スシローの面接で落ちた理由は?元スタッフが攻略法を徹底解説!

私は高校生の頃スシローでバイトをしていました。

高校3年生で進路もすでに決まっていたということもあり、たくさん時間があったのでバイトを始めました。

その際の面接内容やお店が求めているのはどんな人なのかを今回は説明していきたいと思います。

また、どんな人が面接で落とされてしまいやすいのかもお伝えしていくので、スシローでバイトをしようと思っている方の参考になればいいなと思います。

スポンサードリンク

スシローの面接ではどんな人が落とされやすいの?

スシローは人気回転寿司のチェーン店です。昼食や夕食時はもちろんのこと、週末は特にお客さんで混み合うことが多いです。

そのため、できるだけ多くシフトに入ってくれる人を必要としています。

特にスシローは年中無休なので、ゴールデンウィークやお盆、お正月などの繁忙時期に活躍してくれる人材なのかどうかを面接で見極めていると思います。

面接で合否を大きく左右するのはこの「繁忙時期」にどのくらいシフトに入ってくれるかが大切になってくるので、シフトにたくさん入る余裕がある人が比較的面接に受かるといえます。

もちろん面接に受かるための嘘はダメなので、どのくらいシフトに入れるかは正直に話しておきましょう。

スシローの面接の攻略法とは?

お店の希望する出勤日数や曜日、時間帯が自分の希望とマッチしているか

上記でもお伝えしたように、お店側は繁忙時期や時間帯に活躍してくれる人材を求めているので、それにマッチする人を選んでいます。

清潔感があるか

これはスシローでの面接に限らず、とても重要になってきます。第一印象は本当に大切なので、挨拶などの礼儀や笑顔、清潔感には気を使いましょう。

声が聞き取りやすいか

飲食店ではホールでもキッチンでも声が小さいと、お客さんに対してもスタッフ同士でも意思疎通が難しいです。ハキハキと聞き取りやすい声量を意識しましょう。

意欲がある人

どうせ一緒に働くなら、お店に愛情を持ってくれている人と働きたいものです。お店のことをよく知ってくれている人や、きちんと調べてくれていると分かる人は受かりやすい傾向があります。

面接に受かるコツは基本的なことばかりです。スシローに限らず飲食店で働くにあたって、お客さんにおもてなしの心を持って接したり、丁寧な対応ができる人材を求めるのは当たり前のことです。

なので、面接での態度や姿勢はそのままあなたの働く姿に紐づけられていると思って面接を受けるよう意識することをオススメします。

スポンサードリンク

スシロー面接に落ちた理由とは?【まとめ】

たかがバイトの面接と思っている方もいるかもしれません。しかし、お店側からすると清潔感などの見た目や礼儀をしっかりできている人を選びたいのです。その当たり前をしっかりできていれば、これが原因で面接で落とされることはほぼないでしょう。
もうひとつはどのくらいシフトに入ってくれるかです。これに関しては自分がどのくらい働きたいかの希望を伝えて構いません。

ここで嘘をついても後からどうせばれてしまうので正直に伝えましょう。

そこで落とされたら自分に合うところを探せばいいだけですし、受かれば自分の希望通り働くことができます。

私がスシローでバイトをしていた頃は、土日祝やお正月などの繁忙時期にシフトに入ると時給が上がったりしていたのでたくさん稼ぎたいと思っている方は、そういうときにたくさんシフトに入ると稼げる上に好感度アップにも繋がりますね!

店舗にもよると思いますが、私が働いていた頃は高校生から年配の方までいてみんな仲良く仕事をしていたので、個人的にスシローでのバイトは楽しい思い出ばかりです。興味のある方は是非スシローの面接に合格して働いてみてくださいね!

Follow me!