ブルーボトルコーヒーの頼み方は?シンプルな注文方法を解説!

ブルーボトルコーヒーは難しくて入りづらい・・・という口コミを見たことがあります。

数あるコーヒーチェーンの中では大人っぽい雰囲気でシンプルなつくりになっているところが特徴ですね。

私はよくブルーボトルコーヒーに行きますが、初めて行ったときはお店に入る前に注文方法を検索しました(笑)今となっては別にしなくてもよかったと思います。

何故なら、ブルーボトルコーヒーはどの店舗の店員さんも、フレンドリーで、わからないことは教えてもらえます!

とは言ってもせっかく行くんだし、ちょっとこなれ感を出したいと思う方もいますよね。

そんな方の為に、ブルーボトルコーヒーの頼み方をまとめてみました!

これを読めば初めての方も安心してお店に行くことができると思うので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

ブルーボトルコーヒーの頼み方

ブルーボトルコーヒーのメニュー構成を知っておこう

ブルーボトルコーヒーのメニュー表はいたってシンプル、ほぼ文字だけです!

メニュー表を見るだけでなんだかよくわからない・・・と思ってしまいがちですが、よくよく見るとカテゴリーも少ないので実は頼み方がわかりやすくなっているんです。

大きく分けて、『エスプレッソドリンク』『ドリップ』『アイスコーヒー』『ノンコーヒー(紅茶など)』に分かれており、そのほかに『ペストリー』といってお菓子などのメニューも少し載っています。

基本的にはドリンクはメニュー表から、フードが欲しい場合はたいていはレジ前に置いてあるので気になる物があれば指をさして伝えるだけでもよいかと思います!

私の個人的な頼み方はドリンクを選んで、そのドリンクに一番合うお菓子を教えてください!と伝えると、店員さんがオススメしてくれます。

ブレンドかシングルオリジンのどちらかを選べばOK!

コーヒードリンクを選んだ場合には豆の種類をどれにするか聞かれるはずなので、基本的に2択だと思っていればOKです。

ブルーボトルコーヒーは『ブレンド(豆を混ぜてる)』か、『シングルオリジン(豆を混ぜていない)』のどちらかを選べるようになっています。

どちらも日替わりだったり、季節によって用意している豆が違うので、ミルクによく合う方とか、ホットで飲む時に美味しい方、と答えてもアリ。

むしろ、店員さんは日ごろからコーヒーの勉強をしているので、オススメを聞いてくれるととっても嬉しいと思います!
(実際店員さんのオススメはハズレが無いです。さすがです・・・)

このコーヒーの種類さえクリアすれば、あとは店内か、テイクアウトか選ぶくらいなので、本当にブルーボトルコーヒーの頼み方はいたってシンプルです!

最後に自分の名前を聞かれるので恥ずかしがらずに答えよう!

ここまで読んでいただくと、注文方法は意外と難しくないことがお分かりいただけるかと思いますが、実はブルーボトルコーヒーには注文の最後に他にないサービスがあります!

それは、商品が出来上がったら、名前を呼んでお知らせすることです。

本名でもいいですし、あだ名でも大丈夫です!(呼ばれてみたい名前でも(笑))

注文したドリンクやフードが用意できたら、店員さんが「●●様、お待たせいたしました!」と呼んでくれるので、店員さんから商品を受け取れば、注文完了です。

私はこの名前を呼ぶシステムが最初恥ずかしかったのですが、慣れてくると店員さんが名前を憶えてくれるのでうれしい気持ちになります。

海外のカフェでは名前を呼んだり、カップに書いたりする文化があるので、ちょっと海外旅行に来た気分を味わえちゃいますね。

スポンサードリンク

ブルーボトルコーヒーの頼み方は?【まとめ】

ここまで読んでみて、いかがだったでしょうか。

敷居が高そうに見えて、以外と頼み方がシンプルで分かりやすいので、少し身近に感じられると思います。

まずは実際にお店に足を運んでみて、とにかく店員さんに聞きながら注文するのもよし、恥ずかしくて話しかけられない人は、気になるカテゴリーだけでも覚えておくと緊張せずに注文できると思いますよ。

後は、最後に名前を呼ばれるので、ブルーボトルコーヒーに行く時専用の自分のニックネームを作っておくのも良いと思います。

ニックネームがあると店員さんがすぐ覚えてくれて、注文内容も「いつもので♪」なんて言って常連になれちゃうかも!

是非気持ちを楽にして、気になるお店に行ってみてくださいね。

Follow me!