洗濯ネットを使うデメリットってあるの?その疑問にお答えします!

みなさんは洗濯するときに洗濯ネットを使用しますか?

洗濯をする際に洗濯ネットを使用した方がいいとはよく聞くけれど、使う時のデメリットってあるのかな?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

洗濯ネット使用時のデメリットってあまり聞かないですよね。

いらないのでは?と思いつつなんとなく使っているという方も多いと思います。

そこで本記事では洗濯ネットを使う際のデメリットについてメリットを踏まえながら解説していきます。

また正しい使用方法と使う時のポイントもお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

洗濯ネットのデメリットとメリット

メリット

  • 洗濯中に他の衣類と絡まることが防げるので、伸びたり型崩れしたりなどのトラブルが起きにくく服を長持ちさせることができます。
  • 靴下など小物類をまとめることで洗濯物が干しやすくなります
  • ゴミや綿クズの付着防止になります。万が一ティッシュなどを一緒に洗濯してしまった場合なども細かいティッシュから防ぐことができます。
  • フックなどが他の衣類に引っかかることを防いでくれるので、他の衣類を傷めずにすみます。

このようなメリットがあります。

デメリット

  • 衣類汚れの砂やほこり、シミなどの汚れが取り除かれにくく、汚れの落ち具合が悪くなります。
  • 衣類を洗濯ネットに入れたり出したりの手間がかかります。
  • 洗濯ネットは消耗品のため、その都度買い替えが必要になります。
    このようなデメリットがあります。

洗濯ネット使用時の正しい使用法とポイント

  • 洗濯ネットは衣類のサイズ合った物を使用してください。洗濯する衣類に比べ大きめのネットに入れて洗濯するとシワの原因にもなります。
  • 汚れている部分は外側にくるように洗濯ネットに入れてください。汚れを内側に折りたたんでしまうと汚れ落ちが悪くなります。
  • 食べこぼしのシミや泥などの落ちづらい汚れがついている場合は、洗濯ネットに入れる前に手洗いをして先に汚れを落としておいてください。
  • 1つの洗濯ネットに複数の衣類を入れた場合、汚れ落ちが悪くなります。1つの洗濯ネットに対し1つだけ衣類を入れ、使用してください。

洗濯ネットの使用が好ましい衣類と使用が好ましくない衣類

使用が好ましい衣類

  • タイツやストッキング
    他の衣類と絡むと摩擦で伝線してしまう場合があります。

    洗濯ネットを使用してください。

  • ビーズやスパンコールがついた服
    摩擦で他の衣類を傷めてしまう場合があるため、洗濯ネットを使用してください。
  • 綿素材やニット類
    他の衣類と絡むと型崩れしてしまう場合があるため、洗濯ネットを使用してください。

使用が好ましくない衣類

  • 汚れがひどい状態の衣類
  • 洗濯ネットを使用した場合、汚れの落ち具合が悪くなります。
    汚れのひどい部分を手洗いし、洗濯ネットは使用せずに洗濯してください。

スポンサードリンク

洗濯ネットを使うデメリットってあるの?【まとめ】

洗濯ネットを使う時の大きなデメリットは汚れの落ちが悪くなることです。

汚れを落とすために洗濯をしているのに、汚れが落ちていないと洗う意味がないですよね。

かといってお気に入りの衣類をゴシゴシ洗って、一度着ただけで傷めてしまっても意味がありません。

その衣類をどのように洗いたいかがポイントになります。

洗濯ネットは洗濯する上でメリットにもデメリットにもなります。

汚れがひどいからしっかり汚れを落としたのであれば洗濯ネットを使うことはデメリットになりますので使わずに洗濯してください。

お気に入りの衣類だからなるだけ傷めずに丁寧に洗いたいなら、洗濯ネットに入れることはメリットになりますので洗濯ネットに入れて洗ってくださいね。

洗濯ネットを使用する際のメリットとデメリットをよく理解して、うまく活用して洗濯を行いましょう。

Follow me!