衣替えは洗い直す必要がある?しまい洗いについて徹底解説!

衣替えをして収納から出したばっかりの服を洗い直してから着る派ですか?

そのまま着ちゃう派ですか?

私は洗い直すなんて考えたこともなく、そのまま着ちゃう派ですが、結論から言うと衣替え後、洗い直す必要はないんです。

それよりも、しまう時にしっかりと洗うということの方が重要だったんです。

大切な服を守るためにも、『しまい洗い』のやり方をしっかりと学んでいきましょう。

スポンサードリンク

衣替えは洗い直す必要がある?

「しまい洗い」をしっかりしてある場合に限りますが、衣替えの時に洗いなおす必要はありません

『しまい洗い』とは衣替えで服をしまう前に、衣服をしっかりと洗い直すことです。

私も手編みのベビードレスをしまっておいたら、襟ぐりのところによだれが残っていて黄ばんでしまい、悲しい思いをしたことがあります。

衣服にはぱっと見、汚れがついていないように見えても、そのまま収納すると黄ばみやシミ、虫食いが発生してしまう可能性が。

原因は、繊維に残っていた汗や皮脂汚れが、時間とともに繊維を変色・変質させてしまうから。

汚れがついていないように見えても、繊維の奥のほうに汚れが蓄積してしまっているんです。

『しまい洗い』のポイント!

クリーニングに出すものと自宅で洗うものを分ける

水洗い不可やドライクリーニングなどは自宅で洗うことができません。

また、自分で落とせない汚れがついてしまっている場合もプロにお任せしちゃいましょう。

必ず洗濯表示を見て確認してから洗う

黄ばみやシミ、皮脂汚れを落とすときは酸素系漂白剤を使用します。

すでに汚れが付いている場合は、液体よりも強力な粉末タイプを使用しましょう。

40℃~50℃のお湯に適量を溶かして10分から20分つけ置きします。

シミを落とすにはクレンジングオイルでもOK!汚れにもみこんで40℃くらいのお湯に20分程度つけます。

そのあと軽くすすいで洗濯機で洗います。

洗濯機で洗う

洗濯機で洗うときはすすぎは2回でしっかりすすぎましょう。

また、お風呂の残り湯は雑菌や皮脂汚れが含まれているので、しまい洗いの時は使用しないようにしましょう。

しっかり乾かす!

良く晴れた日に洗濯をするか、乾燥機でしっかりと乾燥させましょう。

そして収納するときは除湿剤や防虫剤をしようすると良いです。

こんなときは洗い直しが必要

ニオイが気になるとき

衣替えで収納するとき、収納ケースに防虫剤を入れる方も多いと思います。

防虫剤のニオイを嗅ぐと、おばあちゃんを思い出して懐かしい...という方はそのままでもいいかもしれませんが、くさいと感じるときはしっかりとニオイを取りましょう。

防虫剤のニオイの取り方

防虫剤の多くは揮発性なので、風を通すだけでもニオイが消えていきます。

湿度の低い日に日陰の風通しの良いところで2,3日干してあげましょう。

さらにニオイが気になるときや急に着たいときは、水洗いをしてください。ニオイ成分は水にも弱いので、水で洗い直すことでニオイを取ることができます。

シワが気になるとき

狭いところに収納していると、衣類にシワがついてしまう場合もあります。

衣替えをして出した服にシワがついていたら、まずは陰干しをしておきましょう。

日陰の風通しの良いところに、ハンガーにかけて数時間干しておきます。

これだけでもある程度のシワは取れますが、まだ気になるようならもう一度洗い直しをすることでシワが伸びます。  

おすすめの保管方法

収納する場所を掃除する

しまい洗いをしてきれいになった服を埃だらけの場所にしまっては意味がありません。 

衣類を食べる虫は埃が大好物なので、収納場所をしっかりと掃除してから衣類をしまいましょう。

防虫剤・除湿剤を使う

防虫剤の成分は空気より重く、上から下へと広がっていくので、衣類の上に防虫剤を置きましょう。

また、湿気があるとカビが発生してしまう場合もあるので除湿剤も一緒に入れて置くと安心です。

ぎゅうぎゅうに収納しない

ぎゅうぎゅうにしまってしまうと衣類にシワがついてしまったり、カビが生えやすくなってしまいます。

余裕をもって収納すると、防虫剤の成分も行き渡りやすくなるので、あまり詰め込みすぎないように収納しましょう。

汚れを落とすにはスピード命!

衣服を守るためにはそもそも汚れを残さないようにすることが大切です。

汚れが定着するまえに落とすことが基本。

汚してしまったらその日のうちに落としましょう。

私は汚れがついてしまったら、汚れに洗剤を塗布して一晩つけ置くようにしています。

その時に便利なのが、ドレッシングやマヨネーズなどを入れる時に使う先の細い口の付いたフレンチボトル。

そのボトルに洗濯用洗剤を入れておくと、汚れにピンポイントで洗剤を塗布することができるので便利です。

スポンサードリンク

衣替えは洗い直す必要がある?【まとめ】

普段の洗濯では汗や皮脂の汚れなどは完全に落とすことはできません。

しまい洗いをしないまま衣類を収納してしまうと、黄ばみやシミ、虫食いの原因となってしまいます。

少し手間をかけて『しまい洗い』することで大切な服を守ることができます。

衣替えをするときは、しっかりと洗って新しい季節を気持ちよく迎えましょう。

Follow me!