ドトールの注文の仕方は?店内・テイクアウトそれぞれの方法を解説!

ドトールは、セルフ式を採用しているコーヒーチェーン店です。

セルフ式は、商品の購入・受け取り・席まで運ぶことをセルフサービスで行います。

ドトールのほかにも、スターバックスコーヒー、カフェドクリエ、タリーズコーヒーもセルフ式のコーヒーチェーン店です。


画像はイメージです。本文との関連性はありません。

この記事では、ドトールでの注文の仕方をご紹介します。

ドトール等のカフェで注文が初めての方や、注文することに慣れていない方は、落ち着いて注文ができるようにこの記事で予習をしていきましょう。

スポンサードリンク

ドトールの店内で飲食をする注文の仕方

1. 店に入ったら、レジへ進む
2. レジで商品を注文する
3. 注文した商品を受け取る
4. 自分の席へ運ぶ

店に入ったら、まずレジがあるカウンターへ行き、メニュー表を見ながら注文します。

注文をするときは、先に店内飲食することを伝えると、その後の注文がスムーズにすすみます。

分からないことは店員さんが教えてくれるので、セットメニューについてや、ドリンクのサイズなど気になることは聞いてみましょう。

メニューは、店外の入り口付近に置いてあったり、レジ手前のショーケースの上に置いてあることが多いです。

メニュー決めに時間が掛かる方は、焦らないように事前に決めてから注文することもできます。
公式サイトからもメニューがチェックできます。

(公式サイトメニュー表:https://www.doutor.co.jp/dcs/menu/

会計後、フードメニューなど、商品の受取りまでに時間が掛かる場合は、番号札を渡されることがあります。

その場合は、番号札を持って席に着きます。注文したメニューが出来次第、店員さんが運んできてくれます。

お水もセルフ式です。レジがあるカウンターの近くに給水機とコップがあります。

ドトールでテイクアウトするときの注文の仕方

1. 店に入ったら、レジへ進む
2. レジで商品を注文する
3. 注文した商品を受け取る

ドトールの店内で飲食をする場合とあまり変わりません。

店に入ったら、まずレジカウンターに進んで注文を済ませ、店員さんの誘導に従って注文したメニューの出来上がりを待ちます。

出来上がったメニューをカウンターから受け取って、持ち帰ることができます。

店内で飲食をする場合と同じように、レジで注文をするときにテイクアウトすることを先に伝えると、スムーズに注文ができますよ。

ドトールでテイクアウトの予約注文の仕方

店舗に直接電話注文をする

予約したい店舗に電話をして、注文したい商品と、受け取る日時を伝えます。

予約した日時に間に合うように店舗へ行き、レジカウンターで、予約内容を店員さんに伝えると、会計後、すぐに商品を受け取れます。

時間帯によっては、スタッフが電話応対できずに、電話しても繋がらないこともあります。

電話をかけ直す可能性があることも考慮して、電話で予約する際は、予約日時に余裕をもたせることをおすすめします。

予約サイト「EPARK」でネット予約する

限られた店舗になってしまいますが、ドトールのメニューをネット予約して、テイクアウトする注文の仕方があります。

予約サイトの「EPARK」に掲載されているドトールの店舗で、事前に商品をネット予約して、待ち時間なく店舗で受け取ることができるところがあります。

「ドトールコーヒーショップ 池袋グリーン大通り店」は、EPARKでテイクアウトのネット予約ができます。
(URL:https://epark.jp/shopinfo/tko341775/ )

コーヒー・紅茶・ココアなど、通常のドリンクメニューをはじめ、ジャーマンドック、焼菓子もネット予約可能です。

ネット予約できるメニューは限られていますが、ネット予約なら時間や場所を選ばないため、とても便利です。

スポンサードリンク

ドトールの注文の仕方は?【まとめ】

ドトールでの注文の仕方はセルフ式なので、商品の注文→会計→受け取り→席へ商品を運ぶ、まですべて自分で行います。

店内飲食の場合も、テイクアウトの場合も、まず店に入ったらレジのあるカウンターに行きましょう。
あとは店員さんが教えてくれるので、誘導に従えば商品の受け取りができます。

テイクアウトの予約注文も可能です。混雑した店舗に長時間滞在したくない方は、予約注文を上手に利用しましょう。

個人的には、ネット予約のサービスができる店舗をもっと増やしてほしいなと思いました。

待ち時間の短縮に繋がったり、メニューに悩んだとしても好きなだけ時間がかけられるので、とても便利になると思います。

混雑した店舗に、注文待ちで長時間滞在することを避けたい時にも、とても役立つと思います。

時間がない朝にも便利なので、もっと予約サービスが普及してほしいです。

ドトールでの注文の仕方をしっかり確認して、気持ちに余裕をもってドトールへ向かいましょう。ドトールのドリンクやフードで、素敵な時間を過ごしてください。

Follow me!