洗濯のすすぎ回数のおすすめは?2回にするメリットを解説!

私が一人暮らしを始めたばかりの時、「洗濯槽も掃除して、洗濯後すぐに干しているのになんか臭い」、「洗濯物がふっくらするって書いている柔軟剤を使っているのにカパカパする」と洗濯物について悩みがありました。

柔軟剤を入れる時のすすぎの回数を1回から2回に変えることで、嫌な臭いはなくなり、「いいにおい」で「ふっくら」する仕上がりに変わったんです。

その日の生活を過ごす中でも自分が着ている服からいい匂いがすることでハッピーな気分で過ごせるようになりました。

どうしてすすぎの回数で変わったのか、すすぎの回数2回が良い理由を解説していきます。

スポンサードリンク




洗濯の仕組み

洗濯機で行われる通常コースの洗濯過程は、洗剤を入れる洗う排水すすぎ脱水が行われます。柔軟剤の投入が行われてすすぎ脱水が行われています。

1回目のすすぎ・脱水は洗剤と汚れを落とすための過程、2回目のすすぎ・脱水は柔軟剤を落とすための過程となっています。

おすすめのすすぎの回数は2回

すすぎ・脱水が1回だけだと汚れが落ち切っていない可能性や化学物質と洗浄成分の入った洗剤・柔軟剤が落ち切っていない可能性があります。

洗剤や柔軟剤に含まれている化学物質や洗浄成分は肌トラブルや悪臭の原因になってしまう可能性があるみたいです。

私は節約と時間短縮のために、普通の柔軟剤をすすぎ1回のスピードコースで行っていました。肌トラブルは特になかったのですが、いい匂いはせず、ふっくらもしていませんでした。

通常のコースであると自然にすすぎを2回するようになっているみたいなので気にしなくてもいいかと思います。

スピードコースは短い時間で行えるので、節約と時間短縮にはなりますが、すすぎの回数が1回になってしまうみたいです。

なので、お使いの洗濯機のマニュアルを確認していただき、すすぎ2回のコースの使用をお勧めします。

マニュアルがない場合は、普通の洗濯機であるとスピードコース+すすぎ・脱水にするか、通常コースでの洗濯がおすすめです。

洗濯の時間を時間短縮・節電するために。

では、時間がないときやスピードコースのみで済ませることはできないのか。

という事になると思いますが、最近の洗剤は「すすぎ1回でOK」と柔軟剤の裏面等に記載があるものがあります。

これだとスピードコースのみでも悪臭せず、いい匂いでふっくらと仕上がるため、節約・時間短縮になりますのでおすすめです。

汚れが少ない物とか汚れが落ちやすい洗濯物だと普通の柔軟剤でもすすぎ1回でいいかもしれませんが、先ほども述べたように洗濯洗剤や柔軟剤が落ちていない可能性があるため、おすすめはできません。

スポンサードリンク




洗濯のすすぎ回数のおすすめは?【まとめ】

柔軟剤にあったすすぎの回数を間違うことで、洗濯物のにおいの原因や仕上がりの原因、肌トラブルの原因となる可能性があります。

ちょっとした洗濯の仕方を変えるだけでこれらの原因を防止することができます。

現在、使用している洗濯機の洗濯コースの仕組みを確認して頂き、自分に合った柔軟剤と洗濯方法を見つけるといいと思います。

身に付ける洋服がいい匂いになることで、様々な効果があります。

例えば、嗅覚から快刺激として感情を司る脳の大脳辺縁系に伝えられ、大脳辺縁系は自律神経を司る視床下部と連携しているため、反射的に心が穏やかに気持ちになれます。

その他にも、いい匂いになることで他人への印象もよくなり、自分の気持ちもよくなります。

また、他にもにおいの原因には、洗濯物を乾かせていない、洗濯槽が汚れている、濡れた衣類やバスタオルを洗濯機に放置してしまっている、一回の洗濯だけで汚れが落とし切れていない、の原因が考えられます。

どの原因でにおってしまっているのかを試していくといいと思います。

Follow me!