吉野家のぎゅうすき鍋膳はいつからいつまで販売?テイクアウトも可能か解説!

吉野家で注文する冬の定番メニューといえばぎゅうすき鍋膳!という人も多いのではないでしょうか?

私もその一人で毎年寒くなってくると無性に食べたくなってしまいます。


画像はイメージです。本文との関連はありません。

甘辛いタレに大きめのお肉やたくさんの野菜が入っていてボリューム満点なうえにご飯がすすみますよね。

今季はもう1回ぐらい食べたいなあと思っていると気がつけば販売が終わっているぎゅうすき鍋膳。

次こそはちゃんともう1回ぎゅうすき鍋膳を食べたい…そんな思いからいつからいつまで食べられるのか、テイクアウトもできるのかを調べてみました!

私のように悔しい思いをしたことがある人も、まだ食べたことがない人もぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

まだ食べたことない人必見!吉野家のぎゅうすき鍋膳とは?

吉野家のぎゅうすき鍋膳は販売を開始した2013年以降毎年リピート率の高い商品です。

甘辛いタレに大きめの牛肉、白菜・玉ねぎ・豆苗・人参などの野菜、なめらかな絹豆腐、締めにぴったりのきしめんまで入ってボリューム満点!

なんと野菜はこれ一食で半日分も摂ることができるんだとか。

チェーン店のメニューでここまで野菜がたくさん摂れるものはそう多くはないはず。

私は冬場になると寒いキッチンに立つのが嫌で外食やコンビニにお世話になりがちなのですが、栄養バランスが偏りがちになったときは吉野家のぎゅうすき鍋に毎年お世話になっています。

吉野家のぎゅうすき鍋膳は並盛で税込712円と少し値段は張りますが、日頃のプチ贅沢にもってこいの期間限定メニューです!

女性や少食の人なら並盛で十分満足できます。

もっとお肉を食べたい人は追加でたった税込305円を払うだけでお肉の量を2倍にしてくれるのも嬉しいですね。

まだ食べたことがない人にぜひ試していただきたい冬の定番メニューです!

ぎゅうすき鍋膳の販売期間はいつからいつまで?

気になるぎゅうすき鍋膳の販売期間ですが2021年は10月21日のAM11:00から

いつまでかは現在のところ公表されていないようですが、例年の感じでいくと来年の4月末頃のようです。

約半年間も販売されているんですね!

なぜ私は毎年のようにあともう1回だけ食べたいと思いながら食べれていないんだろうという謎は残りますが、春といっても夜は肌寒い日も多い4月まであったかいぎゅうすき鍋膳が食べられるのは嬉しい限り。

欲をいうと通年メニューにしてほしいけれどと思って調べてみるとネットでは一年中販売されていました。

もっと早く調べてみればよかったです…。

牛丼の具をオリジナルの牛すきタレで仕上げたものや自分で野菜や豆腐などの好みの具をあわせて作ることができるぎゅうすき鍋の具など店舗に販売されるものとは少し異なるようですがどれもおいしそう

吉野家のぎゅうすき鍋に対して豆腐が焼豆腐だったらもっとおいしいのになあと思っていたので自分でアレンジできるぎゅうすき鍋の具は一度試してみたいと思います。

ぎゅうすき鍋膳はテイクアウトで家でも食べられる?

吉野家のぎゅうすき鍋膳はテイクアウトも可能です。

ぎゅうすき鍋とご飯と卵はすべて別々の容器に入れてくれ、紅生姜、七味唐辛子もちゃんとついています。

唯一店内で食べるのと違うのは漬物がないことぐらいです。

店舗のように固形燃料でぐつぐつと煮込みながらという訳にはいきませんが、お鍋に移し替えて温め直せば熱々でおいしく食べられました!

吉野家のテイクアウト用の容器はいずれもレンジ使用不可なので特別面倒だとは感じませんでした。

また一部販売のない店舗もありますがテイクアウト限定の牛鍋ファミリーパックもあるようです。

自分ですべての食材を用意するとかなり高額になってしまうすき焼きがお手頃価格で食べられて、しかもボリュームも栄養バランスも満点なのは嬉しいですよね。

家族の栄養バランスに気を遣っている毎日忙しいお母さんにおすすめしたい商品です!

スポンサードリンク

吉野屋のぎゅうすき鍋膳とは?【まとめ】

今回は吉野家のぎゅうすき鍋膳の販売期間やテイクアウトができるかなどをまとめてみましたがいががでしたか?

冬限定のメニューという印象がありましたが、例年少し寒くなってくる10月下旬からまだ夜は肌寒い4月末まで販売しているようです。

ネットでの注文なら一年を通していつでも食べることができます。テイクアウトも可能で温め直せばお店の味が家でも食べられるのは嬉しいですよね。

人数が多い家庭にはファミリーパックもあるので家でお手頃価格でぎゅうすきを楽しむことができます。

少し肌寒くなってきた今日この頃。

甘辛いタレと具だくさんが魅力の吉野家のぎゅうすき鍋膳で身体の芯から温まってみませんか?

Follow me!