スターバックス「ぬるめ」の頼み方は?ホットドリンクの対象メニューも解説!

飲食店でドリンクを頼む時、そして飲む時、私は決まって「熱いっ!」と言う感想を持ってしまいますが、皆さまはいかがですか?

猫舌の方にとってホットドリンクは、冷めるまで飲めないというのがお決まりですよね。

実は私も家族の中で唯一、猫舌で育ってしまったので、こういう経験は何度もしています。

とはいえ、体を冷やしたくない季節は冷たいものを飲みたいわけではないので、自分で温かさを調整してぬるめのドリンクを好んで飲んでいます。

しかし、よく行くスターバックスで、それは出来ないものなのか?と言う疑問をもったことがあります。

以前までは普通に頼んで冷めるまで待って飲んでいましたが、できればすぐに飲める温度がいいなと思うようになり、ある時勇気を持って店員さんに伺ってからは、今でもその頼み方で頼むようになりました!

今回はスターバックスのホットドリンクをぬるめで頼む方法と、その時に伺った豆知識と共に紹介していきます。

スポンサードリンク

スターバックスのホットドリンクの温度帯

通常ミルクを使うドリンク、ラテやモカなど、ドリップコーヒー系以外のホットドリンクは、冷たいミルクをピッチャーに注ぎ、蒸気で空気を含みつつ温度を上げています。

それがいわゆる“スチームミルク”です。

スターバックスではこのスチームミルクが大体66℃〜77℃の温度幅で提供されているようです。

この温度が一番スチームミルクが美味しく感じられる温度みたいです。

私たちがカップを受け取った際は、大体70℃くらいでしょうか。

猫舌でなければ美味しく飲める範囲ですが、猫舌には少し熱く感じてしまいますよね。

ちなみにカフェモカやホワイトモカ、ココアなどのホイップクリームが乗ってるドリンクは、冷たいホイップクリームが乗る分、77℃に近い高い温度でスチームしているようです。

またドリップコーヒー、カフェアメリカーノはお湯を使用しているため、温度の調節は出来ませんが、氷を足してもらうことで温度を下げる工夫はできますので、よろしければ試してみて下さい。

スターバックス「ぬるめ」のホットドリンクの頼み方

実際スターバックスではいつものカスタマイズと同じように、レジでドリンクをオーダーする時に「ぬるめでお願いします」と頼むと希望に沿った温度で作ってくれます。

その際、具体的に何℃くらいがいいか分からない場合は、店員さんにお任せすると大体54℃〜60℃くらいで作ってくれます。

54℃というのは、スターバックスで提供している“キッズココア”と“キッズミルク”の温度と同じなのです。

実は私は毎回「キッズ温度でお願いします」と頼んでいますが、この温度で熱いと思ったことがないです。

それもそのはず、子どもでも飲める温度で作ってくれるので猫舌の方にも優しい温度に仕上げてくれるのです。

時々ココアをぬるめで頼んだりすると「お子様用ですか?」と聞かれることはありますが、その時は否定すればいいだけですし、身構えなくても優しく応えてくれますよ!

もし具体的に温度が決まっている方でも、温度計を使用してスチームしてくれるので、例えば子ども用にドリンクをオーダーしたいけどキッズ温度が熱いかもしれないと、ご心配な親御さんでも、バリスタさんがお好きな温度で作ってくれますので安心して下さいね。

ホットドリンクを熱めで頼むことは可能か?

反対に「熱めで」と頼むこともできます。

しかし、90℃以上の温度だとバリスタの火傷などの観点から安全性に関わりますし、美味しいスチームミルクができなくなってしまうみたいなので、上限は90℃です。

私が通っているスターバックスでも、毎回90℃のオーダーをしているお客様がいましたが、眺めていたらミルクをスチームする際に沸騰するまで温めていたので、確かに危険だなと思ってしまいました。

どんなオーダーでも受けようとしてくれるスターバックスのパートナーさんの姿勢に感動してしまいますよね。

カフェモカ・ホワイトモカのぬるすぎない頼み方

先ほど述べたように、カフェモカ、ホワイトモカ、ココア、キャラメルスチーマーのホイップクリームが乗るホットドリンクは、ホイップクリームが全体の温度を下げるため、通常のスチームミルクよりも熱めにスチームされています。

私はホイップクリームの隙間から出てくる液体が熱すぎて飲めないので、これも迷わずキッズ温度でのオーダーをしています。

しかし中には、ぬるめのオーダーをしたら温度が下がりすぎてしまったという方もいるかもしれません。

これらのドリンクはレジでオーダーする時、親切な店員さんだと「ホイップクリームが乗る分、通常より熱めにミルクをスチームしていますが、通常くらいにするか、それよりも低い温度にしますか?」と伺ってくれます。

温度が低いと感じた方は、この時に「通常くらいで...」と頼むとほどよく飲めると思います。

ちょうどいい温度をオーダーするのは難しいですが、なるべく希望に沿ってドリンクを作ってくれるのでぜひチャレンジしてみて下さい!

スポンサードリンク

スターバックス「ぬるめ」の頼み方は?【まとめ】

今回は普段私が頼むドリンクの頼み方と、それにまつわるちょっとした知識を書いてみました。

スターバックスも店舗の色というのがあり、どの店舗として同じ店舗はありません。

私が通っているスターバックスでは、こういう気遣いをして下さいますが、訪れる店舗によるところはあるかなと思いますが、共通して言えることは、通えば通うだけ、お客様のカスタマイズを覚えてくれるのがスターバックスのパートナーさんの素敵なところです。

熱め、ぬるめ、たったそれだけのことでもひと味違うドリンクに変わるので、なかなか勇気がなくて頼めなかった方や、気になる方はぜひ試してみて下さいね!

Follow me!