ロッテリアにワイファイはある?接続方法や使い方を徹底解説!

ハンバーガーショップといえば「ロッテリア」。そして、ロッテリアの代名詞ともいえる「エビバーガー」は美味しいですね。

私は個人的にロッテリアのポテトも細くてカリッとしているので好きです。

ロッテリアは親会社の「ロッテ」とおしゃれな「カフェテリア」を合わせて「ロッテリア」と名付けられた通り、カフェ気分でゆっくりできて、ドリンクも充実しています。

ハンバーガーやポテトはもちろん、ドリンクを飲みながらネット環境で仕事をしたり、メールやゲームなどゆっくりとした時間を楽しむ方が多いのではないでしょうか。

そんな時、気になるのは「ワイファイ」が使えるかどうか・・・ですよね。

「ワイファイ」が使えなければ、快適にパソコンやスマホを使うこともできないですよね。

そこで今回はロッテリアのワイファイ事情について解説したいと思います!

スポンサードリンク

ロッテリアにワイファイはあるの?

最近の飲食店ではワイファイ環境が当たり前のようになっています。そして、「ロッテリア」でも「ワイファイ」は無料で使えます。

しかし、「ワイファイ」が使えるのは全店舗ではなく一部の店舗では使えないこともあります。また無制限ではないので注意が必要です。

そこで今回は、「ロッテリア」で「ワイファイ」が無料でどれくらい使えるのか、接続方法についてもご紹介したいと思います。

ロッテリアのワイファイは無料で使えるの?制限は?

ロッテリアでワイファイは無料で「LOTTERIA_Free_Wi-Fi」を使うことができます。ただ、全店舗で使えるわけではなく、店舗によって使えない店舗もあります。

ワイファイが使える店舗を知りたい方は、ロッテリアの公式サイトから確認できるので事前に確認しておくと安心ですね。

ただ、時間制限があり「1回の使用時間は30分まで」となっています。そして、使用回数にも制限があり「1日16回まで」となっています。

しかし、それを換算すると「1日最大8時間」まで使用可能ですね。

1回の使用時間が30分だと、あっという間で短いと思いますが1日16回まで使用できるので、最大8時間となれば十分ゆっくり過ごすことができると思います。

ロッテリアのワイファイの接続方法は?

ロッテリアでワイファイが無料で1日8時間まで使えることは分かりましたが、接続方法はどのようにすればよいのでしょうか。

ワイファイを利用するには「メールアドレス」の登録が必要になります。面倒だと思う方もいるかもしれませんが、一度登録してしまえば、1年間はそのまま何度でも使えるので便利ですね。

それではロッテリアでのワイファイの接続方法をみていきたいと思います。

①設定アプリから「Wi-Fi」をタップ
②Wi-Fiのネットワークより「LOTTERIA_Free_Wi-Fi」をタップ
③ロッテリアのワイファイページより「インターネットに接続」をタップ
④ログインページより「利用登録」をタップ
⑤利用規約ページより下部の「同意する」をタップ
⑥メールアドレスを「登録」「確認」する
⑦「無線LANセキュリティについて」を読んで「同意」する

普段、無料ワイファイを利用したことがある方は、ロッテリアでのワイファイの接続方法もさほど難しくないと思います。

ただ、利用時間が「1回30分まで」と短いので、仕事などデータを保存する必要がある作業をしている方は、利用時間を見ながらこまめにデータ保存することをおすすめします。

スポンサードリンク

ロッテリアにワイファイはある?【まとめ】

ロッテリアではワイファイを無料で最大8時間まで利用できることが分かりました。ハンバーガーなど食事しながらゆっくりパソコンやスマホで作業もできそうですね。

座席は店舗によって異なりますが、テーブル席とカウンター席とあり、一人でも二人でも人数によって選べるのもいいですね。

そして接続方法も簡単なので誰でも気軽に利用できます。

特に忙しいときは、ランチもままならず仕事をしなければならない時もありますが、ランチをしながら仕事ができるのは十分利用価値があると思います。

ただ、時間帯によっては混み合っている時もあるので、状況によって作業時間や利用時間を考えた方が良さそうですね。

Follow me!