モスバーガーの大豆ミートとは?!正直なところどうなの?

いきなりですが、みなさんモスバーガーの「大豆ミート」は知っていますか??

一度は耳にしたことがある方もいると思いますが、興味はあるけど実際どんなものなのかよくわからず、購入したことがない人もいるかと思います。

私もそのうちの一人です。

そこで今回はモスバーガーの大豆ミートとは?という疑問から正直な評判を探っていきたいと思います!

スポンサードリンク

モスバーガーの大豆ミートハンバーガーとは?

モスバーガーでは、2015年から大豆を原材料とした大豆ミートハンバーガーが誕生。
通常のハンバーガーパティ(牛肉)の代わりに大豆ミートであるソイパティが選べるようになりました。

「タンパク質はしっかりとりたいけど、余計な脂肪は抑えたい。」と思う方は私を含め、たくさんいると思います。そんな方にピッタリな健康重視に作られたハンバーガーです。

実は、モスバーガーは国内のファストフードチェーンでいち早く植物肉や大豆ミートを手がけるなど健康志向な方や食事に制限のある方に寄り添ったメニューが豊富なのです!

ダイエットをしているけど、どうしてもハンバーガーが食べたいときってよくありますよね!

そんなときでも我慢せず、罪悪感もなく食べられる低カロリーなハンバーガーです。

大豆ミートのいいところはたくさん!

普通にモスバーガーを食べたい!という方は牛肉のパティで満足ですが、少しでも健康に良いものを求める人やダイエットしている方はやっぱり大豆ミートが気になりますよね!なので、いまから大豆ミートの魅力をあげていきたいと思います!

大豆ミートは高タンパク質で低脂質

大豆は畑のお肉と言われるほど、高タンパクな食品です。さらに、製造過程で油分を取り除いているため、脂肪の含有量が少なく低カロリーなんです。

ノンコレステロールでポリフェノールが含まれる

大豆にはコレステロールが含まれていません。さらにポリフェノールの一種でもある「大豆サポニン」が含まれています。

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富

ビタミンB群やビタミンEといったビタミンをはじめ、カルシウムやカリウム、
鉄分のようなミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。

大豆イソフラボンも含まれている

女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ていることから、植物性エストロゲンと呼ばれる「大豆イソフラボン」が含まれています。

上記のように、大豆ミートは栄養豊富でいいところがたくさんなんです!

しかもお肉と似たような見た目や食感で、栄養価が高くヘルシーなのが魅力ですよね!ダイエットしている方だけでなく、食肉が苦手な方でも安心して食べられるのでとてもオススメです!

ソイパティの評判は??まずい??

大豆が原材料で体に良さそうな大豆ミートですが、正直なところ味が気になりますよね。

私もスーパーやごはん屋さんでも低カロリーな食べ物はよく見かけますが、実際に食べてみると「まずい」「物足りない」「高い」と思ったことがあります。

しかし、モスバーガーのソイパティの評判を見てみると

「ソイパティにしっかり味がついていてコクがある」
「モスオリジナルソースがおいしいので全然ソイパティが気にならない」
「何も言われずに食べたらソイパティと分からない」

などなど。意外と評判が良いんです!

ソイパティでも、モスバーガーを堪能できそうですよね!

スポンサードリンク

モスバーガーの大豆ミートとは【まとめ】

今回はモスバーガーの大豆ミートについて解説しました!

ちなみに料金も他のメニューと変わらずに購入できるので、その日の気分によって普通のパティやソイパティを楽しめますね!

私もまだ大豆ミートを食べたことがないのでこの機会にモスバーガーに行きたいと思います!みなさんもぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

Follow me!