石油ストーブはどこで買うのが正解?灯油はどこで買えばいいの?

寒くなってくると恋しくなる石油ストーブ。

そんな石油ストーブを販売している場所は数多く存在しています。

しかし、その中から「とりあえずここで売っている石油ストーブを買っておけば正解だ!」と言える販売店は存在しません。

また、石油ストーブの燃料となる灯油も、どこで買うのが1番いいのか疑問に思っている人、多いですよね。

かと言って、「買えばどうにかなるさ!」と適当に購入を決めてしまうと、使い勝手の悪い石油ストーブを使用し続けることになったり、灯油販売店が家の近くになかったり、なんてこともあり得るわけです。

というわけで今回は、石油ストーブや灯油の購入場所、石油ストーブ本体の選び方などを紹介していきましょう。

スポンサードリンク

石油ストーブ本体はどこで買うのが正解?

石油ストーブ本体は、ネットや家電量販店、リサイクルショップなど、様々な場所で入手可能です。

そして、その中で「ここで買えば正解!」と胸を張って言える場所は存在しません。

各所購入が楽、ポイントがつく、お値段が安いなど、それぞれ利点があるからです。

私個人としては、自宅に届けてもらえるプラスポイントを貯められるネット購入が1番おすすめだったりしますが、ネット購入をする場合にはきちんとした情報収集が必要です。

情報収集せずに購入を決めてしまうと、使う場所に合わない石油ストーブを購入してしまったり、想像よりも使い勝手が悪かった、なんてこともあり得ますから。

そのためネットで購入する場合には機能性をよく確認し、口コミなども参考にしてみるといいでしょう。

時間がある方は実際に家電量販店に行って見てみるのも手ですよ。

石油ストーブ本体の選び方のポイント

石油ストーブの購入場所は人によって様々。そして本体のチョイスも使う場所や環境によって大分変わってきます。

そのためここからは、石油ストーブ本体の選び方を紹介していきます。

石油ストーブを選ぶ際には、

・使う場所と石油ストーブ本体の適応範囲はあっているか
・コンセントは必要か否か
・持続時間はどれ程か

以上3つのポイントを確認しておくといいでしょう。

3つどれもが重要なことではあるのですが、コンセントが必要か否かの確認は必ずしておいた方がいいです。

置く予定の場所付近にコンセントがないのに、コンセント必須のものを買ってしまうとわざわざ延長コードを使ったり場所を変えたりしなければいけなくなりますからね。

我が家でも昔、コンセント必須のものを使っていたのですが、横を通る度に線に躓きそうになっていました。

そのため、今使っているストーブはコンセントなしで使えるものにチェンジ。結果躓き解消はもちろん、持ち運びも楽になりました。

燃料の灯油はどこで買う?

石油ストーブの燃料である灯油。

その灯油は、自前のポリタンクさえあればガソリンスタンドやスーパー、巡回販売にて購入出来ます。

労力的には巡回販売の方が楽ではありますし、車に灯油の臭いが充満しなくて済みます。

しかし、私の住む地域だけからもしれませんが、巡回販売は少々お値段が高いように感じますし、必要な時に限って我が家の回りを回らないような気がしてなりません。

そのため我が家では、車で15分ほどの距離にあるスーパーに買いに行くことにしています。

車に乗せた瞬間だけは灯油臭い感じがしますが、すぐに消えますし、何より安いのです。

石油ストーブは寒い冬には必須アイテムですので、燃料である灯油は安い方が嬉しいですからね。

とは言え、住んでいる地域によってはガソリンスタンドの方が安かったり、巡回販売の方が安かったりするでしょう。

また人によっては「ポイントが貯まるからここがいい」「車を持ってないから巡回販売の方がいい」というこだわりポイントも存在するかもしれません。

そういった方は、こだわりポイントに沿って販売店を探した方がいいでしょう。

「とりあえず入れられればいい」という方は、車を持っていればガソリンスタンド、持っていなければ住んでいる地域に回ってくる巡回販売を探してみてはいかがでしょうか。

ですが、巡回販売の場合は、予約制の所もあるようなのでそこら辺の確認を忘れないよう気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

石油ストーブはどこで買うのが正解?【まとめ】

今回は石油ストーブ本体をどこで買うのか、本体を選ぶポイント、灯油販売店などを紹介していきました。

石油ストーブは、慣れてしまえば楽ですが初心者には分からないことだらけの家電。

しかし、使い始めればもう離れることは出来ない魔性の家電なのも石油ストーブなんですよ。

だからこそ、自分に合ったストーブを探しあて、心身共に暖かい冬を満喫してほしいのです。

Follow me!