ロイヤルホストのユニフォーム事情!洗濯頻度やクリーニングについても解説!

皆さんはロイヤルホストのスタッフが身に着けているユニフォームをご存じですか?

ホールスタッフは落ち着いた給仕姿。

キッチンスタッフはさながらベテランのシェフのようなコック帽。


画像はイメージです。本文との関連性はありません。

魅力的なユニフォームですが、もちろんこれらは皆さんがロイヤルホストのスタッフとして働く際にも支給されます。

立派なユニフォームだけど、自分が管理するのが大変そう……。

そうお考えの方に向けて、ここではロイヤルホストのユニフォームの洗濯やクリーニングについて、ホールスタッフとキッチンスタッフの場合に分けて解説していきましょう。

スポンサードリンク

ロイヤルホストのユニフォーム事情

ロイヤルホストのユニフォーム洗濯頻度事情を解説する前に、実はホールかキッチンかでユニフォームが異なるため、洗濯事情も全く対応が異なります。

以下でそれぞれのユニフォームでの洗濯事情を解説します。

ホールスタッフは自分で洗濯!

ロイヤルホストのホールスタッフに関しては初めに支給されたユニフォームを基本的にはスタッフ個人で管理していく、ということになります。

つまり、ロイヤルホストのホールスタッフはユニフォームを自分で洗濯する必要が出てきます。

ご自宅に洗濯機がない方はコインランドリーでも構いませんが、替えのユニフォームを用意してもらえないことを考えると、連勤中の洗濯は避け、休みの日に洗濯する必要がありますね。

ホールスタッフの場合、キッチンスタッフよりは汚れる頻度も少なく、客席内での仕事が主になりますので空調が効いた環境でのお仕事にはなりますが、夏は汗を掻くこともあるでしょうし、思いがけず汚れてしまうこともあると思います。

接客のお仕事なので、ユニフォームの汚れや臭いはかなり神経質にケアしなければなりませんので、こちらもこまめな洗濯をおすすめします。

キッチンユニフォームはクリニーングに!

ロイヤルホストのキッチンスタッフのユニフォームについてですが、洗濯やクリーニングをスタッフ自身がする、という必要はありません!

確かにキッチンでのお仕事はホール以上に服を汚してしまいます。

調理中の油はねやソースの付着、皿洗い中や掃除も多いため、毎日のようにユニフォームが汚れてしまいます。

ですが、キッチンスタッフの場合は常に新しいユニフォームを各スタッフが自由に取れるように用意されており、店舗ごとに違いはあるとは思いますが、バックヤードに使用済みユニフォームを回収する場所が用意されています。

使用済みのユニフォームはそのまま業者がまとめてクリーニングしてくれるようになっています。

ただし、キッチンスタッフのユニフォームに関しては用意してもらえますが、靴については自前で用意する必要があります。

黒い動きやすい靴がおすすめですが、キッチンは滑りやすく危険な上、すぐに汚れてしまうので、仕事専用の動きやすい靴を用意してもらう方が良いでしょう。

なお、クリーニングを自身でする必要がないとはいえ、クリーニングに出すユニフォームはその都度自分で指定の場所に放り込んでおく必要があります。

クリーニングの頻度については仕事内容や季節、シフトの頻度にもよりますが、最低限一週間に一度は必ず交換するようにしましょう。

特に夏場はキッチン内の気温がとてもあがるため、汗を掻きやすくなっています。

衛生的な観点からも、こまめにユニフォームを交換しましょう。

スポンサードリンク

ロイヤルホストのユニフォーム洗濯頻度は?【まとめ】

このようにロイヤルホストのユニフォームに関しては、キッチンで働くかホールで働くかで、大きく管理方法が変わってきます。

ただ、ロイヤルホストのスタッフとして共通して言えるのは、どちらも飲食を通じてサービスを提供するお仕事だということです。

当然、かなり意識の高い衛生観念のもと、ユニフォームを管理する必要があるのは言うまでもありません。

スタッフもお客様も、安心で安全にロイヤルホストを利用できるように、ユニフォームの洗濯・クリーニングはしっかりしておきましょう。

Follow me!