ディズニーシーのレストランの予約やキャンセルの仕方とは?キャンセル料かかる?

ディズニーシーと言えば、アトラクションやショー、ディズニーキャラクターと写真撮影ができるキャラクターグリーティングなどを、最初に思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

しかし、ディズニーシーには素敵なレストランが多く、レストランを楽しむことも、ディズニーシーの醍醐味です。

ディズニーシーのレストランですが、時間帯によっては満席で、アトラクションほどではないですが、長時間待たなければいけないこともありますよね。

全部ではないですが、一部のレストランでは「プライオリティ・シーティング(事前予約)」制度を取り入れています。

プライオリティ・シーティングの利用方法などが分からない人もいると思うので、今回はディズニーシーにあるレストランの予約やキャンセルの仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

プライオリティ・シーティングとは?

そもそも「プライオリティ・シーティング」って何だろう?と思いますよね。

プライオリティ・シーティングとは、ディズニーランドやディズニーシー、ディズニーホテルにあるレストランの事前予約制度になります。

この予約制度でレストランの予約を取ることで、長時間待たずにレストランに入ることができます。

とても便利なので、レストランでゆっくり食事をしたい人にオススメです。

プライオリティ・シーティングの予約の仕方とは?

プライオリティ・シーティングの予約の仕方には、2つあります。

前日までにオンラインで申し込む

オンラインでは、レストランを利用したい日の1ヶ月前の10時~利用したい日の前日の20時59分まで、申し込むことができます。
  

当日に申し込む

オンラインでは、9時~申し込むことができます。
当日は、レストランにて10時~申し込むことができます。
   
プライオリティ・シーティングで予約ができると、とても便利ではありますが、予約するのがとても大変です。

サイトにアクセスが集中してしまい、中々繋がらなくて、やっとアクセスできたと思ったら満席になっているなんてことが多くあります。

そうなると当日に予約をするか、キャンセル待ちとなります。

ディズニーシーのレストランのキャンセル待ちとは?

レストランのキャンセル待ちと言っても、キャンセル待ちの予約をするわけではありません。

「サイトの予約ページを見て、空席を探す」しかありません。

私は予約ができず、どうしてもレストランに行きたいときは、空き時間にひたすらサイトを見て空席を探していました。

ちょこちょこ空席があって、予約を取ることできるので、諦めないでほしいなと思います。

ディズニーシーのレストランのキャンセルの仕方とは?

レストランの予約はしたけどディズニーシーに行かなくなったり、アトラクションやショーなどの関係でレストランに行けなくなったり、様々な理由でキャンセルせざるを得ない場合がありますよね。

レストランを利用する前日までは、オンライン上でキャンセルをすることができます。

しかし、キャンセル可能期限が以下のようになっているので、気をつけてくださいね。

*ディズニーホテル内のレストラン
レストランの利用前日の20時59分までです。

*ショーレストラン
レストランの利用前日の20時59分までです。

*パーク内のレストラン
レストラン利用時間の1時間前までです。

しかし、ホテルの宿泊予約特典を利用して申し込みした場合は、利用前日の20時59分までとなっているので、注意が必要です。

ディズニーシーのレストランのキャンセル料はかかる?

基本的に、レストランのキャンセル料はかかりません。

しかし、ショーレストランでは、レストランを利用する前日の21時以降にキャンセル

すると、取り消し料として全額かかってしまいます。

レストランを利用する前日の20時59分までは、取り消し料がかからないので、ショーレストランを予約した場合は、覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

ディズニーシーのレストラン予約キャンセルについて【まとめ】

ここまで、ディズニーシーのレストランの予約の仕方やキャンセル方法など、ご紹介しました。

ディズニーシーには、魅力的なレストランが多く、どのレストランのメニューもとても美味しいです。

何度も経験していますが、オンラインでの予約は大変です。

しかし、ぜひレストランでゆっくりディズニーシーでの時間を過ごしてもらいたいと思っています。

1ヶ月前に予約できなかったからと言って諦めずに、キャンセル待ちをして空席を探してもらえたらと思います。

また、キャンセルする場合には、期限に気をつけてくださいね。

今回の情報が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!