スポンサードリンク

お盆の美術館は混雑する?【まとめ】

いかがでしょうか。

お盆の美術館は、かなり混雑することがわかりましたね。

混雑するのは残念ですが、事前に情報を知ったうえで足を運ぶことで「こんなはずじゃなかった」という気持ちは少なくなるはずです。

ぜひ時間や日程に余裕のある方は参考にしてみてください。