すたみな太郎で原価が高い食べ物はどれ?たくさん食べられるコツも

焼肉やお寿司、デザートなど最大130種類のメニューがバイキング形式で食べ放題のすたみな太郎。

豊富なメニューの中で原価が高い食べ物は限定のお肉やカットケーキなんだそうです。

どんなお肉なのか、カットケーキの原価がなぜ高いのか調べてみました。

食べ放題でたくさん食べられるコツも紹介します。

スポンサードリンク

すたみな太郎で原価が高い食べ物はどれ?

限定のお肉は原価が高い

*ディナーと土日祝ランチ限定の「焼きしゃぶ(赤身)」
良質な牛モモ赤身肉を使用した、しゃぶしゃぶ感覚で食べられるお肉です。
*ディナー限定の「中落ちカルビ」
牛一頭でわずか2kgしかとれない希少部位!旨味が凝縮された本格中落ちカルビです。
*ディナー限定の「牛サガリ(または牛ハラミ)」
柔らかく、適度にサシの入ったお肉の旨味が溢れる特選限定肉です。

これらのお肉は原価が高いようです。

やはり平日ランチでの提供は難しいようですね。

極厚カルビもディナーと土日祝ランチ限定なので原価が高めなのかもしれません。

カットケーキは手間がかかっているので原価が高い

すたみな太郎のカットケーキはチョコレートケーキやチーズケーキなど様々な種類がありますが、これらのケーキは自社工場でひとつひとつ丁寧に手作りしているんだそうです!

その手間がかかっている分原価が高いようです。

用意しているケーキの種類は店舗や日によっても違います。

カットケーキ以外ではフルーツも原価が高めのようです。

パイナップルがおいしいのでおすすめです!

お寿司では生ものや貝の原価が高い

お寿司メニューの中ではいくら、まぐろ、サーモン、つぶ貝は原価が高いです。

いくら、まぐろ、つぶ貝はディナー限定ですが、サーモンはランチでも食べられます。

生ものが好きな人はこれらを狙うとお得です!

すたみな太郎の食べ放題でたくさん食べられるコツ

お腹をペコペコの状態にしない

食べ放題に行く前はたくさん食べられるようにと、ついつい食事を抜いたりしてできるだけ空腹の状態にしてしまいがちですが、空腹状態だと胃が収縮してしまい逆にたくさん食べられなくなってしまうそうです。

さらに、空腹状態では一気にガツガツ食べてしまうおそれがあり、胃にもよくありません。

軽く食べておくか、スープを飲んだりしておくといいようです。

食べる前にヨーグルトを飲む、野菜から食べる

飲むヨーグルトなどの乳製品を飲むと胃に膜を張って刺激の強い食べ物から守り、消化が良くなるそうです。

すたみな太郎にはヨーグルトもあるので最初に少し食べておくといいですね!

また、先に味の濃いものを食べてしまうと満腹感に繋がるので、野菜を少し食べてから他の料理を食べるようにするといいそうです。

一度にたくさん持ってこない

一度に大量に食べ物を並べると満腹中枢が「お腹いっぱい」という信号を出してしまい、食べられなくなってしまうそうです。

少しずつお皿に取った方が次に持ってくる料理への期待感もあってたくさん食べられるんだとか。

スポンサードリンク

すたみな太郎で原価が高い食べ物はどれ?【まとめ】

以前テレビ番組で、あるご家族がすたみな太郎で元が取れるかという企画に挑戦していました。

6人家族で、結果はお肉を集中的に食べたお父さんだけが元を取れたそうです。

やはり原価が高いお肉をたくさん食べるのが一番お得なようですね。

ちなみに、ドリンクバーではウーロン茶の原価がやや高めだそうです。ウーロン茶には脂肪の吸収を抑えるというありがたい効果もあります。

しかし、よっぽどの量を食べないと食べ放題で元は取れませんし、すたみな太郎はお肉以外にもお寿司や麺類、惣菜など様々な料理を自由に食べたり、自分で作ったりできることが最大の魅力だと思うので、原価などは気にせず好きなものを好きなように食べるのが一番満足感を得られて楽しめると思います。

Follow me!