ケンタッキーのポテトが変わったのはいつ?その理由も解説!

ケンタッキーフライドチキンのポテトと言えばカーネリングポテトという人も多いのではないでしょうか?

あの渦を巻いたような見た目がとても印象的なカーネリングポテト。2015年に初登場して以来大人気のポテトでした。

発売当初は今まで見たことがない形のポテトに衝撃を受けた人も多かったのではないでしょうか?

そのカーネリングポテトが2019年4月22日に突然販売が終了してしまいました。突然の販売終了にショックを受けた人も多いと思います。

そこで今回はカーネリングポテトについてなぜ突然販売が終了してしまったのか、その理由やカーネリングポテトの評判などについて調べた事を説明します。

スポンサードリンク

カーネリングポテトとは?

従来の細長いステック状のポテトとは違い、渦を巻いたような形をしているのが特徴です。

カーネリングポテトの名前の由来は渦を巻いたようにカットしたポテトを意味している、またカーネルサンダースのカーネルからとってカーネリングポテトになったという話があります。

皮付きの状態でケンタッキー独自の方法で作られています。

じゃがいもを皮付きのままカールしたようにカットをしてケンタッキーオリジナルの衣をつけて揚げています。

味はスパイスが効いており、衣のカリッとした食感とジューシーでじゃがいものほっくりした風味を味わうことができます。

ポテト好きにはたまらない何度も食べたくなる味とのことです。

カーネリングポテトは2015年にケンタッキーフライドチキンに初登場しました。

登場以来「一度たべるとやみつきになる」という声が多く瞬く間に人気商品となりました。

なぜケンタッキーのカーネリングポテトは消えたのか?

人気商品だったカーネリングポテトは2019年に突然販売が終了してしまいました。

突然の出来事にショックを受けた人も多かったようです。

詳しい理由はわかりませんが調べた情報によると、「ケンタッキーのポテトは輸入していてじゃがいもの価格が高騰したからではないか」、また「カーネリングポテトを作るのに手間暇かかるので従業員の人件費を削減するためではないか」などと言われています。

そのため従来のフライドポテトだけにしたのではないかと思われています。しかし本当の理由はわからないです。

カーネリングポテトの評判

カーネリングポテトはステック状のフライドポテトとは違いじゃがいもの存在感があるのが特徴です。

そして食べる場所によってポテトの食感が変わってきます。

そんなカーネリングポテトの評判はどうだったのか?カーネリングポテトの評判について調べました。

カーネリングポテトに賛成の声

・カーネリングポテトはやっぱり美味しい。
・ポテトの味をより一層味わえる。
・色んな触感を楽しめる。
・外がカリッとしていて美味しい。

口コミを読んでいると「見た目がインパクトある」、「食べる場所によって食感が違うから面白い」といった声が多数ありました。しかし中には「普通のポテトがいい」という声もありました。

普通のポテトがいいという人の声

・見た目のインパクトが強い。
・あっさりした味のポテトが好き
・元のポテトのほうがいい。
・塩味のポテトの方が好み

通常の細長いステック状のポテトに慣れ親しんでいる人にとっては、カーネリングポテトは抵抗があるようです。

詳しいことはわかりませんが、もしかしたら他社と差別化するためにカーネリングポテトを販売したのかもしれません。

2019年からは細長いステック状のポテトに戻り、カーネリングポテトが好きだった人にはショックだったようです。

このように口コミを調べてみると意見は様々なようです。
筆者は個人的には「両方販売すればいいのに」、「セットに付くポテトは通常のポテトかカーネリングポテト選べるようにすればいいのに」と思います。

ですが、経費のことを考えたら両方販売するのは難しいのかもしれません。

カーネリングポテトは自分で作れる?

「どうしてもあの味が忘れられない」、「またカーネリングポテトが食べたい」という声が多数ある好評だったカーネリングポテト。

あのポテトを自宅で再現することはできるのだろうか?ケンタッキーフライドチキンでは機械使ってあの渦を巻いたような形にポテトを切っているため、残念ながら自宅で再現するのは難しいです。

しかし、ケンタッキーフライドチキン風の衣を作って揚げれば、お店の味に近づくことは可能です。

様々な料理サイトを見ていると、カーネリングポテト風の作り方が多数紹介されています。

唐揚げ粉をつけて揚げる方法や、下味をつけてから揚げる方法など色んな作り方があります。自分で作ってぜひお家でカーネリングポテトを楽しんでみてください。

スポンサードリンク

ケンタッキーのポテトが変わった?【まとめ】

カーネリングポテトは他社との差別化をはかるために販売されたのかもしれません。

発売された当初は渦を巻いたような見た目にインパクトがあったようです。

食べた人達の感想は、「様々な食感が楽しめて美味しい」という人や、「ポテトと言ったら細長いステック状でしょ」という人もいたり好き嫌いがはっきりわかれたようです。

そして2019年に様々な事情で細長いステック状のポテトに戻ったようです。「カーネリングポテトが好き」という人もいるので、またいつか期間限定でもいいので販売してほしいと思います。

Follow me!