ココスにベビーフードってあるの?持ち込み可能かも徹底解説!

赤ちゃんと外出するときに悩むことの一つとしてまず食事をどうするか考えますよね。

以前ココスでは離乳食の販売をしていましたが、現在は行っていません。

ファミレス全体を見渡しても扱っているところが非常に少なくなってしまった印象です。でも、キッズメニューが豊富で人気なココス。

ちょっとだけ手を加えれば簡単にオリジナルの離乳食を作る事もできます。

今回は、ココスのメニューで離乳食におすすめのメニューを紹介したいと思いますので是非ご覧下さい。

スポンサードリンク

ココスのベビーフード!離乳食にも出来るメニュー

ココスのメニューの中で、離乳食にしやすいメニューをいくつか紹介します。

おこさまうどん
ほうれん草とコーンが入ったおこさま用のうどんです。

うどんを細かく切ってあげるのはもちろん、ほうれん草やコーンも味の変化として加えてあげるといいですね。

コーンは月齢にあわせて、すりつぶしたものをお湯で薄めたりそのままあげてみたりするのがいいでしょう。薄皮を取るのが面倒という方は、コーンスープを注文しましょう!

おこさまコーンスープ×低アレルゲン米粉パン
おこさまコーンスープをそのままあげるには、塩分量がやや気になるので、お湯で薄めたものが好ましいでしょう。パンが好きな赤ちゃんには、浸して食べさせてもいいですね。
和風きのこ雑炊
離乳食の後期におすすめです。離乳食も回数が重なると、取り分けたり小さくしたりするのが億劫になりますよね。そんな時は、誰しもあること。離乳食も後期になれば、もうすぐママと同じものを食べたいという欲も子供にも出てくるはず。ちょっと薄めて、お互いWin-Winの、和風きのこ雑炊を食べましょう。
豚汁×ライス
野菜を食べて欲しいんだけどなかなか口にしてくれないという方には、豚汁がおすすめ。

豚汁の中には野菜の栄養がたっぷり、汁だけでも十分ですが野菜を細かく切ってご飯に混ぜて、ねこまんま風にすれば美味しく食べられますよ。

ココスのおこさま椅子はどんなもの?

ベビーフードの話でなぜ椅子?と思うかもしれませんが、子供を座らせる事はママにとって切実な問題なのです。

特にベビーフードを椅子に座って食べるという一連の動作が赤ちゃんにとって大事なお勉強なので、その点でも椅子はとても重要なアイテムとなります。

ココスではソファ席に置く椅子と床置きタイプの椅子、2種類用意されています。

床置きタイプの椅子にはベルトはありませんが、ソファ席における椅子にはベルトが付いているので、赤ちゃんがずり落ちる心配がありません。

ベビーフードをリメイクするのに便利なグッズ

ココスのメニューを赤ちゃん用に小さくするとき、ナイフやフォークで切っても良いのですが、離乳食用のフードカッターを買うことをおすすめします。

器の中でサクサク切れますし、スピードが違います。その際、ケース入りのものが持ち運びには便利です。

あっという間に過ぎてしまう離乳食期で、使う期間も限られていますが、もともとが優秀なフードカッターなので我が家ではキッチンに常備してたびたび使っています。

スポンサードリンク

ココスにベビーフードってあるの?【まとめ】

今回紹介したものは、ココスのメニューでの離乳食でしたが、家から自作の離乳食や市販のものを持ち込みする事も可能です。

食材が傷みやすい時期などは、レトルトのものにするなど工夫するといいでしょう。

その際、お店の人に温めもお願いする事もできますので、是非相談してみてくださいね。

(2021年8月時点の情報です。商品の内容や店舗の情報は変更になる可能性もありますので正確な情報の詳細は公式サイトでご確認ください。)

Follow me!