tシャツを洗濯で縮む原因は?予防法や元に戻す方法も徹底解説!

今や夏のおしゃれの定番アイテムとなっているtシャツですが、みなさんはtシャツを洗濯する際に、お気に入りのtシャツが縮んでしまうのではないか?と心配になったり、実際に縮んでしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

お気に入りのtシャツが縮んでしまったらとても悲しいですよね。

そこで本記事では、tシャツを洗濯すると縮んでしまう原因や実際に縮んでしまったtシャツを元に戻す方法をお伝えします。

tシャツの洗濯の方法や、洗濯した際にtシャツが縮むことについて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

tシャツを洗濯するとどのくらいの割合で縮むのでしょうか?

綿100%のtシャツは洗濯すると必ずと言っていいほど縮んでしまいます。1回目の洗濯時に1番縮みやすく、数回洗濯すると縮みはとまります。

縮む長さとしては数ミリから多いと5センチ程も縮むという場合もあります。

tシャツが縮んでしまう原因とは?

tシャツは主に綿を使用している物が多いです。

縮んでしまう主な原因には、綿素材の特徴にあります。

綿は植物からとった縮れた繊維を引っ張って糸にしています。

綿の繊維は水に濡れると膨張します。その後乾燥するときに膨張した姿から元の縮れた姿に戻ろうとするため、綿のtシャツは縮みやすいのです。

また綿素材は熱にとても弱いです。そのためお湯で洗ったり乾燥機を使用したりすると、縮んでしまう可能性があります。

乾燥機を使用して縮んでしまった場合の戻し方

綿などの天然素材は熱に弱いため乾燥機にかけると縮みやすいです。

万が一乾燥機にかけてしまい縮んでしまった場合は、もう一度通常通り洗濯を行ってください。

そして干す際が重要になります。tシャツのゆがみを引っ張ってしっかり形を整えてから干してください。そうすると縮みは解消されます。

そしてシリコン成分が入っているリンスやコンディショナーを使用して縮みを解消する方法もあります。

  • シリコン成分が入っているリンスやコンディショナーをぬるま湯に入れてよく溶かします。
  • 30分ほどつけ置きします。
  • すすぎます。tシャツを押し洗いします。
  • 水分をかるく絞る程度に優しく脱水をします。ここで強く脱水をしてしまうとシワの原因となったり、衣類にダメージを与えてしまいます。
  • 干します。干す際は陰干ししてください。ハンガーなどを使用すると形が崩れるので、平置きがベストです。または物干し竿に二つ折りになるようにtシャツを竿にかけて干す方法もあります。

tシャツを洗濯する際のポイント

  • 洗濯ネットに入れて洗濯してください。他の衣類との絡みが防止でき、型崩れを防ぐことができます
  • tシャツを裏返して洗濯してください。裏返しにすることで、プリントが入ったtシャツのプリント部分が傷みにくくなります。
  • 干す際は、乾燥機は使用せず陰干ししてください。

スポンサードリンク

tシャツを洗濯で縮む原因は?【まとめ】

綿は化学繊維の入ってない天然素材なので肌触りがよいことで好まれる方も多いですよね。

そのような肌触りがよい綿素材はtシャツや肌着などに使われることが多くあります。

ただ洗濯方法によっては縮むというデメリットがあるので、そのことに注意しながら洗濯を行ってくださいね。

洗濯時は洗濯ネットに入れることで、他の衣類との絡まりを防ぎます。

お気に入りのtシャツを縮ませることだけではなく、伸ばしたり型崩れさせたりしないためにも洗濯ネットを使用してください。

熱に弱い綿素材は熱を加えると縮んでしまいますので、乾燥機にはかけずに必ず陰干ししてくださいね。

干す際はハンガーにかけずに平置きをすることで、型崩れを防ぐことができます。

これらのことを意識しながら洗濯することで、tシャツの伸び縮みや型崩れを防ぐことができます。

正しい方法で洗濯してお気に入りのtシャツを長持ちさせてくださいね。

Follow me!