エアコンからポコポコ音が直らない?原因と解消方法を徹底解説!

自宅やオフィスにあるエアコンから「ポコポコと音がする」事があるのですが、そんな「音」聞いたことはありますか?

先に言っておきますが、この「ポコポコ音」は、エアコンが故障しているわけではありません!

最近の戸建住宅や、マンションなどでは頻繁にポコポコ音が鳴るようですが、電源を切っているのに「直らない!」など、音の原因がわからず、解消しない事にイライラされている人も多いのではないでしょうか?

今回は「エアコンのポコポコ音が直らない。。」と悩んでいるあなたに、その原因と解消方法についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

エアコンから聞こえるポコポコ音の正体

室外機の横から、プラスチックのホースが出ているのをご存知でしょうか?

このホースは「ドレンホース」と呼ばれるもので、エアコンから排出される水を室外に流す為のものなんです。

このドレンホースに空気が流れることによって、エアコンからポコポコと音がするのです。

直らない?と思っていたエアコンの「ポコポコ音」の原因とその解消方法

ドレンホースにごみなどが詰まっている

室外機から出ているドレンホースに、ゴミなどが詰まってしまい「ポコポコ音が直らない」事があります。

この場合、原因が明らかですので、ホースからゴミを取り除けば解消します。

雨などが原因

家の中と外で、大きく気圧に差が出来る事があります。

この気圧差によって、ドレンホース内に空気が流れ込み、ポコポコと音がする場合があります。

この場合は、原因は明らかに分かるのですが、解消するのは難しいかも知れませんね。

24時間換気が原因?

最近の戸建住宅や、マンションでは「24時間換気」が義務付けられているため、新しい建物には必ずついています。

そもそも「24時間換気」が設置される理由は、建物の機密性が上がった為なんです。

機密性が高い為、エアコンとキッチンの換気扇を同時に使用したりすると「ポコポコ音」が鳴るようです。

この場合の解消方法としては、殆どの場合、24時間換気システムが稼働していれば音はなりにくいのですが、何らかの理由でシステムが止まっている時は、少し窓を開ければ直ります。

もしくは、24時間換気システムには「運転の強弱」が調整できるものもありますので、「強運転」にすることでも解消できます。

他にも出来る解消方法

とにかく「窓をあける」

空気の通り道をたくさん作ることで、ドレンホースに流れる空気の量を減らすことが出来ます。

どうしても気になる方は、窓を開ける事をお勧めします。

ただし、窓を開けっ放しにしておくと、エアコン本体に負荷が掛かってしまうことがありますので、ポコポコ音がおさまれば、窓はなるべく閉めるようにしてくださいね。

24時間換気を調整する

先ほども出てきた「24時間換気システム」。機種にもよりますが「運転の強弱」ができるのであれば、ポコポコ音がするときだけ、「強運転」にするのも良いかも知れません。
※24時間換気にはいくつかの種類がありますので、詳しい使用方法はメーカーなどに確認することをお勧めします。

ドレンホースに逆流を防ぐ「弁」を取付る

ホームセンターや、近頃では100均でも販売されている「逆流防止弁」を使ってみてはいかがでしょう。

消音効果のあるものや、透明になっているので「ゴミ詰まり」が分かりやすいものなどもあるようです。

スポンサードリンク

エアコンからポコポコ音が直らない?【まとめ】

エアコンのポコポコ音の原因や、解消方法についてはご説明した内容の通りにはなるのですが、どうしても解消出来ない場合も中にはあるようです。
そのような場合は、エアコン清掃をしてくれる業者さんに、「ポコポコ音が鳴る」事をお伝え頂いたうえで、見積りなどをしてもらうのも良いかも知れません。

エアコンを使う時は、換気もしっかり考える必要があるかも知れませんね。

Follow me!