エアコンをつけてないのに音がなるのは故障・それとも虫?原因と対策方法を解説!

エアコンをつけてないのに音がすることがあります。

「ブーン」とか「ジー」といったような機械音?のような音ですが、あなたの部屋のエアコンからも聞こえたりはしませんか?

音の種類によっては、掃除をすれば解決する場合もあるのですが、「ひょっとしたら故障?」している可能性の「音」がなっている場合もあるようです。

今回は「エアコンをつけていないのに音」がする場合について、「音の種類」や「原因と対策」を確認していきます。

これからの季節、「急にエアコンが原因不明の故障」になっては困りますよね。

そんな事にならない為、「エアコンをつけていないのに音」が鳴った時には、直ぐに確認してみてください!

スポンサードリンク

「エアコンをつけていないのに音」の種類と原因

「ブーン」と音がする場合の原因

この音が聞こえる原因は、ホコリや虫などがエアコンの室内機に入り込んで、フィルターの目詰まりが起こっている可能性があります。

ホコリや虫などがフィルターに溜まってしまうと、空気の通る量が減ってしまう為に、このような「ブーン」音が鳴ることがあります。

「ブーン」音が聞こえてきたら、先ずはフィルター掃除をしてみてください!

「キシキシ」と音がする場合の原因

この音は、エアコンをつけていないのに音がする場合、比較的耳にする音ではないでしょうか。

先ほどの「ブーン」音のような機械的な音ではなく、エアコン本体のカバー等が「樹脂」で出来ている為に起こる「伸縮音」になります。

「キシキシ」音が聞こえてきたら、設定温度を上げてみれば解決するはずです!

「ジー」と音がする場合の原因

この「ジー」音が聞こえてきた場合は、エアコン内にある「コンプレッサー」に異常がある場合が考えられます。

「ジー」音の原因のひとつに、ホコリや虫が入り込んでフィルターが目詰まりを起こしてしまう「ブーン」音を放置し続けての使用があげられます。

コンプレッサーは、フィルターの目詰まりが起こっていても、冷媒ガスを圧縮させたり、気化させたりを繰り返し行いますので、その結果、コンプレッサーが焼き付けを起こしてしまい、結果壊れてしまうようです。

「ジー」音が聞こえてきたら、コンプレッサーが故障するかも知れませんので、業者さんに点検依頼などをお勧めします!

「キュルキュル」と音がする場合の原因

この「キュルキュル」音は、先ほどの「ブーン」音が「悪化した場合」に聞こえてくる音になります。

フィルターにホコリや虫が詰まり、音がなるところまでは同じなのですが、そのホコリや虫を掃除せずに放置し続けると「キュルキュル」音に変わっていくようです。

そこに「ジー」音も聞こえてくると、故障の前兆かも知れません。

「キュルキュル」音と「ジー」音は、エアコンの故障の前兆かも知れませんので、気を付けてください!

「ガタガタ」と音がする場合の原因

この「ガタガタ」音は、これまでのホコリや虫が原因で起こるものではありません。

エアコンに「フィルターを自動で掃除をする」機能がついている機種で起こりやすい原因になります。

フィルターやダストボックスの取付に不備があり、お掃除をしてくれる中の機械が接触したりすることで「ガタガタ」音がします。

「ガタガタ」音の場合は、故障の前兆とまでは行きませんが、この音が聞こえた時は、ダストボックスの取付を確認することと、エアコンの前のパネルを一度はずしてみてください。

「ガタガタ」音は、パネルなどが正しく取付けられていない場合がほとんどです!

スポンサードリンク

エアコンをつけてないのに音がなるのは故障・それとも虫?【まとめ】

「エアコンをつけていないのに音」の種類と原因についていろいろ見てきましたが、音の種類はほかにもあるようです。

普段から「エアコンのお掃除」を心がけて頂くだけで、故障の原因を取り除くことが出来る場合が多いのですが、もし「気になる音」がなりはじめたら、これらを参考にしてみてください!

Follow me!