吉野家のうなぎ産地はどこ?安い鰻重を提供できる理由と評判を解説!

1年を通して食べることができる吉野家の鰻重。土用の丑の日だけでなく体力が落ちて夏バテしてしまったとき、ハードな仕事が続いて身体が疲れているときなどスタミナをつけたいときに食べたくなる人も多いのではないでしょうか?

とはいえ鰻は高級品。

専門店や和食屋なんかで食べるとだいたい3000円〜5000円ほどするものです。

吉野家では甘辛いタレがたっぷり滲みたふわふわの鰻がお手軽価格で食べられるので嬉しいですよね。

なぜここまでリーズナブルな値段で鰻重を提供できるのか?

秘密はうなぎ産地にあったんです!

今回は気になる吉野家のうなぎ産地や実際の評判をまとめているのでぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサードリンク

吉野家のうなぎ産地は中国!安全性は大丈夫?

専門店や和食屋で3000〜5000円程の鰻重はうなぎ産地が日本のものをほとんどのお店が使用しています。

日本ではあまりたくさん収穫することができないのでこの値段になるのも納得ですね。

一方吉野家のうなぎ産地は中国です。

中国と聞くとなんとなく品質や安全性が気になる方も多いかと思いますが心配ありません!

吉野家は自社専用の養殖場を中国に持っており、白子の頃から一貫して育てたものだからです。

店頭で販売される鰻重には厳重な管理体制のもとで育ったうなぎしか使用していません。

また輸入の際には「日本うなぎ輸入協会」の厳しいチェックをクリアしています。

言ってしまえば「日本よりもうなぎがたくさんいる中国で育った」だけ。

中国のどこかにいるうなぎをそのまま輸入している訳ではなく、品質管理も吉野家が行っているので安全性に問題はないと言えます。

実際の鰻重の評判ってどうなの?

実際に食べた人からはおいしいという声が半分以上です。

特にこの値段で鰻重が食べられることへの喜びの声が多かったです。

吉野家の鰻重はなんと破格の税込866円!

そんなに安く鰻重が食べれていいのかと私もはじめは目を疑いました。しかも通年で提供しているので食べたいときに食べられるのも嬉しいですね。

値段だけでなく吉野家特製の甘辛いタレがしっかりと鰻にしみていること、ふわっとした身が高級店に負けていないなどと満足度が高いようです。

中には味に感動して思わず涙が出そうになったなんて声も。

私自身も何度か食べたことがありますが鰻特有の臭みが苦手な私でもおいしく食べられたので非常に大満足でした。

一方少数ではありますが悪い評判もあるようです。

鰻のサイズが小さくてご飯とのバランスがおかしい、もっと本格的な鰻重に近づけてほしいなどの声がありました。

確かにご飯の上にちょこんと鰻が乗っているようには私も感じたのですが、サイズに関してはこの値段なら仕方がないのかなと思います…。

おいしくないという感想ではなく吉野家への期待が込められているコメントに聞こえる意見が多かったので今後の鰻重に乞うご期待!ですね。

吉野家のうなぎのカロリーは?うなぎの枚数って増やせるの?

吉野家の鰻重は基本的に1枚盛です。税込866円で653キロカロリー。

なんとなく牛肉よりも鰻の方がカロリーが低いイメージがありますが牛丼の並盛と比べると少し高めのようです。

吉野家ではうなぎの枚数を3枚まで増やすことができます。2枚盛だと税込1339円で864キロカロリー、3枚盛だと税込1812円で1192キロカロリー。

吉野家の中では高額商品になりますがそれでもこの値段。さすが吉野家です!

気になる量ですが、2枚盛だとうなぎでご飯がきれいに隠れるほどで、3枚盛だとご飯の上に乗り切らず2枚重ねになるボリュームでした。鰻のサイズが小さいと感じたことがある人は一度2枚盛を注文してみるといいかも。

タレとご飯のバランスを気にすることなく最後までおいしく食べられます!もっとうなぎを楽しみたい人は3枚盛も試してみてくださいね。

スポンサードリンク

吉野家のうなぎ産地はどこ?【まとめ】

今回は吉野家のうなぎ産地と実際の評判についてまとめてみました!

吉野家のうなぎ産地は中国ではありますが徹底した品質管理がされているので安全にかつ手頃な値段で1年を通じて食べられます。

コストパフォーマンスがよいだけでなく味にも好評のようです。

うなぎとご飯のバランスが悪いとの声も一部ありましたがうなぎの枚数を増やすこともできるので試してみてくださいね。

土用の丑の日はもちろんちょっとお疲れ気味のときなんかに頼んでみてはいかがですか?

Follow me!