電気ストーブをつけっぱなしで寝るのは危険?電気代は上がるの?

電気ストーブってとても暖かくて、目の前にずっと座っていたくなりますよね。

そんな電気ストーブを「寝る時もつけっぱなしに…」と思いたくなるのも無理はないでしょう。

でも実は、電気ストーブを寝る時につけっぱなしで放置すると、危険を招くことになるのです。

また、電気ストーブを使うことによって電気代が上がってしまっている可能性も。

というわけで今回は、電気ストーブを寝る時につけっぱなしにすると危険なのか、寝る時もつけっぱなしにすると電気代はどうなるのかなどを紹介していきます。

これを読めば更なる安眠をゲット出来るかもしれませんよ。

スポンサードリンク

電気ストーブをつけっぱなしで寝るのは危険?

電気ストーブをつけっぱなしで寝るのは、かなり危険です。

「電気しか使ってないし危険はない!」と思うかもしれませんが、実際のところパッと見一番燃え上がりそうな石油ストーブよりも火災の危険性が高めなんですよ。

確かに電気だけを使っていないのは安全なように思えるでしょう。

しかし、電気だけを使って電気ストーブとそっくりの製品、トースター。

あれ、長時間つけっぱなしで置いておいたら中のもの焦げますよね。

もちろん普段使う時、トースターの中身を放置するかの如く電気ストーブの傍に焦げるものを放置することはないでしょう。

でも寝る時はどうでしょうか。寝返りを打った瞬間電気ストーブの傍に布団が、なんてこと起こらない保証ありませんよね。

ちなみにつけっぱなしの電気ストーブの傍に布団が行くと、長時間トースターの中で放置したものと同じことが起こります。そう、焦げるんです。

布団が焦げれば、寝ている間に家中に火が回って火災が、なんて恐怖が起こる可能性も。

とは言え、日中に使用する場合は燃えるものを傍に置かなければほぼ無害なので、電気ストーブ自体が危険なものというわけではありませんからね。

電気ストーブをつけっぱなしで寝た時の電気代

電気ストーブをつけっぱなしで寝るのは危険、ということでしたが「どうしても寝る時は電気ストーブを使いたい」「対策をして寝れば問題ない」との思いで、つけっぱなしで寝る方もいらっしゃることでしょう。

そういった方は、電気代が他の暖房機器よりも高くつくのか気になったりはしませんか。

ズバリ結論を言いますと電気ストーブは、長時間使う場合は高くかかり、短時間使うだけなら安く済む、という感じです。

長時間使う場合、電気ストーブは一定の暖かさで熱を発するため、いくら使おうと電気代は一定です。

しかしエアコンなどを使用する場合、指定した温度になると動きが緩やかになり使用電力が落ち電気代も安くなります。

逆に短時間使う場合、電気ストーブは変わらず一定の電気代がかかります。

エアコンなどは、一から部屋を暖めるため使用電力が上がり電気代も上がります。

そのため、寝る時の電気代のみを気にして考えると、エアコンを使った方がお安く済むことが多いのでおすすめです。

寝る時につけっぱなしにしたいなら

寝る時に何らかの暖房機器をつけっぱなしにしたいなら、エアコンがおすすめです。

エアコンであれば寝返りを打っても火災が起こることはありませんし、電気代も馬鹿高くなることはありません。

むしろ、上手に使えば電気ストーブよりもお安く済む可能性の方が高いです。

デメリットがあるとすれば、使い過ぎると喉が乾燥するという点ですが、このデメリットはどの暖房機器を使ってもさして変わらないでしょう。

とは言っても「エアコンより電気ストーブが好き!」「そもそもエアコンが家にない」という方々に無理にでもエアコンを使った方がいい、と言う気はありません。

対策が出来れば電気ストーブを使って寝るのも十分アリですし、家にないものを必要だと思わないのにわざわざ買う必要性もないのです。

そのため結局のところ、きちんとデメリットを理解した上で使うのならどんな暖房機器でもつけっぱなしで寝て問題ないと言えます。お気に入りの暖房機器で安全な睡眠を取る、これが一番重要なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

電気ストーブをつけっぱなしで寝るのは危険?【まとめ】

今回は電気ストーブについて紹介させていただきました。電気ストーブは使い方によって危険にも安全にも使用出来ます。

そのため私は電気ストーブが嫌いなわけではありませんし、使う人を否定する気は一切ありません。

それに、電気代が高かろうと火災の原因になる場合があろうと電気ストーブが私達を心身共に暖めてくれることに変わりはないのです。

ただ、危険な使い方を続ければいつか火災が起きるのは確実。だからこそきちんと危険性を把握し電気ストーブと危なくないつけっぱなしライフを送って欲しいです。

Follow me!