ココスの深夜料金は何時から?入店時それとも注文時に加算徹底解説!

手軽に安く食事が出来る場所としてファミリーレストランがあげられますが、夜遅く行くと深夜料金がかかってしまいますよね。

会計しようと思って伝票を見たら、下の方にしれっと深夜料金が加算されていたことありませんか?

特に、お店側もアナウンスするわけではないので、気付かないことが多いですよね。

でも、実はメニューの下の方に注意書きが小さな文字で書いてあるんです。

今回は、気になるココスの深夜料金のかかる時間帯について調査してみましたので、是非ご覧下さい。

スポンサードリンク

ココスの深夜料金はいつからいつまで?

ココスの深夜料金は、22時~翌5時までの間に加算されます。

深夜料金は最初の注文時にかかります。

例えば、、、
19時に入店して料理を注文しました。
22時15分に、追加注文をしました。
22時50分に退店しました。

これは、セーフ。

ちなみに、、、

22時に入店して料理を注文しました。
22時15分に、追加注文をしました。
23時50分に退店しました。

これは、アウト!

あとは、、、

4時50分に入店した場合。

10分待って、5時以降に注文しましょう。

深夜料金は実際いくらかかるの?

深夜料金は10%加算されます。

上の例で言うと、22時に入店して料理を注文したあとから10%かかります。
例えば、2000円注文していて、500円の追加注文をすると

(2000+500)×1.1=2750

と、なり250円の深夜料金がかかることがわかります。

ココスの深夜料金はテイクアウトもかかるの?

ココスのテイクアウトは、22時以降でも深夜料金はかかりません。

例えば、22時に入店してもテイクアウトだけ注文すれば深夜料金はかかりません。
ただし、テイクアウト商品なので家に帰ってから食べるようにしましょう。

そもそも深夜料金って何?

ココスだけではなく、ガストやデニーズなどほとんどのファミリーレストランで22時以降食事をすると深夜料金が付きますが、唯一ジョイフルだけが導入をしていませんでした。

ですが、2021年7月5日にHPにて導入されることが発表されました。

労働基準法で、22時以降働かせる人には給料の割り増しをしなければいけないと決まっています。

そうするとジョイフルは今まで、店でその割り増し分を負担してくれていたんだなと思うと、このご時世導入も致し方ないのかもしれませんね。

22時以降はだんだん働き手も少なくなってきて、リスクもある時間帯なので深夜料金とは
深夜働いてくれてありがとう賃だと、思えば納得がいきますね。
(ジョイフルHP:https://www.joyfull.co.jp/news/archives/995

ココスの伝票をチェック!

合計金額以外はあまりじっくり見ないという方多いと思います。

中には、伝票すら見ないよというセレブな方も、ココスの伝票表記を説明しますのでちょっと小耳に挟んでみてください。

まず、一番上にバーコード。その下に【新規】と明記があり、さらにその下に注文した日時が記載されています。

深夜料金はこの【新規】の伝票が、22時から翌5時の間に発行されてしまうと加算されるのです。

次に、テーブル番号、担当が横に書かれ、下に注文したメニューが記載されます。

金額の欄は6つに分かれていて、TO小計、TO消費税8%、深夜料、EI小計、EI消費税10%、合計になります。TOはtake outの略です。では、EIは何でしょう?

正解は、eat inの略です。最後には伝票番号が記載されています。いかがでしたでしょうか。

テイクアウトで注文したのに、イートインで打たれていて税率が違う!なんていうのも、ここでちゃんとチェックしましょうね。2%の違いでも大きいです。

スポンサードリンク

ココスの深夜料金は何時から?【まとめ】

一昔前まで24時間空いているお店は沢山あり、そこで働いている人も沢山いました。

現在、ココスでは24時間空いているお店もありますが、珍しい部類に入る程少なくなっています。

コンビニでも、AI技術の進化による無人キャッシュレス化が進み、人員削減に取り組んでいます。

ファミレスでも近い将来、無人化が進み人員削減に成功できれば、この深夜料金のシステムも、もしかしたらなくなるのかもしれませんね。

(2021年8月時点の情報です。商品の内容や店舗の情報は変更になる可能性もありますので正確な情報の詳細は公式サイトでご確認ください。)

Follow me!